現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] SQL Server 2005 でデータベースの差分バックアップを作成しようとすると、エラー メッセージが表示される



マイクロソフトでは、Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムを 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、新しくリリースされる修正プログラムには、以前にリリースされた SQL Server 2005 の修正プログラムに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれています。
概要
この資料では、この修正プログラムのリリースに関する以下の情報について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム パッケージを適用するための必要条件
  • この修正プログラム パッケージの適用後にコンピュータを再起動する必要があるかどうか
  • この修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられるかどうか
  • この修正プログラム パッケージの適用後にレジストリを変更する必要があるかどうか
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル
現象
Microsoft SQL Server 2005 でデータベースの差分バックアップを作成しようとすると、データベースの差分バックアップが失敗し、以下のエラー メッセージが表示される場合があります。
Microsoft SQL Server Management Studio
------------------------------
サーバー'<ServerName>'のバックアップに失敗しました。(Microsoft.SqlServer.Smo)
ヘルプを表示するには、http://go.microsoft.com/fwlink?ProdName=Microsoft+SQL+Server&ProdVer=9.00.1399.00&Ev tSrc=Microsoft.SqlServer.Management.Smo.ExceptionTemplates.FailedOperationExceptionT ext&EvtID=Backup+Server&LinkId=20476 をクリック。
------------------------------
追加情報:
System.Data.SqlClient.SqlError: データベース "DataPipe" の差分バックアップを実行できません。現在のデータベース バックアップが存在しません。WITH DIFFERENTIAL オプションを削除して BACKUP DATABASE ステートメントを再実行し、データベース全体のバックアップを実行してください。 (Microsoft.SqlServer.Smo)

ヘルプを表示するには、http://go.microsoft.com/fwlink?ProdName=Microsoft+SQL+Server&ProdVer=9.00.1399.00&Li nkId=20476 をクリック。
また、SQL Server のエラー ログに次のメッセージが出力されます。
<Date><Time> Backup Error: 3041, Severity: 16, State: 1.
<Date><Time>BACKUP で、コマンド BACKUP DATABASE を完了できませんでした。詳細メッセージについては、バックアップ アプリケーション ログを確認してください。
原因
この問題は、データベース全体のバックアップ用の内部の状態フラグが、データベース全体のバックアップの作成後にリセットされない場合に発生することがあります。
解決方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Online Customer Services にオンライン リクエストを送信し、修正プログラムを入手します。オンライン リクエストを送信して修正プログラムを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトをクリックしてください。 : 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトをクリックしてください。

必要条件

この修正プログラムの必要条件はありません。

再起動に関する情報

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

レジストリ情報

レジストリを変更する必要はありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。
修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
SQL Server 2005 (32 ビット x86 版)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Logread.exe2005.90.1550.0397,08813-Jun-200623:46x86
Microsoft.sqlserver.replication.dll2005.90.1550.01,608,48013-Jun-200623:46x86
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.1550.01,559,32813-Jun-200623:46x86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.1550.0895,77613-Jun-200623:46x86
Osql.exe2005.90.1550.051,48813-Jun-200623:45x86
Replrec.dll2005.90.1550.0781,08813-Jun-200623:46x86
msmdlocal.dll9.0.1550.015,626,52813-Jun-200623:48x86
msmdredir.dll9.0.1550.03,929,88813-Jun-200623:47x86
Sqlaccess.dll2005.90.1550.0349,47213-Jun-200623:46x86
Sqldiag.exe2005.90.1550.0960,28813-Jun-200623:46x86
Sqlservr.exe2005.90.1550.028,789,08013-Jun-200623:48x86

SQL Server 2005 (64 ビット版)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Logread.exe2005.90.1550.0521,50414-Jun-200607:29x64
Microsoft.sqlserver.replication.dll2005.90.1550.01,813,79214-Jun-200607:30x64
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.1550.01,551,13614-Jun-200607:30x86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.1550.0863,00814-Jun-200607:30x86
Osql.exe2005.90.1550.083,74414-Jun-200607:28x64
Replrec.dll2005.90.1550.01,007,39214-Jun-200607:30x64
msmdlocal.dll9.0.1550.015,626,52813-Jun-200623:48x86
msmdredir.dll9.0.1550.03,929,88813-Jun-200623:47x86
Sqlaccess.dll2005.90.1550.0356,64014-Jun-200607:29x86
Sqldiag.exe2005.90.1550.01,127,71214-Jun-200607:30x64
Sqlservr.exe2005.90.1550.039,415,07214-Jun-200607:27x64

SQL Server 2005 (Itanium アーキテクチャ版)
Logread.exe2005.90.1550.01,091,36014-Jun-200605:02IA-64
Microsoft.sqlserver.replication.dll2005.90.1550.02,521,88814-Jun-200605:02IA-64
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.1550.01,551,13614-Jun-200605:02x86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.1550.0863,00814-Jun-200605:02x86
Osql.exe2005.90.1550.0123,16814-Jun-200605:00IA-64
Replrec.dll2005.90.1550.02,137,88814-Jun-200605:02IA-64
msmdlocal.dll9.0.1550.048,586,01614-Jun-200605:00IA-64
msmdredir.dll9.0.1550.06,079,26414-Jun-200605:03IA-64
Sqlaccess.dll2005.90.1550.0351,52014-Jun-200605:01x86
Sqldiag.exe2005.90.1550.01,637,15214-Jun-200605:02IA-64
Sqlservr.exe2005.90.1550.072,232,22414-Jun-200605:00IA-64
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:921106 - 最終更新日: 01/31/2008 04:15:00 - リビジョン: 2.6

Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition

  • kbqfe kbpubtypekc kbhotfixserver kbsql2005engine KB921106
フィードバック
>