Windows Server 2003 Service Pack 1 ベースのサーバー クラスターにファイル共有監視機能と構成可能なクラスター ハートビート機能を追加する更新プログラムが利用できます。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:921181
はじめに
この資料で説明する Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) に次の 2 つの新しい機能を追加するのには適用できる更新プログラム-ベースのサーバー クラスターまたは Windows Server 2003 R2 ベースのサーバー クラスターに。
  • ファイル共有監視
  • 構成可能なクラスター ハートビート
これら 2 つの機能は、同じ更新プログラム パッケージに含まれているが、これら 2 つの機能は別と、独立した個々 の。
詳細

ファイル共有監視

ファイル共有監視機能は、現在のマジョリティ ノード セット (MNS) クォーラム モデルの機能を強化します。この機能では、2 ノードの MNS クォーラム クラスターの展開でクラスターの状態を確認するのには追加「投票」として、クラスターの外部にあるファイル共有を使用することができます。

2 ノードの MNS クォーラム クラスターを検討してください。MNS クォーラム クラスターを実行できるだけのためのクラスター ノードの大多数が使用できる場合は、2 ノードの MNS クォーラム クラスターは任意のクラスター ノードの障害に耐えることがではありません。2 ノード クラスターの大部分は、2 つのためです。MNS クォーラム クラスター内の 1 つのノードの障害を維持するために使用可能と見なすことができ、少なくとも 3 つのデバイスが必要です。ファイル共有監視機能を使用すると、ミラーリング監視サーバーとして外部のファイル共有を使用できます。この補助は、2 ノードの MNS クォーラム クラスター内の 3 番目の利用可能なデバイスとして機能します。したがって、この機能を有効にすると、2 ノードの MNS クォーラム クラスターは 1 つのクラスター ノードの障害を維持できます。さらに、ファイル共有監視機能は、次の 2 つの機能を提供します。
  • スプリット ・ ブレインと呼ばれる問題に対してクラスターを保護するために役立ちます。この問題は、MNS クォーラム クラスター内の 2 つのノードが相互に通信できない場合に発生します。この状況では、各クラスター ノードは他のクラスター ノードが失敗したために通信の損失が発生したか、またはネットワークに問題があるため通信の損失が発生したかどうかを判断することではありません。ファイル共有監視は、残りのクラスター ノードにクラスター ノードのいずれかを指定できます。そのクラスター ノードのクラスターを実行し続ける必要がありますを決定できます。このシナリオでは、残りのクラスター ノードは、他のクラスター ノードが失敗したか、ファイル共有監視で認められて、他のクラスター ノードがなかったことを確認できます。
  • 時間内のパーティションと呼ばれる問題に対してクラスターを保護するために役立ちます。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
    • クラスター ノード A が実行されているが、クラスター ノード B が実行されていません。
    • クラスター ノード A では、実行を停止します。
    • クラスター ノード B は、クラスターを実行しようとします。
    このような場合は、クラスター ノード B ない可能性がありますクラスターのノード A 上のクラスター状態情報が更新されました。したがって、クラスター ノード B では、不適切な状態情報を使用してクラスターを実行する可能性があります。ファイル共有監視機能は、クラスターの状態が変更されたことを検出することによってこの問題を防止します。ファイル共有監視機能では、クラスターを実行してから、古いクラスター状態情報が含まれているクラスター ノードができないようにします。このアクションが発生した場合、次の説明情報を含むエラー イベントがシステム イベント ログに記録されます。

    マジョリティ ノード セット リソースはオンラインに失敗しました。リソースは、サーバー クラスター データベースの最新コピーがないことを検出しました。2 ノード クラスターの場合は、他のノードでクラスター サービスを開始してくださいさせてこのノードをクラスターに参加します。機能しない場合は、クラスター サービスを開始する/forcequorumのスタートアップ オプションを使用します。

クラスター サービスのスタートアップ オプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
258078 クラスター サービスのスタートアップ オプション

ファイル共有監視のプロパティ

ファイル共有監視機能は、次の新しいプライベート MNS リソース構成プロパティを追加します。
MNSFileShare
MNSFileShareプロパティを使用するにはファイル共有監視として、クラスターの外部にあるファイル共有を設定します。次の一覧には、外部のファイル共有の要件と、 MNSFileShareプロパティの要件が含まれています。
  • MNSFileShareプロパティは、クラスター ノードの数が 2 以外の場合に無視されます。MNSFileShareプロパティが設定されている場合でも、この現象が発生します。クラスター ノードの数が 2 以外の数値の場合は、MNS リソースは一般的な MNS クォーラムであるかのように動作します。したがって、以外の 2 つのクラスター ノードには、MNS クォーラム クラスターに影響を与えるファイル共有監視機能を使うことはできません。
  • MNSFileShareプロパティを変更した後、またはその他の新しいプライベート MNS リソース構成のプロパティのこの更新プログラムを提供するいずれかの方法を変更した後は、変更有効になりませんまで、次に、MNS リソースをオンラインに移動します。MNS リソースがクォーラム リソースとして設定されている場合、オフラインとオンラインの操作のことはできません。したがって、MNS リソースを他のクラスター ノードを含むグループを移動する必要があります。このアクションでは、移動先のクラスター ノードでリソースをオンラインを表示します。そして、 MNSFileShareプロパティ、または、この更新プログラムが提供するその他の 2 つのプロパティに対して行った変更が反映されます。
  • 各クラスター ノードでクラスター サービスは、クラスター サービス アカウントと呼ばれるドメイン ユーザー アカウントのコンテキストで実行されます。MNS リソースは、外部のファイル共有上のファイルを作成するため、クラスター サービス アカウントには外部のファイル共有への書き込みアクセス許可必要があります。したがって、共有のアクセス許可の変更またはこの共有にクラスター サービス アカウントにフル コントロールの共有アクセス許可を付与する必要があります。
  • MNSFileShareプロパティは、クラスターの外部にあるファイル共有の汎用名前付け規則 (UNC) パスを含む文字列値に設定しなければなりません。たとえば、このプロパティに設定する必要があります。 \\サーバー名\共有名.外部の共有を使用して、少量のデータのみを格納します。2 メガバイト (MB) との間には、共有、5 MB のハード ディスクの空き容量が十分であるとします。

    重要: 外部の共有は、クラスター構成の状態を完全には保存されません。代わりに、外部の共有は、ブレインの動作を防ぐため、時の動作で、パーティションを検出するのに十分であるデータのみを含みます。
  • 独自の外部のファイル共有を使用するには、各サーバー クラスターを構成しなければなりません。複数のサーバー クラスターの同じ外部のファイル共有の使用ができないでした。ただし、各サーバー クラスターの 1 つの共有を使用して構成されている 1 つの外部サーバーを使用することができます。
  • 地理的に離れた 2 つのノード クラスターを別のサイトにある各ノードを持つ、共同でクラスター ノードのいずれかの外部のファイル共有を検索できます。または、3 番目は別のサイトで外部共有を構成できます。
MNSFileShareCheckInterval
MNSFileShareCheckIntervalプロパティを使用して、外部のファイル共有の稼働状態を確認する間隔を設定します。既定の間隔は、4 つ分です。このプロパティの値は、秒単位で設定されており、範囲が次の表で指定されています。
Value秒数
最小値4
既定値240
最大値268435455
MNS クォーラム クラスターのミラーリング監視サーバーがチェックされているために動作する外部のファイル共有では、MNS リソースはそれに書き込めるかどうかを確認する間隔を設定します。この検証に失敗した場合、システム イベント ログに次の説明情報が含まれている警告イベントが記録されます。

マジョリティ ノード セット リソースはファイル共有のステータス チェックに失敗しました '。サーバー名\共有名.エラー コードは、'67' でした。ファイル共有が正しく構成されていると、クラスター サービス アカウントがファイル共有の書き込み権限を持っていることを確認ください。

検証操作が成功するまでに発生するすべての検証エラーの 1 つの時間にこの警告イベントが記録されます。
MNSFileShareDelay
MNSFileShareDelayプロパティでは、MNS クォーラム リソースを現在所有していないクラスター ノードの遅延時間を指定します。クラスター ノードには、相互に通信が失われる、各クラスター ノードは、ファイル共有監視の「投票」を取得しようとします。MNSFileShareDelayプロパティの値は、MNS クォーラム リソースを現在所有していないクラスター ノードを遅延する秒数を指定します。この現象は、ファイル共有監視の投票に勝つの MNS クォーラム リソースの優先順位を現在所有しているクラスター ノードを示します。このプロパティの値は、秒単位で設定されており、範囲が次の表で指定されています。
Value秒数
最小値0
既定値4
最大値60

ファイル共有監視を構成します。

ファイル共有監視を構成するには、次の手順を実行します。
  1. 外部のファイル共有、ファイル共有監視として機能するには、MNS クォーラム リソースのMNSFileShareプロパティを設定します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    クラスター cluster_name リソース mns_resource_name /priv MNSFileShare =。サーバー名\共有名
  2. MNS リソースを含むグループを移動します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    クラスター cluster_name グループ mns_resource_group_name /move
これらのプライベート MNS リソース構成のプロパティは、いずれかまたは複数の次のクラスター インターフェイスを使用してアクセスすることもできます。
  • クラスター API
  • クラスターの Windows 管理インターフェイス (WMI) プロバイダー
  • クラスター自動化サーバー
注: <b>これらのプロパティを設定するのにはクラスター アドミニストレーター ツールを使用することはできません。クラスター アドミニストレーター ツールでは、これらのプライベート MNS リソース構成のプロパティを公開しないようにするためです。

構成可能なクラスター ハートビート

構成可能なクラスター ハートビート機能を使用すると、クラスター ハートビートのパラメーターを構成できます。これにより、不要なクラスタ ・ フェイル オーバーを避けることができます。パケットがドロップされたり、遅延を引き起こす可能性のある一時的なネットワーク問題が発生したため、これらのフェイル オーバーが発生します。構成可能なクラスター ハートビート機能は、クラスター ノードが地理的に分散した環境で役立つ場合があります。

現在のクラスター ハートビート アルゴリズムは、各クラスター ノード上の各インターフェイスから 1.2 秒おきにハートビート メッセージを送信します。このメッセージは、同じクラスター ネットワーク上の各インターフェイスに送信されます。したがって、各クラスター ノード 1.2 秒おきにハートビート メッセージを送信し、1.2 秒おきにハートビート メッセージを受信すると予想されます。同じインタ フェースからの 2 つの連続してハートビートの応答がなかった場合、クラスター サービスでは、インターフェイス エラーが発生した可能性があることと予想できます。ノード上のすべてのインタ フェースから 6 つの連続してハートビートの応答がなかった場合、クラスター サービスでは、ノードに障害が発生した可能性があることと予想できます。

クラスター サービスでは、障害が発生したことと予想できる、クラスター サービスは障害が発生したかどうかを識別する、分散合意アルゴリズムを実行します。インターフェイスのエラーが発生すると、IP アドレス リソースの障害が発生します。IP アドレス リソースの障害が原因で、別のクラスター ノードにリソース グループのフェールオーバーすることがあります。ノードの障害は、クラスターのアクティブなメンバーシップから削除するノードを強制的します。したがって、影響を受けるノード上のすべてのリソース グループは別のクラスター ノードにフェールオーバーします。

構成可能なクラスター ハートビート機能は、失われたインターフェイスのハートビート期間と、失われたノードのハートビートにわたって新しいプライベート クラスター構成のプロパティとして公開します。この機能は、ハートビートのタイミングには影響しません。ハートビートは 1.2 秒ごとに送信もできます。ただし、この機能には、ハートビートの失敗に対して柔軟に対応するクラスターを構成することができます。次の理由の 1 つ以上のような障害があります。
  • ドロップされたパケット
  • 過剰なネットワークの遅延
  • ネットワーク インターフェイスの障害
  • クラスター ノードの障害
プロパティの値は、経過時間ではなく、不在のハートビートの単位で構成されます。したがって、この機能を使用すると、ノードの障害が疑われる 5 秒後にクラスターを構成できません。ただし、ノードに障害が疑われる 5 つのハートビートが失敗した後にクラスターを構成できます。

注: <b>5 つのミスト ハートビート ハートビートの期間に問題が発生するによって、約 5 または 6 秒に対応しています。

ハートビートの検証がタイムアウトするため、インターフェイスのしきい値は、ノードのしきい値からとは異なる計算されます。そのため、ハートビートの数に 1 を加算するインターフェイスのしきい値を設定する必要があります。などのインタ フェースのエラーが発生は、2 つのハートビートが失敗した後に構成するには、3 の値をインターフェイスのしきい値を設定する必要があります。

すべてのクラスター ノードは、状態プロパティの変更を受信するのに必要です。また、プロパティの変更を有効にするには、各ノードでクラスター サービスを再起動する必要があります。

注: <b>一度に 1 つのノードでクラスター サービスを再起動できます。

このプロパティの値には、次の表で指定されている範囲があります。

インタ フェース

Valueハートビートの数
最小値2
既定値3
最大値20

ノード

Valueハートビートの数
最小値2
既定値6
最大値20

クラスター ハートビートを構成します。

クラスター ハートビート機能を設定するには、以下の手順を実行します。

注: <b>次の手順は、次の 4 つのハートビート喪失にインターフェイスのハートビートの構成を変更します。これは、約 5 秒間に対応しています。さらに、次の手順では、10 個のハートビートをノードのハートビートの構成を変更します。これは、約 12 秒間に対応しています。
  1. すべてのクラスター ノードがあることを確認してください。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    クラスター cluster_name ノード
    このコマンドを実行した後各クラスター ノードの状態値であることを確認します。
  2. インタ フェース、およびノードのハートビートのミスの数を設定します。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    • クラスター cluster_name /priv HeartBeatLostInterfaceTicks = 5:DWORD
    • クラスター cluster_name /priv HeartBeatLostNodeTicks = 10:DWORD
    注: <b>コマンド ライン コマンドを使用して独自のプロパティを設定する場合は、DWORD 文字列を指定する必要があります。
  3. 停止し、各クラスター ノードでクラスター サービスを再起動します。これを行うには、各クラスター ノードで次のコマンドを実行します。
    • net stop clussvc
    • ネット スタート clussvc
いずれか 1 つまたは複数の次のクラスター インターフェイスを使用してこれらプライベート クラスター構成のプロパティをアクセスすることもできます。
  • クラスター API
  • クラスターの WMI プロバイダー
  • クラスター自動化サーバー
いずれかまたは両方のクラスター ハートビート プライベート プロパティを設定するのにはこれらのインタ フェースを使用する場合は、次のステータス コードが返されます。
ERROR_SUCCESS_RESTART_REQUIRED
注: <b>これらのプロパティを設定するのにはクラスター アドミニストレーター ツールを使用することはできません。クラスター アドミニストレーター ツールでは、プライベート クラスター構成のプロパティを公開しないようにするためです。

注: <b>903650 更新プログラムの既知の回帰があります。この問題の再発を防止するマジョリティ ノード セット (MNS) を使用して、クォーラムを作成します。たとえば、共有クォーラム リソースから MNS に変換するときにエラー 1 (無効な関数) が発生します。さらに、クラスターはクォーラムの MNS を既に使用して、903650 更新プログラムが適用された場合は、MNS リソースはオンラインにすることがありません。このようなシナリオでは、クラスター アドミニストレーターには、次のエラー メッセージが表示されます。
<MNS_Resource>をクォーラム リソースにしようとしたときにエラーが発生しました。
無効な関数エラー ID: 1 (00000001)。
クラスター ログからの Snippit: マジョリティ ノード セットの<MNS>: 展開されたパス '\\fa67fd8c-7325-4\fa67fd8c-7325-4751-bf3b-d3f3131f32b6$' [FM] FmSetQuorumResource: pszClusFileRootPath=\\fa67fd8c-7325-4\fa67fd8c-7325-4751-bf3b-d3f3131f32b6$\MSCS 000000ac.00001038::2006/10/01-03:38:13.370 エラーのエントリ [FM] FmSetQuorumResource: 1 [FM] の状態である ' MNS' リソースのメンテナンス モードの情報を取得できませんでした FmSetQuorumResource: 終了時に、ステータス = 1 [FM] FmSetQuorumResource: pszClusFileRootPath=\\fa67fd8c-7325-4\fa67fd8c-7325-4751-bf3b-d3f3131f32b6$\MSCS 000000ac.00001758::2006/10/01-03:38:59.730 エラーのエントリ [FM] FmSetQuorumResource: 'MNS' リソースのメンテナンス モードの情報を取得できません。、状態 1 [FM] FmSetQuorumResource: 終了時に、ステータス = 1</MNS></MNS_Resource>

Service Pack 情報

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 では、これらの機能が含まれます。 Windows Server 2003 の最新の service pack の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
889100 Windows Server 2003 用の最新 service pack の入手方法

更新プログラムの情報

以下のファイルは、microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Windows Server 2003 用の更新プログラム

ダウンロード921181 パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Server 2003 の x64 Edition 用の更新プログラム

ダウンロード921181 パッケージを今すぐダウンロードします。

Itanium ベース システムの Windows Server 2003 用の更新プログラム

ダウンロード921181 パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2006 年 7 月 5 日

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

必要があります実行されているこの更新プログラムを適用するのには次のオペレーティング システムのいずれか。
  • Windows Server 2003 SP1
  • Windows Server 2003 R2

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
32 ビット x86 Windows Server 2003 のエディション
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Clcfgsrv.inf5.2.3790.273616,3802006 年 6 月 29 日11:17x86SP1SP1QFE
Clusnet.sys5.2.3790.273677,8242006 年 6 月 29 日11:17x86SP1SP1QFE
Clusres.dll5.2.3790.2736481,2802006 年 6 月 29 日14:12x86SP1SP1QFE
Clussvc.exe5.2.3790.2736841,2162006 年 6 月 29 日11:17x86SP1SP1QFE
Resrcmon.exe5.2.3790.273668,0962006 年 6 月 29 日11:17x86SP1SP1QFE
W03a2409.dll5.2.3790.273626,6242006 年 6 月 29 日11:02x86SP1SP1QFE
Windows Server 2003 では、64 ビット x64 エディション
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Clcfgsrv.inf5.2.3790.273616,3802006 年 6 月 29 日14:48x64SP1SP1QFE
Clusnet.sys5.2.3790.2736128,5122006 年 6 月 29 日14:48x64SP1SP1QFE
Clusres.dll5.2.3790.2736655,3602006 年 6 月 29 日14:48x64SP1SP1QFE
Clussvc.exe5.2.3790.27361,235,9682006 年 6 月 29 日14:48x64SP1SP1QFE
Resrcmon.exe5.2.3790.273697,2802006 年 6 月 29 日14:48x64SP1SP1QFE
W03a2409.dll5.2.3790.273627,1362006 年 6 月 29 日14:48x64SP1SP1QFE
Wresrcmon.exe5.2.3790.273668,0962006 年 6 月 29 日14:48x86SP1WOW
Ww03a2409.dll5.2.3790.273626,6242006 年 6 月 29 日14:48x86SP1WOW
Windows Server 2003 ia-64 エディションの 64 ビット
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Clcfgsrv.inf5.2.3790.273616,3802006 年 6 月 29 日14:48IA-64SP1SP1QFE
Clusnet.sys5.2.3790.2736260,0962006 年 6 月 29 日14:48IA-64SP1SP1QFE
Clusres.dll5.2.3790.27361,170,9442006 年 6 月 29 日14:48IA-64SP1SP1QFE
Clussvc.exe5.2.3790.27362,075,6482006 年 6 月 29 日14:48IA-64SP1SP1QFE
Resrcmon.exe5.2.3790.2736184,3202006 年 6 月 29 日14:48IA-64SP1SP1QFE
W03a2409.dll5.2.3790.273625,6002006 年 6 月 29 日14:48IA-64SP1SP1QFE
Wresrcmon.exe5.2.3790.273668,0962006 年 6 月 29 日14:48x86SP1WOW
Ww03a2409.dll5.2.3790.273626,6242006 年 6 月 29 日14:48x86SP1WOW
状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 で最初に修正されました。
詳細
詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
MSCS のファイル共有

警告: この記事は自動翻訳されています

Properti

ID Artikel: 921181 - Tinjauan Terakhir: 06/11/2016 19:18:00 - Revisi: 9.0

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition

  • kbwinserv2003sp2fix atdownload kbwinserv2003presp2fix kbbug kbfix kbqfe kbmt KB921181 KbMtja
Tanggapan