Microsoft Dynamics GP のプロジェクトの会計で購入の機能の変更の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:921630
はじめに
Microsoft Dynamics GP のプロジェクトの会計で購入の機能の変更について説明します。Microsoft Dynamics GP 9.0 は、プロジェクト会計で購入の機能が Microsoft Dynamics GP で購買注文の処理でマージされました。
詳細
プロジェクト会計で購入の機能の変更点を以下に示します。
  • プロジェクト会計のレポートを購入、アップグレードできません。これは、購買注文のフォーマットをアップグレードできないことを意味します。
  • プロジェクト会計とする購買レポートを変更した場合、変更は存在しません。これは、テーブルの structurehas が完全に変更されたために発生します。
  • サイト ID ] フィールドで必要なフィールドではない以前のバージョンのプロジェクトの会計をしました。ただし、Microsoft Dynamics の GP9.0 からサイト ID ] フィールドは、ProjectAccounting で必要なフィールドです。Microsoft Dynamics の GP9.0 にアップグレードする前に入力された任意の次の使用にサイト ID ] フィールドを追加する必要があります。

    注:
    • 新規発注書のステータス] フィールドに値が表示された場合は、購買注文の入力ウィンドウで開き、発注書とサイト ID を入力し、
    • 発注書のステータスフィールドの値が新規でない場合は、SQL クエリ アナライザーを使用してテーブル内のサイトの ID を更新する必要があります。
    表のサイト ID を更新する方法の詳細については、テクニカル サポートに問い合わせてください。 Microsoft Dynamics GP のテクニカル サポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • Thatusers を付与する必要がある新しいセキュリティ設定が存在は、原価カテゴリの ID 入力ウィンドウで、プロジェクト番号のフィールドを確認できます。セキュリティの設定、他のレポートに与えられている場合は、プロジェクト数と原価カテゴリの ID は thepurchasing レポートに自動的に印刷されます。
Alternatewindows または他のレポートには、セキュリティのアクセス許可を割り当てるするには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Microsoft Dynamics GP 10.0 のセキュリティ ツールを使用します。

  1. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、システム] をポイントおよび代替/変更フォームとレポート] をクリックします。
  2. [ ID ] ボックスで、別のフォームまたは別のレポートの ID をクリックします。
    注: <b> 既定の ID は、「デフォルト」にします。
  3. 製品の一覧で、プロジェクトの経理をクリックします。
  4. 種類] ボックスの一覧で [ Windowsを] をクリックします。
  5. 購買] フォルダーを展開します。
  6. 各フォルダーを展開します。
  7. フォルダーごとに、プロジェクトの経理をクリックします。
  8. 種類] ボックスの一覧で [レポート] をクリックします。
  9. 購買] フォルダーを展開します。
  10. 各フォルダーを展開します。
  11. フォルダーごとに、プロジェクトの経理をクリックします。
  12. [保存] をクリックします。
  13. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、システムをポイントおよびユーザーのセキュリティ] をクリックします。
  14. [ユーザー ] ボックスで、[ユーザ ID] をクリックします
  15. [会社] フィールドで、会社を選択します。
  16. /更新日時の代替のフォームおよびレポートの IDフィールドに、手順 2 で選択した ID を追加します。これには、別のウィンドウまたは別のレポートには、ユーザー ID のアクセスが与えられます。
  17. [保存] をクリックします。

方法 2: Microsoft Dynamics GP 9.0 での高度なセキュリティ ツールを使用します。

  1. [ツール] メニューで、システム] をポイントし、セキュリティの詳細設定] をクリックします。ダイアログ ボックスが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
  2. ビュー ] ボックスをクリックし、代替、更新日時、およびユーザー設定を保存] をクリックします。
  3. 次のノードを展開し、それぞれのウィンドウまたはレポートのプロジェクト番号を調べるし、原価カテゴリの ID フィールドを表示を展開し、します。
    • プロジェクト会計
    • フォームまたはレポート

      注: <b> これらのフィールドをフォームに表示する場合は、特定のフォームを選択するのには [フォーム] ノードを展開します。これらのフィールドをレポートに表示する場合は、特定のレポートを選択するのには [レポート] ノードを展開します。
    • 購入
  4. プロジェクト会計] をクリックします。
  5. [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  6. 製品の一覧で、プロジェクトの経理をクリックします。

方法 3: 標準的なセキュリティ ツールを使用して、Microsoft Dynamics GP 9.0 で

  1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム、] をポイントし、[セキュリティ] をクリックします。ダイアログ ボックスが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
  2. セキュリティのセットアップ] ウィンドウで、次の設定を指定します。
    • ユーザー ID: ユーザー Id
    • 会社[得意先名]
    • 製品:プロジェクトの会計
    • タイプ:代替の Dynamics GP windows
    • シリーズ:購入
  3. [すべて登録] をクリックします。
  4. [タイプ] フィールドで、代替の Dynamics GP レポート] をクリックします。
  5. [すべて登録] をクリックします。
  6. セキュリティのセットアップ] ウィンドウを閉じます[ok]をクリックします。

注:

  • 関連プロジェクトではない次の使用をユーザーが入力できるように、新しい空のプロジェクトつながりますカテゴリを許可するユーザーのセキュリティ設定を有効にする必要があります。このセキュリティ設定は、以前のバージョンで [なし] プロジェクト オプションを置換します。Thissecurity の設定を有効にするには、次の手順に従います。
    1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、プロジェクト] をポイントし、[ユーザー] をクリックします。
    2. ユーザー プロジェクト会計の設定] ウィンドウで [ユーザー ID ] ボックスで、ユーザー ID を入力し、[発注書] をクリックします。
    3. ユーザーの発注書の設定] ウィンドウでは、空のプロジェクトを許可して原価カテゴリのチェック ボックスをオンにするにをクリックします。
  • プロジェクト会計を購入するためのセットアップ] ウィンドウは、主要な購買注文の処理の設定] ウィンドウで nowincluded です。相互交信にアクセスするには、次の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、購買、] をポイントし、購買注文の処理] をクリックします。
    2. 購買注文の処理の設定] ウィンドウでは、PA 購入注文処理のセットアップ オプション」ウィンドウを開くには、プロジェクトをクリックします。
  • プロジェクト会計、ットの発注書のステータスのフィールド内のアップグレードされた発注書に設定されて、購入注文の入力] ボックスからもが新規にことはできません。発注書を印刷するには、するは最初に購入注文のステータスを編集」ウィンドウでは、リリース済み発注書のステータス] フィールドに値を変更します。
  • 購入項目の詳細ウィンドウで、請求メモを入力できます。Microsoft Dynamics GP 内のプロジェクトからの情報が含まれる発注書のこれを行うことができます。発注書の入力」ウィンドウからアイテムの購入の詳細 Entrywindow を開く、項目フィールド、し、[コストの猫の展開矢印、 ItemDetailの展開矢印をクリックします。IDフィールドです。
  • 請求先を入力することはできませんそのありませんがプロジェクトと原価カテゴリにあるノートに発注します。
  • Microsoft Dynamics GP 9.0or 内の発注書にマイナスのプロジェクトとアップグレードされた発注書の請求メモが印刷されません 10.0 です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:921630 - 最終更新日: 04/06/2016 06:37:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Project Accounting, Purchase Order Processing

  • kbnosurvey kbexpertiseadvanced kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB921630 KbMtja
フィードバック