現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

デュアルブート構成で、Windows Vista がインストールされているパーティションを後でフォーマットまたは削除すると、Windows XP が起動しない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
以下の条件に該当する場合、Microsoft Windows XP が起動しません。
  • Windows XP と Windows Vista がデュアルブート構成でインストールされている。
  • Windows Vista がアクティブ パーティションにインストールされている。
  • Windows Vista がインストールされているパーティションを、後でフォーマットまたは削除する。
原因
この問題は、アクティブ パーティションをフォーマットまたは削除したときにスタートアップ情報が削除されることが原因で発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Windows XP の CD から Windows XP インストール プログラムを実行して、スタートアップ情報を復元します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Windows XP の CD をコンピュータの CD ドライブに挿入し、コンピュータを再起動します。
  2. "Press any key to boot from CD" メッセージが画面に表示されたら、任意のキーを押してコンピュータを Windows XP の CD から起動します。

    : CD ドライブから起動するように、コンピュータが構成されている必要があります。CD ドライブから起動するようにコンピュータを構成する方法の詳細については、コンピュータのマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元にお問い合わせください。
  3. 次のメッセージが [セットアップの開始] 画面に表示されます。

    セットアップ プログラムのこの部分では、Microsoft(R) Windows(R) XP のインストールと設定を準備します。
    Windows XP のセットアップを開始するには、Enter キーを押してください。
    インストール済みの Windows XP を回復コンソールを使って修復するには、R キーを押してください。
    Windows XP をインストールしないでセットアップを終了するには、F3 キーを押してください。

    Enter キーを押して、Windows XP のセットアップを開始します。
  4. [Windows XP ライセンス契約] 画面で、F8 キーを押して契約に同意します。
  5. 修復する Windows XP のインストールを選択し、R キーを押します。
  6. 指示に従って Windows XP を修復します。Windows XP の修復後、再度 Windows XP のライセンス認証を行うことが必要な場合があります。
関連情報
同様の問題の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
919529 以前のバージョンの Windows オペレーティング システムをデュアルブート構成でインストールした後、Windows Vista が起動しなくなる
プロパティ

文書番号:922809 - 最終更新日: 06/22/2007 02:15:47 - リビジョン: 2.0

  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • kbtshoot kbprb KB922809
フィードバック