現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS07-005] ステップ バイ ステップの対話型トレーニングの脆弱性により、リモートでコードが実行される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS07-005 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

: ホーム ユーザーの場合、無料サポートが提供されています。米国およびカナダのユーザーは電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域については、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、世界のサポート Web サイトを参照してください。 北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスして、無制限の無料電子メール サポートまたは無制限の個別チャット サポートを受けることもできます。 企業ユーザーの場合、セキュリティ更新プログラムに対するサポートは、通常のサポート窓口を通じて提供されます。
詳細

このセキュリティ更新プログラムでの既知の問題

Windows Update にアクセスすると、ステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションが繰り返し提供され、インストールは毎回、失敗します。

: この現象は、Lrun32.exe を含むステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションをインストールして、セキュリティ更新プログラム 923723 を適用した場合に発生します。

次のような状況を考えます。
  1. ステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションをアンインストールします。

    : Lrun32.exe ファイルは、セキュリティ更新プログラム 923723 によって変更されています。この操作では、更新されているファイルはコンピュータ上に残ります。
  2. [プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスで、更新プログラムを表示することができます。
  3. ステップ バイ ステップの対話型トレーニングのセキュリティ更新プログラムをアンインストールします。

    : ユーザーは、どのセキュリティ更新プログラムがステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションと関連付けられているかを知っている必要があります。この操作では、更新されていた Lrun32.exe が元のバージョンに戻されます。
  4. この後、ユーザーが Windows Update にアクセスすると、ステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションが再び提供されます。ただし、コンピュータ上に存在する Lrun32.exe ファイルのバージョンが、ステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションによって部分的にインストールされたバージョンになっているため、インストールは失敗します。
この場合、Windows Update にアクセスするたびに、ステップ バイ ステップの対話型トレーニング アプリケーションが再提供されます。

解決策 :

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

手順 1. : ステップ バイ ステップの対話型トレーニングを削除する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
  2. Windows の検索機能を使用して、以下のファイルを見つけて削除します。
    • Lrun32.exe
    • Mrun32.exe
    • Orun32.exe
    : これらの 3 つのファイルは、合計 3 つのステップ バイ ステップの対話型トレーニングのプログラム ファイルです。必ずしもこれらすべてのファイルがコンピュータにインストールされているとは限りません。
  3. ファイルの削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] または [確認] をクリックします。

手順 2. : ステップ バイ ステップの対話型トレーニングのレジストリ サブキーを削除する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、次のコマンドをコピーして貼り付けるか入力し、Enter キーを押します。
    regedt32
    : レジストリを編集する前に、レジストリのバックアップを作成する必要があります。バックアップを作成するには、以下の手順を実行します。
    1. レジストリ エディタで、[マイ コンピュータ] をクリックし、[ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
    2. レジストリのバックアップ ファイルを保存する場所を指定します。
    3. レジストリのバックアップ ファイルの名前を入力し、[保存] をクリックします。これで、レジストリのバックアップを作成できます。
  3. レジストリ エディタで、以下のレジストリ サブキーを削除します。

    \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Press Interactive Training

    \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Interactive Training

    \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Interactive Training

    \HKEY_CLASSES_ROOT\.cbl
    (これは、Microsoft Press Interactive Training 用です。)
    \HKEY_CLASSES_ROOT\.cbo
    (これは、Microsoft Interactive Training 用です。)
    \HKEY_CLASSES_ROOT\.cbm
    (これは、Interactive Training 用です。)
  4. 見つかったサブキーごとに、そのサブキーを右クリックし、Del キーを押します。
  5. [キーの削除の確認] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。
  6. レジストリ エディタを終了します。
プロパティ

文書番号:923723 - 最終更新日: 08/14/2008 22:56:47 - リビジョン: 3.3

MSPRESS MS Press Step-By-Step Interactive series, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2, Microsoft Windows XP Service Pack 2, Microsoft Windows XP Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Service Pack 4

  • kbresolve kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix kbwin2000presp5fix kbpubtypekc KB923723
フィードバック
>ntsByTagName("head")[0].appendChild(m);