Windows SharePoint Services 3.0 の SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードのコマンドラインを実行しようとするとエラー メッセージ:「このサーバー検索アプリケーションのインデクサーではない」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:923896
現象
Microsoft Windows SharePoint Services の 3.0 で SharePoint 製品とテクノロジの構成ウィザード (Psconfig.exe) をコマンド ・ ラインから実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
SharePoint services の登録に失敗しました

このサーバーは、この検索アプリケーションのインデクサーではありません。
原因
この問題は Windows SharePoint Services 3.0 データベース Microsoft SQL Server を実行している別のコンピューターにホストされている場合に発生します。このような状況では、Windows SharePoint Services 検索のログオン アカウントにアクセスするか、SQL Server を実行しているコンピューター上の Windows SharePoint Services データベースを照会するには、正しいアクセス許可があります。
回避策
この問題を回避するには、Windows SharePoint Services の Search サービスを停止します。次に、SQL Server を実行しているコンピューターへのアクセスは、アクセス許可を持つドメイン アカウントを追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows SharePoint Services 3.0 を実行しているコンピューターにログオンする管理者権限を持つアカウントを使用します。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  3. コマンド プロンプトで、移動に %programfiles%%\common files\microsoft shared\web server extensions\12\bin フォルダー。
  4. コマンド プロンプトで、次を入力し、ENTER キーを押します。
    stsadm-o spsearch-アクションの位置
    このコマンドは停止し、Windows SharePoint Services の検索サービスが無効になります。
  5. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し サービス.
  6. サービス MMC スナップインで、右クリックします。 Windows SharePoint Services 検索、し プロパティ.
  7. で、 Windows SharePoint Services 検索のプロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 ログオンします。 タブします。
  8. クリックしてください。 このアカウントは、適切なアクセス許可を持つドメイン アカウントの名前を入力、パスワードを入力および、にもう一度パスワードを入力、 パスワードの確認入力します。 ボックス。
  9. クリックして、 全般 タブで、一覧の横にクリックしてください [スタートアップの種類、し 自動.クリックしてください。 適用をクリックして 開始、し [OK].
WSSv3

プロパティ

文書番号:923896 - 最終更新日: 08/08/2011 14:52:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB923896 KbMtja
フィードバック