Microsoft Dynamics GP で平均原価の計算に加えられた拡張機能

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:923960
概要
この資料では、Microsoft Dynamics GP にアップグレードするときに発生するさまざまなプロセスについて説明します。調整トランザクションが生成する総勘定元帳でのコスト調整が行われるシナリオについても説明します。
はじめに
この資料では、平均コストは、Microsoft Dynamics GP で平均原価の計算に加えられた新しい拡張機能がいくつかの計算について説明します。
詳細
現在の項目の評価のコストの平均を使用して、バッチ、またはこれらの項目を使用しているドキュメントを必須する場合ことをお勧めする場合転記これらすべてのバッチとする前にドキュメントにアップグレードする Microsoft Dynamics GP。このアクションは、ユーザーが遡ったトランザクションを転記することを防止できます。

たとえば、次のシナリオを検討してください。平均の永続的な品目 XYZ の最後のレシートには、2006 年 6 月 1 日の文書の日付があります。Microsoft Dynamics GP は、2006 年 6 月 15 日に、バージョン 9.0 に更新されました。アイテムを 2006 年 6 月 1 日前にある文書の日付を持つ XYZ が含まれるドキュメントを投稿しようとする場合は、投稿が失敗します。2006 年 6 月 1 日またはそれ以降の日付には、文書の日付を変更する必要があります。


Microsoft Dynamics GP へのアップグレード

アップグレードするときに発生するプロセス

アップグレード処理中に、Microsoft Dynamics GP は、IV10200 テーブルに次のフィールドの値を設定します。
  • 評価方法(VCTNMTHD)
  • 手持ち在庫数量(QTYONHND)
  • コストの調整(ADJUNITCOST)
Microsoft Dynamics GP にアップグレードする前に入力された購入の領収書には、総勘定元帳トランザクションを自動的に生成するか、平均コストを再計算する必要なデータはありません。したがって、アップグレードするときに、次のプロセスが発生します。
  • 永遠の FIFO または LIFO の永続的な評価方法は、項目ごとには、Microsoft Dynamics GP は、最新 unsold レシート IV10200 テーブルにあるを識別します。Microsoft Dynamics GP では、IV10200 テーブルに次の値を設定します。
    • 評価方法: 永続的な FIFO の1または LIFO の永続的な2
    • 数量の在庫: アイテムのすべてのサイト間で全体の手持数量
    • コストの調整: 最新の unsold 入庫品目の単位原価
    注: <b> この過程では、数量の種類] フィールドは、[場所コード] フィールドの値は無視されます。
  • 定期的な評価方法を項目ごとには、Microsoft Dynamics GP は、IV10200 テーブル内の最新の unsold 受領書を識別します。Microsoft Dynamics GP では、IV10200 テーブルに次の値を設定します。
    • 評価方法: FIFO の定期的な評価方法、または LIFO の定期的な評価方法については、 54
    • 数量の在庫: アイテムのすべてのサイト間で全体の手持数量
    • コストの調整: 項目の保守ウィンドウ内の現在のコストフィールドに含まれる値
    注: <b> この過程では、数量の種類] フィールドは、[場所コード] フィールドの値は無視されます。
  • 平均製品版の評価方法を項目ごとには、Microsoft Dynamics GP は、最新 unsold レシート IV10200 テーブルにあるを識別します。Microsoft Dynamics GP では、IV10200 テーブルに次の値を設定します。
    • 評価方法: 3
    • 数量の在庫: アイテムのすべてのサイト間で全体の手持数量
    • コストの調整: 項目の保守ウィンドウ内の現在のコストフィールドに含まれる値
    注: <b> この過程では、数量の種類] フィールドは、[場所コード] フィールドの値は無視されます。
  • このセクションで以前記載されている操作によって更新されていないすべての購買入庫の Microsoft Dynamics GP は評価方法] フィールドを 0 に設定します。値が 0 では、バージョン 9.0 より以前のバージョンの Microsoft Dynamics GP で入庫が転記されたことを示します。
  • このセクションで以前記載されている方法のいずれかを使用して文字が印字されている任意のレコードを検討してください。販売のフィールドで、0 より大きい値を持つこれらのレコードのいずれかの場合、変換により、その IV10201 の表にも販売数の詳細レコードが作成されます。このレコードは、受信確認の販売数フィールドと同じ値を示しています。

特定の評価方法、在庫品目に対する影響

在庫品目平均永久、LIFO 永続的なまたは永続的な FIFO の評価方法を使用しているお客様に、次の情報が適用されます。
  • Microsoft Dynamics GP を使用総勘定元帳でアイテムが販売された、または在庫から消費された場合、およびコストは、変更された場合の調整が自動的に生成します。バージョン 9.0 より以前の以前のバージョンでは、Microsoft Dynamics GP は、在庫勘定と原価の商品販売 (COGS) アカウントに、調整を手動で入力するように指示したレポートを生成します。販売するか、アイテムを使用するトランザクションで使用されるアカウントを修正するのには、この動作は設計されています。Microsoft Dynamics GP では、これらの調整は自動的には生成されるようになりました。

    Microsoft Dynamics GP では、IV10201 テーブルで追加販売トランザクションの詳細を保存します。この追加データには、調整トランザクションを生成する Microsoft Dynamics GP ことができます。Microsoft Dynamics GP では、Microsoft Dynamics GP にアップグレードした後に転記されるこれらの数量の販売トランザクションの調整のトランザクションの転記仕訳帳の [全般] レポートを生成します。コスト差異仕訳帳では、販売数フィールドの値の詳細情報がないアイテムのメッセージが表示されます。このメッセージは、総勘定元帳でのトランザクションの原価の調整を行うことをお勧めします。
  • 元のコストし、新しく決定された転記済トランザクションの間の差異の調整金額が行われます。
次のアクションが発生すると、平均永久、LIFO の永続的、または FIFO の永続的なアイテムの総勘定元帳の調整トランザクションを生成するのには、Microsoft Dynamics GP。
  • 在庫調整コストのウィンドウを使用して、購買入庫の単価を変更できます。Microsoft Dynamics GP では、トランザクションの調整の必要な量を判断するのにはコストの差を計算します。
  • 出荷費用の請求書のコストとは異なる購買請求書を転記するときに在庫を再評価する際にユーザーを選択します。
  • 購買注文明細行品目は、発注書の次の条件に当てはまる場合、終了ステータスに変更されます。
    • 出荷数量] フィールドの値は、請求数量フィールドの値を超えています。
    • フィールドの金額を請求数量がゼロではありません。
  • 購買注文を返すトランザクションが転記されます。
  • 購買入庫は、転記日付は、既存の日付が確認メッセージを購入する前にすると、既存の購買入庫のスタックに挿入されます。
次のシナリオには、生成するコストの調整が発生します。
  • 次の値を持つ購買注文の出荷トランザクションを転記するには。
    • 出荷数量: 100
    • 単価: $1.00
  • 次の値が含まれる売上請求書を転記するには。
    • 出荷数量: 10
    • 単価: $1.00
    • 請求数量: 10 ドル
  • 2 ドルの原価を使用して転記された出荷の購買注文の請求書のトランザクションが表示されます。在庫を再評価するには、次の方法のいずれかを使用します。
    • 100 ドルの再評価の在庫勘定が借方記入します。
    • 100 ドル、未収購買勘定が借方に記入し、200 ドルの買掛金勘定のアカウントを信用します。
    • 元の受領書が転記された後に削除された 10 ドルの在庫勘定の貸方記入します。この請求書のバランスをとる、$10 の COGS 勘定を借方に記入する必要があります。

総勘定元帳の転記について

総勘定元帳が自動的に生成されるトランザクションの転記

次の条件は、総勘定元帳転記が自動的に生成されるトランザクションの場合は true です。
  • Microsoft Dynamics GP では、トランザクションの発生元のデータ系列の入力は、転記の設定を使用します。プログラムは、一般的なエントリの元エントリの種類を使用します。
  • 財務系列フィールドを設定し、 [レポート] フィールドは、転記仕訳帳の [全般]に設定されて、転記の設定] ウィンドウを使用して転記レポート出力先が選択されます。
  • トランザクション レベル転記を使用してドキュメントを転記すると、Microsoft Dynamics GP は、既存の規則に従います。プログラムは、総勘定元帳ではなく総勘定元帳に転記されます。
  • Microsoft Dynamics GP は、要約すると常にポストします。
  • Microsoft Dynamics GP では、トランザクション総勘定元帳が正常に作成された後、これらのトランザクションは、次の属性を持つ総勘定元帳のバッチに追加されます。
    • バッチ ID: システムによって生成されます。
    • 原点:一般的なエントリ
    • コメント:原価調整
    • 頻度: 1 つの使用
    • Microsoft Dynamics GP では、"post"と「を投稿する」トランザクションの発生元の系列のオプションです。
    • モジュールからバッチを転記すると、Microsoft Dynamics GP は、そのバッチを生成する総勘定元帳の調整の原因となるのすべてのドキュメントの 1 つの仕訳帳エントリを作成します。これらのモジュールには、受注処理や在庫などがあります。概要で投稿しているいくつかのアカウントがある可能性があります。

      注: <b> 転記の設定] ウィンドウで選択したオプションによっては、Microsoft Dynamics GP は、この項目に記載されている属性を持つエントリの一般的なバッチの異なる処理を実行します。選択した場合、新規作成 オプション、プログラムを作成、新しいバッチ総勘定元帳のエントリがまだ存在する場合。追加オプションを選択した場合、プログラムは、既存のバッチにトランザクションを追加します。在庫調整コストの] ウィンドウから、トランザクションが発生すると、1 つの例外が発生します。この例では、Microsoft Dynamics GP では、常に新しいバッチを作成します。
    • Microsoft Dynamics GP で"post"は、どのようにと、「を投稿する」オプションの変更の原価トランザクションの次の例を検討してください。
      • 販売注文の処理では、遡った応答ドキュメントは、コストの変更履歴を作成します。このコストの変更ジャーナルのエントリは、[投稿先] と販売系列の営業トランザクションの入力元の「を投稿する」オプションに優先します。
      • 購買注文の処理では、遡った出荷領収書は、コストの変更履歴を作成します。[投稿先] と購買の系列の Receivings トランザクションの入力元の「を投稿する」オプションは、このコストの変更ジャーナルのエントリが優先します。
      • インベントリには、遡った増加調整は、コストの変更の履歴項目を作成します。このコストの変更ジャーナルのエントリは、[投稿先] と在庫の一連のトランザクションの入力元の「を投稿する」オプションに優先します。
  • 項目の次の値を考慮してください。
    • 購入価格差異勘定
    • 在庫勘定
    • 在庫の相手勘定
    • 在庫差異勘定
    Microsoft Dynamics GP では、これらの値を取得する必要があります、次のプロセスが発生します。
    • Microsoft Dynamics GP は、最初にアイテムのアカウントの管理] ウィンドウから、アカウントを取得しようとします。
    • 項目のアカウントの管理] ウィンドウで、アカウントが空白の場合、Microsoft Dynamics GP は、転記のアカウントのセットアップ] ウィンドウから、アカウントを取得しようとします。このウィンドウで、表示フィールドは、在庫に設定されています。
    • Microsoft Dynamics GP では、前述の手順を実行中に必要なアカウントを取得できません、アカウントは空白になります。
  • サイトの切り替えは、Microsoft Dynamics GP アイテム用のアカウントを取得するときに適用されます。
  • 総勘定元帳トランザクションが総勘定元帳のバッチを保存し、そのアカウントは次の条件に該当する場合は空白。
    • Microsoft Dynamics GP は、詳細、販売トランザクションからのアカウントを使用して、総勘定元帳トランザクションを作成しようとします。
    • これらのアカウントの 1 つ以上が無効になるか、存在しません。
  • 空白の転記勘定には、少なくとも 1 つのトランザクションの場合は、Microsoft Dynamics GP は post しないバッチ場合でも、在庫の一連の転記の設定] ウィンドウで、総勘定元帳に転記] チェック ボックスが選択されています。できるように、バッチを転記する勘定番号を入力してください。
  • 転記すると、Microsoft Dynamics GP はアクティブなことを確認して転記勘定をチェックします。アカウントがアクティブでない場合は、Microsoft Dynamics GP 在庫モジュールへのポストし、そのトランザクションの総勘定元帳のバッチが作成されます。

平均永続的な評価方法を使用しているアイテム

平均永続的な評価方法を使用しているアイテムの次の条件に当てはまります。
  • (平均) の現在のコストはこれらのアクションを追加した後自動的に再計算します。
    • ユーザーは、ユーザーが出荷コストからの請求書のコストが異なる場合は、購買注文の請求書を転記するときに在庫を再評価する際に選択します。
    • ユーザーは、購買入庫のレコードのコストを編集するのには、在庫コストの調整] ウィンドウを使用します。
    • 請求数量] フィールドの値よりも大きい場合は、品目の出荷数量フィールドの値、および請求数量フィールドの値が 0 ではない場合、ユーザーは、購買注文明細行の品目の状態を終了に変更します。
    • ユーザーは、購買注文を返すトランザクションを転記します。
    • ユーザーは、既存の購買入庫のスタックに、購買入庫を挿入します。
  • (現在) の平均コストの項目と平均、永久、LIFO 永続的なまたは FIFO の永続的なアイテムの販売数の値に調整の再計算は、Microsoft Dynamics GP にアップグレードした後に転記された購買入庫を調整する場合にのみ発生します。Microsoft Dynamics GP では、Microsoft Dynamics GP にアップグレードする前に、必要なデータは保存されません、ためは、平均原価を再計算または以前の購買入庫の調整済のトランザクションを転記できません。
  • Microsoft Dynamics GP では、平均原価は品目の既存の購買入庫の単位原価が更新された場合、次の操作が実行されます。
    • Microsoft Dynamics GP 受領書の更新されたレコードの新しい調整されたコストを再計算によって、次の数式を使用します。
      {(X 前の受取人の手で前のレシートの数量には、単位原価が調整されます) + [(受入数量: 数量が返されます) 受入単価 x]} ÷ [手持数量を前のレシートの + (受取人の手の数量数量が返されます)]
      注:
      • 前のレシートの数量の在庫の値が負の場合は、Microsoft Dynamics GP は、数式でその値の 0 を使用します。
      • 受領書の数量の在庫値は日付特有でありは、すべてのサイトの合計金額です。、購入確認の受領書の数量の在庫値では、その受領書が転記された後に合計手持在庫数量が反映されます。受領書の数量の在庫の値には、その受領書の数量が含まれています。
      • 数量が返される値は、PO を返すトランザクションを転記すると、数量が受信した値から減算は、Microsoft Dynamics GP は数量が受信した値を小さくするのではなく、購買入庫の販売数の値を増加します。したがって、真の数量が受信した値を取得するには、Microsoft Dynamics GP 必要があります PO を返すトランザクションの新しい販売の詳細テーブルを調べるし、数量が受信した値の数量が返される値を減算します。
    • 購買入庫調整済の購買入庫より後の日付がある場合は、Microsoft Dynamics GP には、次の受信確認レコードの新しい調整されたコストを計算する、次の購買入庫の現在の (平均) のコストが再計算されます。各以降の購買入庫のこのプロセスが続行されます。このプロセスは、ユーザーの日付の時点でコストを調整したスタックを継続します。この新しい値は、現在のコストになります。各以降の購買入庫のプロセスが引き続き発生すると、Microsoft Dynamics GP は、各購買入庫の調整後のコストを更新します。さらに、Microsoft Dynamics GP では、各販売トランザクションが、調整された購買入庫よりも後の日付と次の確認メッセージよりも前の調整後のコスト値を更新します。このアクションは、入荷日に基づいています。このアクションは、前の購買入庫の調整後のコストにも使用します。

      注: <b> 購買入庫が記録されると、Microsoft Dynamics GP では、次の式の合計値に等しい値を使用しての購買入庫の在庫の在庫数量の値が設定されます。
      (在庫の在庫の数量が以前の受信確認の) (数量の受信前のレシートの) – (受領書を購入した後に発生したトランザクションの数量を販売した記録が、日付に基づいて、次の購買入庫する前に) +
      次の使用例では、次の条件を満たしていることを前提としています。
      • 開始の手持数量は 0 をします。
      • ないトランザクションの購買注文を返す
      トランザクション タイプ在庫数量 受信した数量販売数量単位原価調整後のコスト
      受領書 1100100$ 1.00$ 1.00
      入荷 21251001.50 ドル1.25 ドル
      販売 #1501.25 ドル1.25 ドル
      販売 #2251.25 ドル1.25 ドル
      受領書 32001001.20 ドル1.23 ドル
      販売 3251.23 ドル1.23 ドル
      入荷 42501001.30 ドル1.25 ドル
      販売 4501.25 ドル1.25 ドル
      受領書 1 の計算は、次の数式を使用します。
      [(0 $0.00 x) + (100 $1.00 x)] ÷ [0 + (100-0)] = $1.00
      受領書 3 の計算は、次の数式を使用します。
      [(125 ドル 1.25 倍) + (100 $1.20 x)] ÷ [125 + (100-0)] = $1.227
      注: <b> この計算の合計は、1.23 ドルに丸められます。
    • 既存の購買入庫の単位原価が更新されると、Microsoft Dynamics GP には平均原価の計算式で次の値を使用して、購買入庫の調整後のコストが再計算されます。
      • 手持在庫数量の値を保存しました。
      • 調整のコストの値は以前の入庫
      • 保存されている数量が受信した
      • ユニットのコストの値は新しい
      既存の受領書を購入する場合の例としては、次のような状況更新です。
      • 購買注文の請求書での購入価格差異の在庫を再評価します。
      • 請求書は、数量単価型の差異のまたは着陸しましたコストの差異のです。
      以降に更新された入庫日は、受信確認レコードがある場合は、Microsoft Dynamics GP にはこのセクションの手順を実行し、記載されている平均原価の計算式を使用して以前のバージョンで受信確認レコードの調整後のコストが再計算されます。Microsoft Dynamics GP では、最終的な購入のレシートのレコードの新しい調整された原価を使用して品目の保守ウィンドウ内の現在のコストフィールドを更新します。さらにこの例では、調整後のコストによって行われた変更が次の表に表示されます。

      注: <b> このテーブルは、次の条件を満たしていることを前提とします。
      • 128万ドルの原価に 3 号の受領書の購買注文の請求書を転記します。
      • 在庫の再評価を選択します。
      • 出荷以前に 1.20 ドルの単位原価の転記されました。
      これらの条件に該当する場合、Microsoft Dynamics GP は 128万ドルを受領スタック上の単位コストを更新します。次に、プログラムはその受信確認レコードを起動することによって各内容の確認の調整後のコストを再計算します。
      トランザクション タイプ在庫数量 受信した数量販売数量単位原価調整後のコスト
      受領書 1100100$ 1.00$ 1.00
      入荷 21251001.50 ドル1.25 ドル
      販売 #1501.25 ドル1.25 ドル
      販売 #2251.25 ドル1.25 ドル
      受領書 32001001.20 ドル128万ドル1.23 ドル1.26 ドル
      販売 3251.23 ドル1.23 ドル1.26 ドル
      入荷 42501001.30 ドル1.25 ドル1.27 ドル
      販売 4501.25 ドル1.25 ドル
      受領書 3 の計算は、次の数式を使用します。
      [(125 ドル 1.25 倍) + (100 x 128万ドル)] ÷ [125 + (100-0)] = $1.263
      注: <b> この計算の合計は、1.26 ドルに丸められます。
      4 受領書の計算は、次の数式を使用します。
      [(200 * 1.26 円) + (100 * $1.30)] ÷ [200 + (100-0)] = $1.273
      注: <b> 1.27 ドルに、この計算の合計値が丸められます。
    • Microsoft Dynamics GP では、販売の詳細のトランザクションの更新された購買入庫の調整後のコストに基づくいくつかの調整トランザクションが生成されます。調整トランザクションでは、元のトランザクションで使用されていましたが、IV10201 テーブルに格納されている勘定番号を使用します。
  • 作成して、在庫移動平均原価の項目を転記する場合は、次の変更が適用されます。
    • その他の種類の数量の手持数量タイプからの転送では、項目の現在のコストを使用します。
    • 以外の項目の現在のコストではなく FIFO 原価を使用して、手持数量からの転送のタイプします。転送を作成すると、アイテムの単価は現在のコストの値を使用します。ただし、転送されると、Microsoft Dynamics GP は、購入確認メッセージのスタックから FIFO 原価を取得します。
    • トランザクションの単位原価は、品目の現在のコストと異なる場合、Microsoft Dynamics GP に手持数量タイプを在庫移動の後の項目の現在の (平均) のコストが再計算します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:923960 - 最終更新日: 04/05/2016 03:53:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbhowto kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbinfo kbmbsmigrate kbmt KB923960 KbMtja
フィードバック