Outlook を Exchange 2007 メールボックスを使用すると、Exchange 2007 に接続できないし、エラー メッセージを表示します。

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:924625
現象
Outlook を起動して、プロファイルを使用して、Microsoft Exchange Server 2007年のメールボックスに対して、Exchange 2007 に接続できないし、次のエラー メッセージが表示されます。
Exchange Server の管理者が使用している Outlook のバージョンをブロックしています。管理者に問い合わせてください。
または
Microsoft Outlook を起動することはできません。Outlook のウィンドウを開くことができません。一連のフォルダーを開くことができません。Microsoft Exchange では使用できません。ネットワークの問題があるか、Exchange サーバーが保守のためダウンします。
原因
この現象が発生するまたは複数、次の条件に該当します。
  • 既存のパブリック フォルダー ツリーがありません。
  • MAPI は、メールボックスの無効です。
  • 暗号化は、Exchangeconnection のために必要です。
  • Exchange キャッシュ モードは、yourmailbox 必要があります。
  • RPC と HTTP モードは、メールボックスの無効です。
  • Outlook のバージョンは、特に Exchange2007 によってブロックされます。
解決方法
この現象を解決するのには、状況に応じて、次の方法の 1 つ以上を使用します。

メモ 以下の方法のいずれかに変更を適用するには、インフォメーション ストアを再起動する必要があります。

方法 1: Exchange 2007 パブリック フォルダー ツリーを作成します。

既存のパブリック フォルダー ツリーがないと、Microsoft Office Outlook 2003年またはそれ以前のクライアントが接続しようとしている場合、Exchange 2007 メールボックスにアクセスできません。この問題は、最後の既存のパブリック フォルダー ストアを削除すると発生します。

Exchange 2007 のパブリック フォルダー ストアを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、シリアルキーをクリックして、[ Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしExchange 管理コンソール] をクリックします。
  2. サーバーの構成、し [メールボックスを展開します。
  3. 変更するストレージ グループを右クリックし、後に新しいパブリック フォルダー データベース] をクリックします。
  4. 新しいパブリック フォルダー データベース ウィザードを使用して、パブリック フォルダー データベースを作成します。
Outlook 2003 クライアントは、または、以前のバージョンの Outlook クライアントを使用している場合は、Exchange 2007 に接続する前に、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動するあります。

方法 2: メールボックスの MAPI を有効にするか、別の方法を使用して、Exchange 2007 に接続するには

メールボックスの MAPI が無効になっているかどうかを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、シリアルキーをクリックして、[ Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックして後にExchange 管理シェル] をクリックします。
  2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    取得 CasMailbox メールボックス名 |FL mapienabled
    このコマンドの場合は Falseを返す場合は、メールボックスの MAPI が無効です。
メールボックスの MAPI が無効の場合は、次の方法のいずれかを使用します。
  • メールボックスの MAPI を有効にします。Yourmailbox の MAPI を有効にするには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      セット CasMailbox メールボックス名 -mapienabled: $true
  • 次のいずれかを使用して、Exchange 2007 に接続します。
    • ポスト Office プロトコル (POP 3) サーバーの種類を使用する Outlook で電子メール アカウントを作成します。
    • インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) サーバーの種類を使用する Outlook で電子メール アカウントを作成します。
    • Outlook Web Access (OWA) Web クライアントを使用します。

方法 3:、Exchange 2007 の接続の暗号化を有効にします。

  1. 暗号化された接続が必要なためメールボックスであるかどうかを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      -Mailboxserver 取得 サーバー名 |FL MAPIEncryptionRequired
      このコマンドがTrueを返す場合は、暗号化されていないプロファイルを使用して Exchange 2007 に接続する必要があります。
  2. Exchange 2007 の接続に対して暗号化を有効にします。作業は、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 コントロール、し [ OK] をクリックします。
    2. メール] をダブルクリックし、[プロファイルの表示] をクリックします。
    3. 自分のプロファイルを選択し、[プロパティ] をクリックします。
    4. [電子メール アカウント] をクリックを表示または変更既存の電子メール アカウントを選択し、[次へ] をクリックします。
    5. Exchange のアカウントを選択し、[変更] をクリックします。
    6. [セキュリティ] タブをクリックし、[詳細設定] をクリックします.
    7. Microsoft Office Outlook と Microsoft Exchange Server の間でデータを暗号化する] チェック ボックスをオンをクリックします。
    8. [Ok]をクリックして、[次へ] をクリックして、終了をクリックしておよび、[閉じる] をクリックします。

方法 4: 自分のメールボックスの Exchange キャッシュ モードを有効にするか、メールボックスを Exchange キャッシュ モードを使用しての要件を無効にします。

  1. Exchange キャッシュ モードが yourmailbox のために必要であるかどうかを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      取得 CasMailbox メールボックス名 |FL MAPIBlockOutlookNonCachedMode
      このコマンドがTrueを返す場合は、Exchange キャッシュ モードを使用して Exchange 2007 に接続する必要があります。
  2. 要件を CachedExchange モードを使用して Exchange 2007 に接続するには、メールボックスと、メールボックスは、Exchange キャッシュ モードを有効にします。
    • メールボックスの Exchange キャッシュ モードを有効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 コントロール、し [ OK] をクリックします。
      2. メール] をダブルクリックし、[プロファイルの表示] をクリックします。
      3. 自分のプロファイルを選択し、[プロパティ] をクリックします。
      4. [電子メール アカウント] をクリックを表示または変更既存の電子メール アカウントを選択し、[次へ] をクリックします。
      5. Exchange のアカウントを選択し、[変更] をクリックします。
      6. Exchange キャッシュ モードを使う] チェック ボックスをオンをクリックします。
      7. [次へ] をクリックして、終了をクリックして閉じるをクリックします。
    • Exchange キャッシュ モードを使用して Exchange 2007 に接続するメールボックスの要件を無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
      2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
        セット CasMailbox メールボックス名 -MAPIBlockOutlookNonCachedMode: $false

方法 5: を有効にする RPC-HTTP メールボックス モード

  1. Yourmailbox の RPC または HTTP モードは無効になっているかどうかを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      取得 CasMailbox メールボックス名 |FL MAPIBlockOutlookRpcHttp
      このコマンドがTrueを返す場合は、RPC と HTTP を使用して Exchange 2007 に接続できません。
  2. メールボックスの RPC または HTTP モードを有効にします。次の手順。
    1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      セット CasMailbox メールボックス名 -MAPIBlockOutlookRpcHttp: $false

方法 6: お使いの Exchange 2007 の Outlook のブロックを解除します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


次の 2 つの方法の 1 つの Exchange 2007 のバージョンの Outlook をブロックできます。
  • レジストリを変更することによって、バージョンの Outlook をブロックできます。 詳細については、レジストリを使用してのバージョンの Outlook のブロックは、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    番号 288894 MAPI クライアントの Exchange Server を実行しているコンピューターへのアクセスを無効にする方法
    レジストリを使用してのバージョンの Outlook のブロックを解除、変更または thisKnowledge の基本資料に記載されているレジストリ データを削除できます。
  • よう、次のコマンドを Exchange 管理シェル コマンドを使用してメールボックスのバージョンの Outlook をブロックできます。
    セット CasMailbox メールボックス名> -MAPIBlockOutlookVersions:「-11.8010.8036」
    このコマンドがブロックされている Outlook のバージョン (前) than11.8010.8036。

    セット CasMailbox <MailboxName></MailboxName> -MAPIBlockOutlookVersions:「11.8010.8036-」


    このコマンド ブロックが後になっている Outlook のバージョン 11.8010.8036 より (より古い)。


    どのバージョンの Outlook は Exchange 2007 に接続するかを決定するには、次のいずれかを実行できます。
    • ダウンロードして、次の Web サイトから ExMon を実行します。
    • Exchange 2007 管理シェル コマンドを使用します。
      これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
      2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
        Get-LogonStatistics <MailboxName> | FL*client*
      メモ ビルド番号を表示するときに、次のような内容が表示されます。「11.0.8010.8036」
      この「11.8010.8036」よう見えるが、0 を切り捨てる必要があります。
    バージョンの Outlook 2007 のメールボックス inExchange のブロックを解除するには、Exchange 管理シェル コマンドを使用します。次の手順。
    1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Exchange Server 2007年] をクリックしますおよびExchange 管理シェル] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      セット CasMailbox メールボックス名 -MAPIBlockOutlookVersions: $null
OL2007 Outlook2007

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:924625 - 最終更新日: 11/16/2013 10:26:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbprb kbmt KB924625 KbMtja
フィードバック