現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS06-061] Microsoft XML コア サービス 6.0 用のセキュリティ更新プログラム

はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS06-061 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。
詳細

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • 複数のバージョンの Microsoft XML パーサーまたは Microsoft XML コア サービス (MSXML) がインストールされている場合、このセキュリティ更新プログラムの複数のパッケージをインストールすることが必要な場合があります。また、このセキュリティ更新プログラムのインストール後に、MSXML のいずれかのバージョンをインストールする場合は、このセキュリティ更新プログラムの別のパッケージを追加でインストールすることが必要な場合があります。入手可能な MSXML およびさまざまなマイクロソフト製品やソフトウェア更新プログラムに含まれている MSXML のバージョンの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    269238 Microsoft XML パーサー (MSXML) のバージョン一覧
  • MSXML 4.0 Service Pack 2 (SP2) 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 925672 および MSXML 6.0 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 925673 は、完全なインストール パッケージです。これらのパッケージを使用して、以前のバージョンの MSXML 4.0 または MSXML 6.0 がインストールされていないコンピュータに、MSXML 4.0 SP2 または MSXML 6.0 をインストールできます。また、これらのパッケージを使用して、既にインストールされている MSXML 4.0 または MSXML 6.0 を更新することもできます。ただし、Windows Update および Microsoft Update でこれらのパッケージが提供されるのは、以前のバージョンの MSXML 4.0 または MSXML 6.0 が既にコンピュータにインストールされている場合のみです。以前のバージョンの MSXML 4.0 または MSXML 6.0 がインストールされていない場合は、Microsoft ダウンロード センターからこれらのパッケージをダウンロードしてインストールしてください。

    次の表は、MSXML 4.0 SP2 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 925672 および MSXML 6.0 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 925673 によりインストールされるファイルの一覧です。

    MSXML 6.0 がインストールされていない場合
    ファイル名バージョン日付時刻サイズ
    msxml6.dll6.0.3888.02006/09/0112:081,334,032
    msxml6r.dll6.0.3883.02006/07/1910:5586,728

    MSXML 6.0 がインストールされている場合
    ファイル名バージョン日付時刻サイズ
    msxml6.dll6.0.3888.02006/09/0112:081,334,032

    MSXML 4.0 がインストールされていない場合
    ファイル名バージョン日付時刻サイズ
    msxml4.dll4.20.9839.02006/09/1218:021,245,184
    msxml4r.dll4.10.9404.02006/09/1218:0282,432
    : このセキュリティ更新プログラムは、%SystemRoot%\System32 フォルダとサイドバイサイドのフォルダの両方にインストールされます。

    MSXML 4.0 がインストールされている場合
    ファイル名バージョン日付時刻サイズ
    msxml4.dll4.20.9839.02006/09/1218:021,245,184
    : このセキュリティ更新プログラムは、%SystemRoot%\System32 フォルダとサイドバイサイドのフォルダの両方にインストールされます。
  • MSXML 6.0 用のセキュリティ更新プログラム 925673 を削除すると、MSXML 6.0 がコンピュータから完全に削除されます。
  • MSXML 4.0 SP2 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 925672 では、MSXML 4.0 の完全な削除はサポートされていません。このバージョンの MSXML は、サイドバイサイド モードでインストールされるためです。この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
    1. プログラムの追加と削除ツールを使用して、セキュリティ更新プログラム 925672 を削除します。
    2. %SystemRoot%\System32 フォルダから MSXML4.dll ファイルを削除します。
    3. プログラムの追加と削除ツールを使用して MSXML 4.0 を修復します。
    以前のバージョンの Msxml4.dll ファイルおよび Msxml4r.dll ファイルが %SystemRoot%\System32 フォルダおよびサイドバイサイドのフォルダに復元されます。
  • MSXML 3.0 用のセキュリティ更新プログラム パッケージでは、MSXML3.dll ファイルのみが更新されます。このバージョンでは、リソース ファイルは更新されません。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE WinNT Win2000
プロパティ

文書番号:925673 - 最終更新日: 10/24/2006 07:45:57 - リビジョン: 2.0

Microsoft XML Core Services 6.0

  • kbexpertisebeginner kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix kbpubtypekc KB925673
フィードバック