Windows ベースのコンピューター上の MS DTC の診断トレースを有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:926099
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリについての説明
はじめに
この資料では、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) Windows ベースのコンピューター上の診断トレースを有効にする方法について説明します。

次の種類のトレース機能があります。
  • トランザクション マネージャーのトレース
    トランザクション マネージャー (TM) トラック トランザクション statechanges をトレースします。MS DTC トランザクション マネージャーによって生成されます。出力が inbinary 形式で、出力の書式を設定する必要があります。トランザクション マネージャーは、MSDTC サービスの一部です。
  • 通信マネージャー エラーのトレース
    通信マネージャー (CM) のエラーのトレースは、Msdtcprx.dll ファイルをロードして、他の MS DTC に関連するプロセスと通信するために MS DTC のリモート プロシージャ コール (RPC) インターフェイスを使用する任意のプロセスを追跡します。出力は、テキスト形式では。"0x8004d00a"エラーは、通信マネージャー エラーのトレースがあります便利な一般的なエラーです。
注: <b>トランザクション マネージャーのトレースおよび通信マネージャー エラーのトレースは、独立したプロセスです。個別に有効にできますしないトランザクション マネージャーのトレースおよび通信マネージャーのエラーのトレースです。または、個別に無効にすることがないことです。
詳細

トランザクション マネージャーのトレースを有効にします。

コンポーネント サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用すると、トランザクション マネージャーのトレースを有効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックして[スタート] ボタンすべてのプログラムをクリックし、アクセサリ、し、を実行するをクリックします。
  2. タイプ comexp.msc、し、[OK] をクリックします。
  3. コンポーネント サービスを展開コンピューターを展開し、 [マイ コンピューター] を展開、分散トランザクション マネージャーを展開し、 LocalDTC、右、[プロパティ] をクリックします。
  4. [トレース] タブをクリックします。
  5. [トレース] タブで、次の TM トレース オプションを変更できます。
    • トレース出力
      • トランザクションをトレースします。
        • すべてのトランザクションをトレースします。
        • 中止されたトランザクションをトレースします。
        • 有効期間の長いトランザクションをトレースします。
TM トレースの構成を変更すると、MS DTC サービスは、変更を検出します。ただし、プロセスをリサイクルする必要はありません。たとえば、トランザクション トレースまたはトレース ファイルの場所を変更すると、MS DTC サービスは、レジストリに変更を検出します。MS DTC サービスを再起動する必要はありません。

Windows での新しい MS DTC トレース システム

Windows Vista では、MS DTC は、広範な新しいトレース システムを持っています。新しいシステムには、次の設計目標があります。
  • 1 行のコードは、aformatted トレースを追加する必要があります。
  • トレースは、生産 computerswithout ネットワーク上の人が読める。
  • 出力オプションは、柔軟性の高いです。
  • トレースは、高速です。
  • 以下がそのオプションを変更するのにはコンピューターを再起動する必要はありません。
さらに、トレース ログのファイル名にはで 10 の Windows および Windows サーバー 2016年のテクニカル プレビューでは、トレース ログを起動するプロセスの名前が含まれます。これは、出力のレジストリ キーによって制御されます。

トレースを構成します。

警告:[レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

トレース構成は、MS DTC レジストリ キーの下のトレースというレジストリ キーに、ローカル ノードにあります。トレースのレジストリ キーには、接続マネージャー トレースにはが含まれています。以前は、接続マネージャーのトレースを構成するのには、TraceCMErr レジストリ キーを使用します。トレースのレジストリ キーには、次の 2 つのサブキーが含まれています。
  • ソース
    ソース サブキーは、トレースの種類を構成します。
  • 出力
    出力サブキーは、トレース出力を送信する先を構成します。
注: <b>プロセスがトレースのレジストリ キーにアクセスできることを確認します。既定では、Windows Vista の構成はこのキーを作成できませんし、このキーのアクセス許可は付与されません。トレース機能を構成するのには、レジストリ エディターを使用できます。

トレース機能のレジストリ エントリを作成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックして[スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、[アクセサリ]、[実行] をクリック、種類 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 見つけてし、次のサブキーのいずれかをクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC\Tracing\Sources
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC\Tracing\Output
  3. [編集] メニューで、[新規作成] をクリックし、エントリのデータの種類をクリックします。たとえば、DWORD (32 ビット) の値をクリックします。
  4. 目的のソースの名前を入力し、ENTER キーを押します。ソース名の詳細については、「ソースの構成」セクションの表を参照してください。
  5. 新しいレジストリ エントリを右クリックし、[変更] をクリックして、セグ] ボックスで必要な値を入力し、し、[ OK] をクリックします。
  6. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。

ソースを構成します。

ソースのレジストリ キーには、次の表に記載されている DWORD レジストリ値のセットが含まれています。
説明
TRACE_MISCトレースするその他のカテゴリに分類することはできません。
TRACE_CM 接続マネージャーのトレース
TRACE_TRACE トレース インフラストラクチャ自体
TRACE_SVC サービスおよび .exe ファイルの起動をトレースします。
TRACE_GATEWAY ゲートウェイのソース
TRACE_UI ユーザー ・ インタ フェースをトレースします。
TRACE_CONTACT プールの取引先担当者および取引先担当者をトレースします。
TRACE_UTIL 複数の場所から呼び出されるトレース ユーティリティ ルーチン
TRACE_CLUSTER (ユーティリティ) をクラスターに固有のコードをトレースします。
TRACE_RESOURCE クラスター リソースに固有のコードをトレースします。
TRACE_TIP トランザクション インターネット プロトコル (TIP) トレース ソース
TRACE_XA XA トランザクション マネージャー (XATM) トレース ソース
TRACE_LOG ログのトレース
TRACE_MTXOCI MTS または OCI レイヤー (Mtxoci.dll) トレース ソース
TRACE_ETWTRACE イベント トレースのウィンドウ (ETW) トレース ソース
TRACE_PROXY MSDTC プロキシ DLL で生成されるトレース
TRACE_KTMRM カーネル トランザクション マネージャーとの統合のためのトレース
TRACE_VSSBACKUP バックアップし、復元のメカニズムを Microsoft Visual SourceSafe と統合するためのトレース
TRACE_PERFMON パフォーマンス カウンターのサポートによるトレース
DWORD 値の 0 から 255 までの番号があります。DWORD 値は、発生するトレーシングのレベルを示します。DWORD 値を次の表に一覧します。
説明
0const バイト TRACE_OFF
1const バイト TRACE_ERROR
2const バイト TRACE_WARNING
3const バイト TRACE_INFO
4const バイト TRACE_VERBOSE
5const バイト TRACE_VERY_VERBOSE
6const バイト TRACE_INOUT
0xF0const バイト TRACE_OBSCURE
0 xffconst バイト TRACE_EVERYTHING
注: <b>自動的に、値大きくするにはより低い値が含まれます。したがって、TRACE_INFO のレベルを有効にすると、TRACE_ERROR のレベルも有効です。非常にいくつかのソースは、TRACE_VERBOSE のレベルよりも高いすべてのトレースを使用します。

トレース出力を構成します。

警告:[レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

出力のレジストリ キーには、トレース出力が送信される場所を制御する値のセットが含まれています。 これらの値は次のとおりです。
  • TraceFilePath (REG_SZ) 値は、トレース ファイルを格納しています。トレースがという名前のフォルダー、ファイルに書き込まれます msdtc の x.log という.このフォルダーの名前で X 10 進数のファイルを作成するプロセスの PID を表します。関心のあるすべてのプロセスが構成されているフォルダーにアクセスできることを確認します。それ以外の場合、トレース情報はすべて失われます。この値が設定されていない場合、トレース ファイルに送信されません。
  • ImageNameInTraceFileNameEnabled (REG_DWORD) 値は、生成されるトレース ログ ファイルの名前がトレース ログを起動するプロセスのイメージ ファイル名を含めるかどうかを決定します。これは、0 以外の値に設定されている場合、プロセスのイメージ ファイル名が生成されるトレース ログ ファイルに含まれます。プロセスのイメージ ファイルの名前が、この値は 0 に設定されている場合できない生成されるトレース ログ ファイルに含めます。既定では、値はゼロ (0) に設定します。生成されるログ ファイルがプロセスを含むトレース ファイルの名前の例を次には。

    MSDTC、msdtc.exe-3552.log または MSDTC の svchost.exe-3556.log
  • MemoryBufferSize (REG_DWORD) 値は、トレース メッセージが格納されている循環バッファーのサイズです。この値は 0 に設定されている場合、メモリ トレースは無効になります。既定では、この値は、10 MB です。詳細トレースを有効にした場合、この値を大きく必要があります。
  • DebugOutEnabled (REG_DWORD) 値は、有効または、デバッガーへの出力を無効にします。値が 0 以外の場合は、出力が有効になります。既定では、この出力のレジストリ キーが無効です。
接続マネージャー エラー トレース構成を変更すると、変更を有効、Msdtcprx.dll ファイルをロードするプロセスがリサイクルされるとき。たとえば、接続マネージャー エラー トレース構成の変更を有効 MS DTC サービス プロセスがリサイクルされるとき。

または、.reg ファイルを作成することができ、ファイルをインポートするのには、レジストリ エディターを使用するし。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 次のコード例を含む新しい内容の .reg ファイルを作成します。
    Windows Registry Editor Version 5.00[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC\Tracing][HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC\Tracing\Output]"DebugOutEnabled"=dword:00000000"TraceFilePath"="""MemoryBufferSize"=dword:0000000a"ImageNameInTraceFileNameEnabled"=dword:00000001[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC\Tracing\Sources]"TRACE_MISC"=dword:00000000"TRACE_CM"=dword:00000000"TRACE_TRACE"=dword:00000000"TRACE_SVC"=dword:00000000"TRACE_GATEWAY"=dword:00000000"TRACE_UI"=dword:00000000"TRACE_CONTACT"=dword:00000000"TRACE_UTIL"=dword:00000000"TRACE_CLUSTER"=dword:00000000"TRACE_RESOURCE"=dword:00000000"TRACE_TIP"=dword:00000000"TRACE_XA"=dword:00000000"TRACE_LOG"=dword:00000000"TRACE_MTXOCI"=dword:00000000"TRACE_ETWTRACE"=dword:00000000"TRACE_PROXY"=dword:00000000"TRACE_KTMRM"=dword:00000000"TRACE_VSSBACKUP"=dword:00000000
  2. [スタート] をクリックして[スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をクリックして、[アクセサリ]、[実行] をクリック、種類 regedit 、し、[OK] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [インポート] をクリックします。
  4. 手順 1 で作成したファイルを見つけてし、[開く] をクリックします。エディター ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。

パフォーマンスへの影響

既定では、Windows Vista でトレース機能が無効になります。したがって、通常のインストールのパフォーマンスに与える影響は存在しません。

Microsoft 顧客サポート担当者は、トレース情報が問題を診断するために必要なことを示す場合を除き、運用コンピューターのトレース機能を有効にする必要があります。トレースは、コンピューター パフォーマンスに影響を与える可能性があります。まず、問題を見つける必要があり、それを解決する必要があります。その後、すぐにトレース機能を無効にします。

クラスターの構成

クラスター インストールの場合、すべてのノード上のすべてのレジストリ エントリにこれらのレジストリ エントリが含まれていることを確認します。これらのレジストリ エントリを持たないすべてのノードのクラスターのコードは、ローカル コンピューターのレジストリにレジストリ エントリが存在しないために共有のレジストリ内のレジストリ エントリを無視します。
MSDTC

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:926099 - 最終更新日: 08/17/2015 17:36:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft COM+ 1.5

  • kbdtc kbinfo kbhowto kbmt KB926099 KbMtja
フィードバック