現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

以前の Windows オペレーティング システムとのデュアル ブート構成で Windows Vista、Windows 7 または Windows Server 2008 ベースのオペレーティング システムを使用すると復元ポイントが無効となります。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:926185
現象
Windows Vista では、システムの復元機能を使用すると、次のメッセージが表示されます。
コンピューターのシステム ディスク上の復元ポイントが作成されていません。
さらに、Windows Vista 完全な PC バックアップから最新のバックアップ ファイルだけを使用できます。以前のバージョンのバックアップ ファイルは利用できません。また以前の Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターで Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行する場合この問題が発生します。

メモ この構成は、「デュアル ブート構成」として知られています
原因
Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 などの以前のオペレーティング システムを使用してコンピューターを起動するときは、この問題が発生します。このような状況では、以前のオペレーティング システムは Windows Vista で作成された復元ポイントがすべて削除されます。以前のオペレーティング システムでは、これらのバックアップ ファイルの最新のバージョン以外のすべての Complete PC バックアップ ファイルも削除されます。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを実行できます。

方法 1

Windows XP の復元ポイントを Windows Vista のボリュームを削除するために、次のレジストリ エントリを追加します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices\Offline
Windows xp のレジストリ サブキー:

値の名前: \DosDevices\D:
種類。 REG_DWORD
[値のデータ分の 1

メモ 場合は、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices\Offline
レジストリ サブキーが存在しない、次のレジストリ サブキーを手動で作成する必要があります。Windows XP での"D"のパーティションに Windows Vista をインストールすると、このレジストリ エントリを作成します。
この回避策の影響
Windows XP の再起動後、Windows XP から Windows Vista で作成されたボリュームにアクセスできません。ただし、Windows Vista から Windows XP 内に作成されたボリュームに依然アクセスすることができます。データ交換には、Windows XP のドライブや USB ドライブなどの追加のドライブを使用します。
この回避策の制限
この回避策では、のみアクセスや、Windows XP で変更からの Windows Vista のボリュームを保護します。複数のボリュームがある場合、またはボリュームを Windows XP から Windows Vista でシステムの復元の設定を追加する場合は、そのボリューム上のシステムの復元 (ボリューム ・ シャドウ ・ データ) は上書きされます。この問題を回避するのには、そのボリュームに追加する必要があります、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices\Offline
サブキーします。そのキーにドライバーが Windows XP のボリュームを追加する場合、またはこのボリュームのドライブ文字を削除すると、Windows XP を起動できません。

復元ポイントに Windows XP と Windows Vista の相互に排他的な場合にのみこの回避策を使用することができます。復元ポイント ボリュームに Windows XP または Windows Vista のボリューム間で共通されていない場合は、復元ポイントは相互排他です。たとえば、次のシナリオを検討してください。
  • C ドライバーは、Windows XP のボリュームです。
  • ドライバーが、Windows Vista のボリュームです。


このシナリオでは、Windows Vista の復元ポイントは E ドライバーに追加されます。E ドライバー] の下のレジストリ エントリを変更する必要がありますし、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices\Offline
「レジストリ サブキーを 1。

また、Windows XP と Windows Vista との間のデータ交換の共通のボリュームを使用できます。ただし、復元ポイントこの一般的なボリュームを定義しなければなりません。
この回避策のサポート状況
このキーを追加して不要な副作用をインストールすることができます。利用できないことがあります前に、アプリケーションがデータをこのドライブにします。マイクロソフトに報告された報告の問題がある場合は、この値を削除するよう要求されます。

方法 2

この問題を回避するには、Windows Vista のボリュームで、Bitlocker の機能を使用します。

Bitlocker は Windows Vista の組み込みのセキュリティ機能です。Windows Vista の起動時に、Bitlocker の機能は、Windows Vista 上の復元ポイントを有効にする Windows Vista のボリュームを設定してください。Windows XP または Windows Server 2003 の起動時に、Bitlocker の機能を有効に Windows Vista のボリュームにアクセスできなくなります。このため、Windows Vista の復元ポイントが正常であります。

この回避策は、デュアル ブートの構成 (Windows XP または Windows Server 2003 と Windows Vista) は有効です。この回避策には、Windows XP への変更は不要です。そのため、Windows xp または Windows Server 2003 では、システムを起動すると、Windows Vista のボリュームはアクセスできなくなります。

メモ Bitlocker の機能は、Windows Vista のエンタープライズ エディションおよび Windows Vista の最終的な版を利用できます。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Windows Vista では、デュアル ブート構成を構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

上級ユーザー向けの情報

次のシナリオを検討してください。Windows vista または Windows Server 2008 では、ボリューム上のシャドウ ・ コピーが作成されます。その後、以前の Windows オペレーティング システムから、ボリュームにアクセスします。このシナリオでは、シャドウ コピーが削除されます。1 つの場合にこの問題が発生または複数、次の条件に該当します。
  • Windows Server 2008 のシステムでは、デュアル ブート構成で Windows XP または Windows Server 2003 ベースまたは Windows Vista を使用します。このシナリオでは、以前の Windows オペレーティング システムでコンピューターを起動すると、Windows Vista で作成されたすべての復元ポイントは失われます。さらに、Windows vista または Windows Server 2008 でコンピューターを起動したときに Windows Server 2003 で作成されたシャドウ コピーが失われます。
  • 内蔵ハード ディスクまたは外付けハード ディスクに Windows Vista の復元ポイントを作成します。次に、Windows Server 2003 または Windows XP を実行しているコンピューターに、ハード ディスクを移動します。
  • 内蔵ハード ディスクまたは外付けハード ディスクを使用して Complete PC バックアップ ファイルを保存し、Windows Server 2003 または Windows XP のいずれかのボリュームにアクセスします。このシナリオでは、すべての以前のバージョンのバックアップ ファイルは失われます。最新のバックアップ ファイルが使用可能です。
この問題は Windows Vista と Windows Server 2008 に含まれているボリュームのスナップショット ドライバーが以前のバージョンの Windows と互換性のないディスクの構造を使用するために発生します。したがって、シャドウ コピーの Windows Vista または Windows Server 2008 のシャドウ コピーとは、関連付けられている復元ポイントが以前のオペレーティング システムを削除します。この現象は、以前の Windows オペレーティング システムが新しいディスク構造を認識しないために発生します。

注:
  • Windows Vista では、シャドウ コピーは復元ポイントを維持するために使用されます。また、シャドウ コピーがファイルの完全な PC のバックアップを維持するために使用されます。ボリュームを以前のオペレーティング システムからアクセスすると、そのため、復元ポイントまたは Complete PC バックアップ ファイルを以前のバージョンは失われます。
  • Windows Server 2008 システムの復元機能は含まれませんが、Windows Vista と Windows Server 2008 のシャドウ コピー、他の用途などのバックアップを使用します。また Windows Vista および Windows Server 2008 以前のバージョンの Windows で作成されるシャドウ コピーを削除します。以前のバージョンの Windows を使用して、デュアル ブート環境でコンピューターを起動すると、Windows Vista の起動時、復元ポイントにシステムの復元機能がありません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:926185 - 最終更新日: 07/10/2013 06:11:00 - リビジョン: 10.0

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2, Microsoft Windows XP Professional, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Web Server 2008, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Web Server 2008 R2, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Enterprise N, Windows 7 Professional, Windows 7 Professional N, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Ultimate N

  • kbexpertisebeginner kbhardware kbtshoot kbprb kbmt KB926185 KbMtja
フィードバック
d")[0].appendChild(m);