レプリケーション、クラスタ リング、ログ配布、および Microsoft Dynamics GP とデータベースのミラーリングを実行するための要件の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:926490
はじめに
この資料では、レプリケーション、クラスタ リング、ログ配布、および Microsoft Dynamics GP とデータベースのミラーリングを実行するための要件について説明します。
詳細

レプリケーション

  • スナップショットおよびトランザクション レプリケーションは、レプリケーションとは、Microsoft Dynamics GP で実装できるは 2 つのタイプです。
  • Microsoft Dynamics GP では、一方向のレプリケーションが必要です。会計トランザクションを作成するとき、セットアップのテーブルが次のドキュメント番号の値を保持するため Microsoft Dynamics GP と双方向のレプリケーションを実装することはできません。
  • 次の規則に従う場合、Microsoft Dynamics GP のデータベースとレプリケーションを構成できます。
    • レプリケーション用のテーブルを選択すると、テーブルに一意の識別子を追加するオプションを無効にします。それ以外の場合、テーブル構造が変更されます。テーブル構造の変更では、Microsoft Dynamics GP で問題が発生します。注: このオプションは Microsoft SQL Server の 2008 R2 で利用可能であり、以前です。

      <b>Microsoft Dynamics GP のほとんどのテーブルには、一意の識別子のDEX_ROW_ID列があります。この列は、レプリケーションと使用できる一意の識別子を提供します。
    • Microsoft Dynamics GP をアップグレードする前に、Microsoft SQL Server のインスタンスからレプリケーションを削除します。それ以外の場合、アップグレード処理中に問題が発生します。
    • レプリケートするテーブルを選択する場合は、Microsoft Dynamics GP で特定の処理速度が低下する可能性がありますテーブルのトランザクションをレプリケートするのに注意してください。レプリケーションを構成すると、パフォーマンスに慣れていることを確認するのには、Microsoft Dynamics GP ですべてのプロセスをテストします。
  • レプリケーションの構成の詳細については、800-936-5800 にある Microsoft SQL Server のサポート チームにお問い合わせください。

クラスタ リング

  • 一対一のリレーションシップでは、SQL Server のインスタンスがある場合、シングル ・ インスタンスのクラスタ リング環境で、複数インスタンスのクラスタ リング環境で Microsoft Dynamics GP を実行することができます。
  • クラスタ リング環境の構成に関する詳細については、Microsoft SQL Server のサポート Teamat 800-936-5800 にお問い合わせください。

ログ配布およびデータベース ミラーリング

  • Microsoft Dynamics GP は、ログ配布とデータベース ミラーリングを有効にする環境で実行できます。
  • ログ配布またはデータベース ミラーリングの構成に関する詳細については、Microsoft SQL Server のサポート Teamat 800-936-5800 にお問い合わせください。
  • Microsoft Dynamics GP をアップグレードする前に、Microsoft Dynamics GP のデータベースからデータベースのミラーリングを削除します。それ以外の場合、アップグレード処理中に問題が発生します。
<b>レプリケーション、ログ配布、またはデータベース ミラーリングを使用しているユーザーは、セカンダリ サーバー上の Microsoft Dynamics GP にアクセスする必要がある場合は、ユーザーのパスワードが無効になります。パスワードをリセットするには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Dynamics GP に、sa ユーザーとしてログオンします。
  2. Microsoft Dynamics GP では、Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、システム] をポイントでユーザー] をクリックします。
  3. ユーザー IDの横にある [検索] ボタンをクリックし、適切なユーザーを選択し、します。
  4. パスワード] ボックスに新しいパスワードを入力し、し、[保存] をクリックします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:926490 - 最終更新日: 08/09/2016 08:06:00 - リビジョン: 0.2

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbnosurvey kbhowto kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbinfo kbmbsmigrate kbmt KB926490 KbMtja
フィードバック