Windows XP では、Server サービスに送信される同時実行の SMB 要求の最大数を構成することはできません。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:926646
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ここでは、ネットワーク ユーザー、コンピューターがファイル サーバーとして使用されている場合は、Microsoft Windows XP Professional を実行しているコンピューター上のファイルにアクセスするときに発生する問題について説明します。

既定では、10 個を超える同時実行サーバー メッセージ ブロック (SMB) のコマンドでは、Windows XP Professional クライアント サービスを禁止する制限があります。この制限は、他の Windows クライアント コンピューター オペレーティング システムにも適用されます。たとえばを呼び出すときは、ファイルを開くと、SMB コマンドが発生します。ほとんどの SMB コマンドは直ちに処理されます。たとえば、ファイルを開くコマンドは直ちに処理されます。したがって、最大 10 の同時コマンドの通常問題はありません。

ただし、「長期的な SMB 要求」という一部の SMB コマンドがあります。この長期間の SMB 要求は、応答されるまで、開いたままです。通常、応答を受信すると、同じ種類の別のコマンドが直ちに送信されます。

また、長期間の SMB 要求は変更通知です。たとえば、Windows エクスプ ローラーを開き、ネットワーク上の特定のフォルダーをクリックする、フォルダーをホストしているコンピューターに変更通知が送信されます。これはこのフォルダーに変更があったときに発生します。次に、エクスプ ローラー ウィンドウを更新して、新しいファイルを表示することができますように、クライアント コンピューターに変更通知が送信されます。Windows XP Professional を実行しているコンピューターのフォルダーをホストする場合は、同時には 10 の SMB コマンドを使用できます。他のすべての要求は応答されません。他の要求がネットワーク経由でファイルを開くしようとエラー メッセージが表示されることがあります。
原因
この問題は、Windows XP Professional クライアント サービスで意図的な制限のため発生します。Windows XP Professional は、クライアント コンピューターのオペレーティング システムとして設計されています。したがって、Windows XP Professional が、サーバー タスクは最適化されません。
解決方法

修正プログラムの情報

この問題を解決するのには、修正プログラム使用可能な同時 SMB コマンドの数を MaxMpxCt レジストリ キーを使用して構成することができます。この修正プログラムには、MaxMpxCt 値を最大 255 まで構成することができます。詳細については、「レジストリ情報」セクションと、「関連情報」セクションを参照してください。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2) をインストールこの修正プログラムをインストールする必要があります。

要件を再起動します。

この修正プログラムを適用した後、サーバー サービスを再起動する必要があります。ダイアログ ボックスが表示されたら、この修正プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動します。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

レジストリ情報

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この修正プログラムを有効にするには以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanserver\Parameters を見つけてクリックします。
  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ MaxMpxCt、し、ENTER キーを押します。
  5. MaxMpxCtを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. 値のデータ] ボックスで、目的の値を入力、[ OK] をクリックしてください

    注: <b> 同時 SMB コマンドの数は 10 ~ 255 の範囲にある値を設定できます。既定値は 10 です。Microsoft Windows Server 2003 では最大値は 65,535 に同時 SMB コマンドの数を設定できます。
  7. レジストリ エディタを閉じます。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻の項目に [タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srvsvc.dll5.1.2600.301996,7682006 年 10 月 19 日16:29x86
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
最大の同時 SMB コマンドの実際の値は、2 つの値の最小値によって決まります。これらの値は、サーバー側の MaxMpxCt 値と、クライアント コンピューター上の MaxCmds レジストリ値です。既定では、MaxCmds 値は Windows XP professional の 50 に設定されます。この値を設定すると、65,535 を超えることはできません。

Windows XP コンピューターで、サーバーとして動作している、MaxMpxCt 値、MaxWorkItems の値、およびサイズの値は、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanserver\Parameters
Windows XP コンピューターで、クライアント コンピューターとして動作している、MaxCmds の値は、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanworkstation\Parameters
ファイル サーバーとして動作している Windows XP Professional ベースのコンピューターで、次のレジストリ値を設定する必要があります。これにより、サーバー サービスに必要なリソースを指定します。
  • MaxWorkItems の値を設定すると、MaxMpxCt 値の 4 倍以上にする必要があります。既定では、MaxWorkItems の値は、Windows XP Professional では 64 に設定されます。この値を設定するには、最大 1,024 です。十分なメモリを持つコンピューターでのみこの設定を使用することをお勧めします。正確に必要なメモリ量は、構成の詳細によって異なります。このシナリオでは、少なくとも 1 ギガバイト (GB) のメモリを使用することをお勧めします。
  • 既定では、サイズの値は Windows XP Professional で 1 に設定されます。少なくとも 2 に、サイズの値を設定する必要があります。サイズ値を設定する必要がある場合は、問題が発生すると、3.A にサイズ値の 1 はアプリケーションがローカルの Windows XP Professional を最適化するために使用します。値が 2 のサイズは、ローカル アプリケーションとリモート アプリケーションの間でのリソース使用率のバランスをとる使用されます。3、サイズの値は、ネットワークの動作の Windows XP Professional を最適化するために使用されます。
詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:926646 - 最終更新日: 12/09/2015 07:43:51 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbautohotfix kbwinxppresp3fix kbfix kbbug kbhotfixserver kbqfe kbmt KB926646 KbMtja
フィードバック