現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange 2003 または Exchange 2007 または Exchange 2010 を Exchange ActiveSync を使用して Windows Mobile ベースのデバイスを同期しようとするときにエラー メッセージ:「同期に失敗しました」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:927465
現象
Microsoft Exchange Server 2003年、Microsoft Exchange Server 2007、または Microsoft Exchange Server 2010年と、Microsoft Exchange ActiveSync を使用して、Microsoft Windows Mobile ベースのデバイスを同期しようとすると、同期は成功ではありません。さらに、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

エラー メッセージ 1

同期に失敗しました。サーバー上のセキュリティ証明書の有効期限が切れています。デバイスで日時が正しいことを確認してからやり直してください。エラー コード: 80072f05 または 0x80072f05

エラー メッセージ 2

サーバー上のセキュリティ証明書が有効ではありません。サーバー上で有効な証明書をインストールするには、Exchange Server の管理者または ISP に問い合わせてください。サポート コード: 80072F0D または 0x80072f0d
原因
中間証明機関 (CA) の証明書がデバイスまたはするには、次の同期は、サーバー上に存在しないために、この問題が発生して、このサーバーが Exchange Server を実行しています。

Windows Mobile ベースのデバイスは、一般的に、証明書ストア内の中間 CA 証明書を含まれません。インターネット インフォメーション サービス (IIS) では、全体の証明書チェーンをデバイスに送信します。ただし、IIS は、チェーン全体を確認できる場合のみです。既定では、デバイスでは、これらの証明書は含まれません。そのため、サーバーに送信する必要があります。デバイスは、その証明書ストアにルート証明書のみを含める必要があります。

多くの場合、ルート CA 証明書または中間 CA 証明書のいずれかが見つからないため Windows Server 2003 を実行しているサーバー上の証明書ストアからこの問題に GoDaddy の証明書とに発生します。詳細については、次の web サイトを参照してください。多くの場合、中間 CA 証明書が Windows Server 2003 サーバー上の証明書ストアに有効期限が切れているためこの問題に VeriSign 証明書に発生します。

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
834438 VeriSign Web サーバー証明書を今すぐ更新 iis: 有効期限の切れた VeriSign 中間証明書と SSL を使用してサイトへの接続の検証されていないことができます、
解決方法
この問題を解決するには、状況に応じて以下の方法のいずれかを使用します。

注: <b>使用している証明書に関する情報を取得するには、Windows Internet Explorer のアドレス バーに、Microsoft Office Outlook Web Access サーバーの URL を入力し、ロック アイコンをクリックします。[証明のパスに"残りの手順を完了するのには証明書のいずれかをエクスポートする必要があります。さらに、これらのファイルとの具体的な手順を証明書ベンダーから入手できる場合があります。

方法 1: グループ ポリシーの構成を使用します。

ドメインのすべてのメンバー コンピューターが信頼された証明書を配布するのにには、グループ ポリシーの構成を使用します。グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を信頼されたルート CA を追加する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

方法 2: は、Exchange Server で証明書をインストールする手動で

  1. 持つドメイン管理者の資格情報数を渡した場合に Outlook Web Access を使用する Exchange Server アカウントを使用します。多くの場合、このサーバーはフロント エンド サーバーになります。
  2. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 mmc.exe、し、[OK] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [アドイン/RemoveSnapをクリックします。
  4. [追加] をクリックします。
  5. 証明書をクリックし、[追加] をクリックします。
  6. [ユーザー アカウント] をクリックし、[完了] をクリックします。
  7. [追加] をクリックして [ Computeraccount] をクリックして、[次へ] をクリック、し、[完了] をクリックします。
  8. [閉じる] をクリックし、[OK] をクリックします。スナップイン ウィンドウで、ローカルの computerappears の証明書カテゴリの一覧です。
  9. [証明書- 現在のユーザー中間証明機関を右クリックし、すべてのタスク] をポイントおよび、[インポート] をクリックします。
  10. チェーン内のすべての証明書が中間証明機関コンテナーであることを確認します。サポートなしの証明書が無効になっていたり、有効期限が切れています。
  11. 証明書が存在しない場合は、 AllTasks、] をポイントし、し、[インポート] をクリックします。ウィザードのインポート、CA から取得したファイルを使用します。
  12. 証明書 - ローカル コンピューターを展開し、中間証明機関を右クリックし、すべてのタスク] をポイントし、し、[インポート] をクリックします。
  13. CA を利用することを取得するファイルをインポートするのには、ウィザードを使用します。

    注: <b>ルート証明書は、中間証明機関コンテナー内の代わりにサード パーティ製の RootCertification 機関のコンテナーになります。
  14. 信頼されたルートの CAcertificate には、手順 9 13 からを繰り返します。
  15. 変更を有効にするに IIS サービスを再起動します。
注:
  • ローカル ・ コンピューター アカウントの証明書がインストールされていることを確認します。
  • 証明書を aresynchronizing すると、サーバー上の証明書がインストールされているデバイスにインストールする必要はありません。
  • Whichcertificates が不足しているかを確認するのには、SSLChainSaver ユーティリティを使用することができます。

    TheSSLChainSaver ユーティリティの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
詳細
Exchange Server 2003年と Exchange Server 2007年は、管理者アカウントに、ローカル コンピューター アカウントには、信頼チェーンを追加する必要があります。信頼チェーンは、1 つ以上の中間 CA を持つことができます。信頼チェーンを追加した後は、デバイスに送信する Exchange Server に証明のパスがあります。秒/MIME が正常に機能を可能になります。

この資料が提供する情報と解決方法は、発行日の時点でのこれらの問題に関するマイクロソフトの見解を示すものです。この解決方法は、Microsoft またはサード パーティのプロバイダーを通じて利用可能です。マイクロソフトは、この資料に記載されているサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティの解決方法を特に推奨していません。また、この資料で説明している以外にも、他のサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティの解決方法があるかも知れません。マイクロソフトは変化する市場状況に対応しており、この情報はマイクロソフトが確約したものとみなされるべきではありません。マイクロソフトは、この資料で言及されたサード パーティプロバイダーまたは マイクロソフト によって提供された情報または解決方法の正確性を保証できません。

マイクロソフトは、明示、黙示または法定を問わず、すべての表現、保証、および条件を除外します。それらには、任意のサービス、ソリューション、製品、その他資料または情報に関する表現、保証、もしくは権原、非侵害、満足、商品性、特定目的との適合性の条件を含みますが、それらに限定されません。マイクロソフトはいかなる場合においても、この資料に記載されているサードパーティ ソリューションの責任を負いません。

フォーラム 参照してください、 Windows Phone のフォーラム 役に立つヒントとアイデアを行います。
[xccc] 0x80072f05 0x80072F0D

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:927465 - 最終更新日: 10/19/2015 01:39:00 - リビジョン: 11.0

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft ActiveSync 4.5, Windows Phone 7 Consumer, Windows Mobile 6.5 Standard

  • kbtshoot kbprb kberrmsg kbexchmobility kbwp7sync kbwp7 kbwindowsphone7 kbmmo kbmt KB927465 KbMtja
フィードバック
/html>html>