現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Vista を Windows XP とのデュアルブート構成でインストールした後、Windows XP を起動できない

現象
Windows Vista を、Microsoft Windows XP とのデュアルブート構成でインストールした後、Windows XP を選択してコンピュータを起動しようとすると、以下のようなエラー メッセージが表示されます。
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:
C:\Windows\system32\ntoskrnl.exe.

上記のファイルをインストールし直してください。
原因
この問題は、Windows XP がインストールされているパーティションの前の未割り当てディスク領域に Windows Vista がインストールされた場合に発生します。

この場合、Windows Vista セットアップ プログラムにより、未割り当てのディスク領域に新しいパーティションが作成されます。Windows XP がインストールされているパーティションの前に新しいパーティションが作成されるため、Boot.ini で Windows XP のインストール用に指定されているパーティションが無効になります。

次のような状況を想定します。
  • Windows XP のパーティションの前に未割り当てのハード ディスク領域のあるハード ディスク (ディスク 0) があります。
  • Windows XP の Boot.ini ファイルでは、Windows XP スタートアップ ファイルの場所として disk(0)partition(1) を指定しています。
  • Windows Vista プログラムによって、上記の未割り当てのハード ディスク領域にパーティションが作成されます。
この場合、Windows XP スタートアップ ファイルは disk(0)partition(2) に置かれますが、Windows XP の Boot.ini ファイルでは、Windows XP スタートアップ ファイルの場所として disk(0)partition(1) が指定されたままです。そのため、Windows XP が正常に起動されません。
解決方法
この問題を解決するには、Windows XP の Boot.ini ファイルを編集して、適切なパーティションを指定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Vista を起動します。
  2. [スタート] ボタン[スタート] ボタンを右クリックし、[エクスプローラ] をクリックします。
  3. [整理] メニューの [フォルダと検索のオプション] をクリックします。
  4. [フォルダ オプション] ダイアログ ボックスの [表示] タブをクリックします。
  5. [詳細設定] ボックスで、[すべてのファイルとフォルダを表示する] をクリックし、[登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスおよび [保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない (推奨)] チェック ボックスをオフにし、[はい] をクリックして、オペレーティング システム ファイルを表示することを確認します。次に、[OK] をクリックします。
  6. Windows XP システム ドライブを見つけてクリックします。Windows Vista のエクスプローラでは通常、ドライブ D です。
  7. 右側のウィンドウで、[boot.ini] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  8. [boot.ini のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブをクリックし、[詳細設定] をクリックします。
  9. [所有者] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

    ユーザー アカウント制御の許可管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  10. [所有者の変更] ボックスの一覧で、エイリアスをクリックするか、デフォルトの Administrators オプションを選択した状態で、[OK] を 4 回クリックします。
  11. [boot.ini] を右クリックし、[編集] をクリックします。
  12. ARC (Advanced RISC Computing) パスを、Windows XP スタートアップ パーティションとして適切なパスに変更します。たとえば、Windows Vista セットアップ プログラムによって Windows XP がインストールされているパーティションの前の未割り当てディスク領域にパーティションが作成された場合、パーティションの値を 1 増やす必要があります。そのため、Boot.ini ファイルに記載されている Windows XP オペレーティング システムの ARC パス内に partition(1) が含まれている場合は、partition(2) を使用するように、この ARC パスを変更します。この場合の ARC パスの例を以下に示します。
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect
  13. Boot.ini ファイルへの変更を保存し、メモ帳を終了します。
詳細
ARC パスの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
102873 [NT]BOOT.INI と ARC パスの名前付け規約と使用法
155222 ARC パスを確認する方法
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
289022 Windows XP で Boot.ini ファイルを編集する方法
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314058 Windows XP 回復コンソールについて
307654 Windows XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法
プロパティ

文書番号:927817 - 最終更新日: 05/21/2007 02:44:43 - リビジョン: 2.0

  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • kbtshoot kbpending kbbug kbenv kbexpertisebeginner kbprb KB927817
フィードバック