Microsoft Dynamics CRM 3. 0 常に放置された企業の詳細レポートを並べ替えますアカウント名で別の列見出しをクリックした場合でも

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

927889
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料に記載されている修正プログラムは体字中国語版の Microsoft Dynamics CRM または日本語版の Microsoft Dynamics CRM を使用できません。
現象
Microsoft Dynamics CRM 3. 0 は、レポートに別の列見出しをクリックした場合でもアカウント名を使用して、放置された企業の詳細レポートを常に並べ替えます。
解決方法
サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Crmmsg.dll1.2.3297.12316,0882006 年月 26 日10: 18
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1331172,3362006-02-11 月18: 22
放置された取引先のアカウントの detail.rdl適用しません。89,3562006 年 11 月 04 日00: 35
Crmhotfix.cdf適用しません。1,0012006 年 11 月 6 日21: 51
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1331172,3362006-02-11 月18: 22

インストール情報

この修正プログラムには、自己解凍型のパッケージ ファイルが含まれています。 パッケージ ファイルの内容を展開すると後、次の更新のレポートを Microsoft Dynamics CRM Web クライアントをインストールする手順に従います。
  1. .rdl レポート ファイルを C ドライブのルート ディレクトリにコピーします。
  2. [ ワークプレース ] をクリックし、 レポート を実行します。
  3. [表示 項目 、ボックスの一覧 レポートの非表示 します。
  4. [表示 エンティティ 、ボックスの一覧を更新するレポートのエンティティ。 たとえば、放置された企業の詳細レポートを更新する アカウント エンティティをクリックします。
  5. レポートを更新して、[ その他の操作 ] メニュー [ レポートの編集 ] をクリックするをクリックします。
  6. レポート: Report_Name] ダイアログ ボックス、[ ファイル ]、 レポートの種類 ウィンドウ、および [ 参照 ] をクリックします。

    メモ このダイアログ ボックスの名前で Report_Name 実際のレポート名を表します。
  7. レポート手順 1 でコピーしたを選択し、[ 保存して閉じる ] をクリックします。

    メモ レポート ファイルを元に戻す、手順 2 ~ 7 を繰り返しますが、手順 7 で、元の.rdl ファイルを選択します。 既定では、元の.rdl ファイルは、次のディレクトリです。
    Files\Microsoft CRM\Reports\MSCRM

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 インストールこの修正プログラムを適用する必要があります。

再起動の要件

ダイアログ ボックスが表示されたら、この修正プログラムを適用した後は、コンピューターを再起動します。

アンインストール情報

この修正プログラムを削除するには、インストール情報」セクションを元のレポートを再インストールされて手順を実行します。
詳細
マイクロソフトのソフトウェアの更新に使用される用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:927889 - 最終更新日: 01/16/2015 15:45:48 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft CRM 3.0
  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbmbsmigrate kbhotfixserver kbmbsreports kbautohotfix kbmt KB927889 KbMtja
フィードバック