現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SSL を使用して Expression Web 内の Web サイトを暗号化する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:928705
概要
Secure Sockets Layer (SSL) を使用して Microsoft Expression Web 内の Web サイトを暗号化する方法について説明します。
詳細
Expression Web で 暗号化された接続 (SSL) を必須 オプションを使用する場合 Web サイト全体は、Secure Sockets Layer (SSL) ポートを使用して Expression Web に送信されるすべて、データを暗号化します。 このオプションを使用すると、非で保護された Web サイト内の特定のページへのリンク、SSL ポートを使用するかどうかも指定できます。 暗号化オーサリングして、暗号化参照を完了する方法について説明します。

オーサリング暗号化に対して SSL を使用します。

使用する SSL 暗号化 Expression Web での作成には、次の手順に従います。
  1. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ Web サイト ] をクリックします。
  2. Web サイト ] タブで、[使用するテンプレートをクリックします。
  3. ボックスで、 Web サイト ] ダイアログの 指定新しい Web サイトの場所 ] ボックス内に新しいサイトの種類、HTTP の場所。

    メモ また、リストからこの場所を選択または 参照 を場所を検索] をクリックできます。
  4. [印刷] をクリック、 使用して暗号化された接続 (SSL) ] チェック ボックスをオンに、[ OK] をクリック します。

    メモ ディスクベースの Web サイトを作成している場合、 暗号化された接続 (SSL) を必須 のチェック ボックスは使用できません。
FrontPage 2000 で新しい Web サイトを作成する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
198092Microsoft FrontPage 2000 で新しい Web を作成する方法
SSL 設定すると、クライアントと公開キー暗号化方式に基づいて、サーバー間の暗号化と認証済みの通信が向上します。 使用暗号化されたメッセージしてを送信、送信者、受信者の公開キー メッセージを暗号化します。 次に、受信者は、受信者の秘密キーを使用してメッセージを解読します。 受信者だけは、メッセージを解読できる秘密キーがあるためは、メッセージを解読受信者以外の人物の困難です。

信頼性を保証するには、証明書の公開キーに付属します。 証明書は、参加者の公開キーと共に、参加者のフレンドリ (人間が判読できる) の名前のダイジェストのデジタル署名です。 証明書は証明機関の秘密キーを使って暗号化されています。 確認する当事者の公開キーの信頼性には、その参加者のフレンドリ名と公開キーのダイジェストを計算だれでもことができます。 使用して証明機関の公開キー証明書を解読して結果をダイジェスト、同じことを確認します。

メモ 式の Web は Wininet.dll プログラム インターフェイスを使用して、Microsoft インターネット エクスプローラー 5 またはそれ以降のバージョンがインストールされているし、Internet Explorer 5 では、128 ビットの暗号化を使用できることができます。 40 ビット暗号化で Internet Explorer 5 がインストールされる場合 Expression Web は 40 ビット暗号化をのみ使用されます。 Internet Explorer 5 またはそれ以降のバージョンが 128 ビット暗号化インストールされている場合、Expression Web できます 128 ビット暗号化を使用します。

暗号化参照に対して SSL を使用します。

Web サイト全体の暗号化に SSL を使用するしたくない場合、完全修飾の URL を使用して、単一の Web サイト上のポートを混在させるできます。 これを行う SSL 暗号化をページの一部を検索する必要がありますがある場合。 Web サーバーは SSL 接続の独立したポートを使用します。 このポートは、URL を使用する、プロトコルによって識別されます。
  • 暗号化されていない Web サイトの http://
  • https://の暗号化された Web サイトの
ページに対して、SSL リンクを作成するには完全修飾 URL 使用します。 特定のファイルに相対 URL を使わないでください。 たとえば、相対 URL は使用できません: default.htm、完全修飾の URL を使用します。
https://example.microsoft.com/default.htm

完全修飾の URL は、SSL ポートを使用するブラウザーを強制する (通常はポート 443) 既定のポートの代わりに (通常はポート 80)。 既定のポートにリンクする SSL ポートからは、完全修飾 URL を暗号化されていないプロトコルで使用します。 たとえば、次の完全修飾 URL を使用します。
http://example.microsoft.com/default.htm
別のページに、Web サイトでページから暗号化された参照には、SSL リンクを作成するには、次の手順に従います。
  1. Expression Web で Web サイトを開くして、テキスト、ハイパーリンクを使用するを選択します。
  2. [ 挿入 ] をクリックし、 [ハイパーリンク を実行します。
  3. [ アドレス ] ボックスに、次を入力します。
    "https://"で Fully_Qualified_URL_Of_The_Linked_Page
    たとえば、次のように入力します:
    https://example.microsoft.com/default.htm
  4. [ OK] をクリックします。

リモート サイトの設定

Web サーバー上で SSL 接続を使用するには、[サーバーを構成すると認識された証明機関からの証明書を使わなければなりません。 サーバーが SSL をサポートしていない場合、[をリモート Web サイトのプロパティを設定すると、 暗号化された接続 (SSL) を必須 にするチェック ボックスのオフにします。 操作を行いますしないこの場合、フォルダーとファイルをリモート Web サイトに発行することはできません。 Web サイトが SSL をサポートしているかどうかわからない場合は、Web サーバーの管理者またはインターネット サービス プロバイダーに問い合わせてください。
関連情報
SSL に関するについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
292633ソケットのセキュリティで保護されたレイヤーを使用して FrontPage 2002 で、Web 内のページを保護する方法
205698[FP2000 方法ソケット レイヤーのセキュリティで保護されたを使用して、Web 内のページを保護するには
194072 ソケットのレイヤーをセキュリティで保護されたを使用して、Web 内のページを保護する方法を FP98:
174424ソケットのレイヤーをセキュリティで保護されたを使用して、Web 内のページを保護する方法を FP97:

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:928705 - 最終更新日: 12/08/2006 21:19:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Expression Web [1.0]

  • kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB928705 KbMtja
フィードバック
onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">