現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX チェックポイント プロセスによって生成される I/O 要求が発生する I/O のボトルネック、I/O サブシステムが SQL Server 2005 で IO 要求を維持するために十分に高速でない場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:929240
Notice
マイクロソフトでは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2005年の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。
概要
この資料では、この修正プログラムのリリースに関する次について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • Hotfixpackage を適用するための前提条件
  • Thehotfix パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があるかどうかについての情報
  • 他のすべての hotfixpackage で修正プログラム パッケージを交換するかどうかについての情報
  • Thehotfix パッケージの適用後、レジストリ変更を加える必要があるかどうかについての情報
  • Hotfixpackage に含まれるファイル
現象
SQL Server 2005 では、チェックポイント プロセスの定期的な I/O スパイクが生成されます。I/O サブシステムが I/O 要求を維持するために十分に高速ではありません、チェックポイント プロセスが実行される、I/O 要求は I/O ボトルネックをおそれがあります。
原因
この問題は、復旧間隔に基づいてダーティのバッファーをフラッシュする必要があることを決定する場合 SQL Server のチェックポイント プロセスができるだけ多くの I/O 要求を投稿するために発生します。この動作は、既定では。
解決方法
サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) がインストールされている必要があります。

SQL Server 2005 Service Pack 1 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack の入手方法

再起動に関する情報

修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はないです。

レジストリ情報

レジストリを変更する必要はありません。

修正プログラム ファイルの情報

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルのこの修正プログラムが含まれていない可能性があります。

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
SQL Server 2005 では、32 ビット版
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Databasemailengine.dll9.0.2214.075,1202007 年 1 月 16 日19:35x86
Logread.exe2005.90.2214.0400,7522007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2214.0546,1602007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.deploymentengine.dll9.0.2214.0140,6562007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.2214.01,217,9042007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2214.078,1922007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2214.0910,7042007 年 1 月 16 日19:35x86
Msasxpress.dll9.0.2214.024,9442007 年 1 月 16 日19:35x86
Msgprox.dll2005.90.2214.0200,5602007 年 1 月 16 日19:35x86
Msmdlocal.dll9.0.2214.015,645,5522007 年 1 月 16 日19:35x86
Msmdredir.dll9.0.2214.03,993,9682007 年 1 月 16 日19:35x86
Qrdrsvc.exe2005.90.2214.0369,5202007 年 1 月 16 日19:35x86
Rdistcom.dll2005.90.2214.0643,4402007 年 1 月 16 日19:35x86
Repldp.dll2005.90.2214.0187,2482007 年 1 月 16 日19:35x86
Replmerg.exe2005.90.2214.0320,8802007 年 1 月 16 日19:35x86
Replprov.dll2005.90.2214.0550,2562007 年 1 月 16 日19:35x86
Replrec.dll2005.90.2214.0784,7522007 年 1 月 16 日19:35x86
Replsub.dll2005.90.2214.0407,4082007 年 1 月 16 日19:35x86
Spresolv.dll2005.90.2214.0177,0082007 年 1 月 16 日19:36x86
Sqlaccess.dll2005.90.2214.0350,5762007 年 1 月 16 日19:36x86
Sqlagent90.exe2005.90.2214.0321,3922007 年 1 月 16 日19:36x86
Sqlservr.exe2005.90.2214.028,972,9682007 年 1 月 16 日19:36x86
Xmlsub.dll2005.90.2214.0195,4402007 年 1 月 16 日19:36x86
Xpstar90.dll2005.90.2214.0295,2802007 年 1 月 16 日19:36x86
Xpstar90.rll2005.90.2214.0155,5042007 年 1 月 16 日19:35x86
SQL Server 2005 では、64 ビット バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Databasemailengine.dll9.0.2214.075,1202007 年 1 月 17 日09:03x86
Logread.exe2005.90.2214.0525,1682007 年 1 月 17 日09:03x64
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2214.0546,1602007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2214.0546,1602007 年 1 月 17 日09:03x86
Microsoft.analysisservices.deploymentengine.dll9.0.2214.0140,6562007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.2214.01,217,9042007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2214.078,1922007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2214.094,0642007 年 1 月 17 日09:03x64
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2214.0877,9362007 年 1 月 17 日09:03x86
Msasxpress.dll9.0.2214.024,9442007 年 1 月 16 日19:35x86
Msasxpress.dll9.0.2214.030,0642007 年 1 月 17 日09:03x64
Msgprox.dll2005.90.2214.0262,0002007 年 1 月 17 日09:03x64
Msmdlocal.dll9.0.2214.015,645,5522007 年 1 月 16 日19:35x86
Msmdredir.dll9.0.2214.03,993,9682007 年 1 月 16 日19:35x86
Qrdrsvc.exe2005.90.2214.0434,0322007 年 1 月 17 日09:03x64
Rdistcom.dll2005.90.2214.0836,4642007 年 1 月 17 日09:03x64
Repldp.dll2005.90.2214.0187,2482007 年 1 月 16 日19:35x86
Repldp.dll2005.90.2214.0237,9362007 年 1 月 17 日09:03x64
Replmerg.exe2005.90.2214.0417,6482007 年 1 月 17 日09:03x64
Replprov.dll2005.90.2214.0747,8882007 年 1 月 17 日09:03x64
Replrec.dll2005.90.2214.01,011,0562007 年 1 月 17 日09:03x64
Replsub.dll2005.90.2214.0528,2402007 年 1 月 17 日09:03x64
Spresolv.dll2005.90.2214.0225,6482007 年 1 月 17 日09:03x64
Sqlaccess.dll2005.90.2214.0357,7442007 年 1 月 17 日09:03x86
Sqlagent90.exe2005.90.2214.0392,5602007 年 1 月 17 日09:03x64
Sqlservr.exe2005.90.2214.039,386,9922007 年 1 月 17 日09:03x64
Xmlsub.dll2005.90.2214.0319,8562007 年 1 月 17 日09:03x64
Xpstar90.dll2005.90.2214.0543,6002007 年 1 月 17 日09:03x64
Xpstar90.rll2005.90.2214.0156,0162007 年 1 月 17 日09:03x64
SQL Server 2005 を Itanium アーキテクチャのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Databasemailengine.dll9.0.2214.075,1202007 年 1 月 18 日13:41x86
Logread.exe2005.90.2214.01,098,0962007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2214.0546,1602007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2214.0546,1602007 年 1 月 18 日13:41x86
Microsoft.analysisservices.deploymentengine.dll9.0.2214.0140,6562007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.2214.01,217,9042007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2214.078,1922007 年 1 月 16 日19:35x86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2214.0165,7442007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2214.0877,9362007 年 1 月 18 日13:41x86
Msasxpress.dll9.0.2214.024,9442007 年 1 月 16 日19:35x86
Msasxpress.dll9.0.2214.057,7122007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Msgprox.dll2005.90.2214.0545,1362007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Msmdlocal.dll9.0.2214.048,717,1682007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Msmdredir.dll9.0.2214.06,249,3282007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Qrdrsvc.exe2005.90.2214.0943,9842007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Rdistcom.dll2005.90.2214.01,884,0162007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Repldp.dll2005.90.2214.0187,2482007 年 1 月 16 日19:35x86
Repldp.dll2005.90.2214.0511,3442007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Replmerg.exe2005.90.2214.0957,2962007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Replprov.dll2005.90.2214.01,619,8242007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Replrec.dll2005.90.2214.02,144,1122007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Replsub.dll2005.90.2214.01,159,5362007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Spresolv.dll2005.90.2214.0498,0322007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Sqlaccess.dll2005.90.2214.0352,1122007 年 1 月 18 日13:41x86
Sqlagent90.exe2005.90.2214.01,143,6642007 年 1 月 18 日13:41IA-64
Sqlservr.exe2005.90.2214.072,250,2242007 年 1 月 18 日13:42IA-64
Xmlsub.dll2005.90.2214.0593,2642007 年 1 月 18 日13:42IA-64
Xpstar90.dll2005.90.2214.0953,7122007 年 1 月 18 日13:42IA-64
Xpstar90.rll2005.90.2214.0154,9922007 年 1 月 18 日13:41IA-64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この修正プログラムを使用して、1 秒あたりのチェックポイント I/O 要求の数を制限するに使用する必要があります、 -kDecimalNumber SQL Server 2005 の起動時のパラメーターです。この起動時のパラメーターで DecimalNumber mb 単位で 1 秒あたりのチェックポイント速度を表します。

注: <b>既定では、チェックポイント処理により SQL Server が指定した復旧間隔内でデータベースを復旧できます。この修正プログラムを有効にした場合の既定の動作を変更します。したがって、パラメーターの非常に低い値を指定する場合は、長い回復時間が発生する可能性があります。さらに、バックアップもバックアップを開始するチェックポイント プロセスが遅れるため、少し時間がかかります。I/O のボトルネックを解決する次のメソッドを使用することをお勧めします。
  • SQL Server によってポストされる I/O 要求を維持するために十分なハードウェアがあります。
  • アプリケーションのための十分な調整を実行します。
この修正プログラムを有効にする必要は、実稼動サーバーにこの修正プログラムを適用する前に、十分なテストを実行することを確認します。

使用する SQL Server 2005 を構成するのには、 -kDecimalNumber 起動時のパラメーターで、次の手順に従います
  1. SQL Server 構成マネージャーを起動します。
  2. SQL Server 構成マネージャーは、 SQL Server 2005 のサービス] をクリックして、SQL Server 2005 のインスタンスを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。たとえば、 SQL Server (MSSQLSERVER)を右クリックします。
  3. SQL Server (MSSQLSERVER) のプロパティ] ダイアログ ボックスで [詳細設定] をクリックし、[スタートアップ パラメーター] をクリックします。
  4. 既存のテキストの末尾には、次のように入力します。 -kDecimalNumber [] 列で、[ OK] をクリックします。

    のみ 3 MB の 1 秒あたりの I/O 要求を生成するチェックポイント プロセスを調整する場合は、の起動時のパラメーターを使用するたとえば、 – k3。これを行うと、チェックポイント プロセスは、1 秒あたり 3 MB の I/O 要求を維持するには、自動的に間隔を計算します。
  5. パラメーターを有効にする SQL Server を再起動します。
この修正プログラムは SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) にも含まれます。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
935356 SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) があります。
関連情報
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:929240 - 最終更新日: 01/01/2016 02:28:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition

  • kbautohotfix kbsql2005engine kbhotfixserver kbqfe kbmt KB929240 KbMtja
フィードバック
r m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">