現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 で複数のディスクを使用するとディスク パフォーマンスが予想より低下することがある

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP、および Microsoft Windows 2000 で複数のディスクを使用すると、ディスク パフォーマンスが予想より低下することがあります。たとえば、ハードウェア ベースの RAID (Redundant Array of Independent Disks) またはソフトウェア ベースの RAID を使用すると、パフォーマンスが低下することがあります。
原因
この問題は、パーティションの開始位置が、RAID 上に作成されているディスク パーティションのストライプ ユニット境界に整列していない場合に発生することがあります。

ボリューム クラスタがストライプ ユニット境界に隣接して作成されるのではなく、ストライプ ユニット境界をまたがって作成されることがあります。これは、Windows では、512 バイトを 1 単位としてボリューム クラスタが作成されるためです。この動作によって、パーティションの開始位置がずれます。開始位置がずれたパーティションでは、1 つのボリューム クラスタを更新するときに 2 つのディスク グループへのアクセスが行われます。

: 1 つのディスクは現在 512 バイトのセクタを使用しているため、この問題はディスクが 1 つの場合には影響しません。512 バイトは、Windows で使用できる記憶域の最小単位です。

Windows では、あらかじめ定義されたセクタ数に基づいてパーティションが作成されます。Windows Server 2003 でのディスク パーティションの開始位置は、大容量記憶域コントローラによってオペレーティング システムに提供される情報に応じて、32 番目か 64 番目のセクタになります。

: ディスク パーティションの先頭セクタは、コードおよびパーティション情報 (セクタ数や開始セクタなど) 用に常に予約されています。パーティションの実際のデータ部分は、パーティションの 2 番目のセクタ以降になります。
解決方法
この問題を解決するには、Diskpart.exe ツールを使用してディスク パーティションを作成し、開始オフセットに 2,048 セクタ (1 MB) を指定します。開始オフセットが 2,048 セクタの場合、ストライプ ユニットのサイズに関するほとんどの状況に対応できます。

既存のパーティションが境界に整列していることを確認するには、「詳細」で説明されている計算を行います。

オフセットが 2,048 セクタの RAID 上のディスク パーティションを境界に整列させるには、以下の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで diskpart と入力し、Enter キーを押します。
  2. DISKPART プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    • list disk

      : 以下のような出力が表示されます。
      Disk ###  Status      Size     Free     Dyn  Gpt  --------  ----------  -------  -------  ---  ---  Disk 0    オンライン      37 GB  8033 KB  Disk 1    オンライン      17 GB  8033 KB  Disk 2    オンライン      17 GB      0 B  Disk 3    オンライン      17 GB   148 MB   *  Disk 4    オンライン      17 GB     8 MB   *  Disk 5    オンライン      17 GB     8 MB   *  Disk 6    オンライン      17 GB     8 MB   *  Disk 7    オンライン      17 GB     8 MB   *  Disk 8    オンライン      17 GB   435 KB   *  Disk 9    オンライン      17 GB     8 MB   *  Disk 10   オンライン      17 GB  8033 KB
      list disk コマンドは、コンピュータに搭載されている各ディスクの概要情報を出力します。アスタリスク (*) 記号が表示されているディスクが、現在フォーカスのあるディスクです。固定ディスクおよびリムーバブル ディスクのみが一覧に表示されます。固定ディスクには、IDE (Integrated Device Electronics) ディスクや SCSI ディスクなどがあります。リムーバブル ディスクには、1394 ディスクや USB ディスクなどがあります。
    • select disk

      select disk コマンドを使用して、指定した Microsoft Windows NT ディスク番号のディスクにフォーカスを設定します。ディスク番号を指定しない場合、現在フォーカスがあるディスクが表示されます。
    • create partition primary align=1024

      • このコマンドを入力すると、以下のようなメッセージが表示されることがあります。
        DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。
      • align= number パラメータは、論理ユニットがシリンダ単位に整列していない場合のパフォーマンスを向上させるために、通常、ハードウェア RAID の論理ユニット番号 (LUN) を指定して使用します。このパラメータは、ディスクの先頭でシリンダ単位に整列していないプライマリ パーティションを整列させ、オフセットを最も近いアライメント境界に丸めます。
      • number は、ディスクの先頭から最も近いアライメント境界までの KB 数です。プライマリ パーティションがディスクの先頭にない場合、このコマンドは失敗します。offset =number オプションを指定してこのコマンドを使用すると、オフセットは、ディスク上で使用可能な最初のシリンダ内に含まれます。
    • exit
  3. exit と入力し、Enter キーを押します。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。diskmgmt.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  5. ディスクの管理 Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、新しく作成したパーティションを見つけ、ドライブ文字を割り当てます。
  6. NTFS ファイル システムを使用して新しいパーティションをフォーマットし、クラスタ サイズを割り当てます。
: この手順例は、RAID グループごとに 1 つのパーティションがある場合の手順です。

RAID グループごとに複数のパーティションがある場合のアライメントの詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
923076 Windows Server 2003 用の更新版のディスク パーティション ツールについて
詳細
既存のパーティションの開始位置が境界に整列していることを確認するには、ストライプ ユニットのサイズを RAID ディスク グループの開始オフセットで除算します。以下の構文を使用します。
((パーティションのオフセット) * (ディスク セクタのサイズ)) / (ストライプ ユニットのサイズ)
: ディスク セクタのサイズおよびストライプ ユニットのサイズは、バイト単位または KB 単位である必要があります。

ストライプ ユニットのサイズが 256 KB の場合のアライメントの計算例 (バイト単位) :
(63 * 512) / 262144 = 0.123046875
(64 * 512) / 262144 = 0.125
(128 * 512) / 262144 = 0.25
(256 * 512) / 262144 = 0.5
(512 * 512) / 262144 = 1
ストライプ ユニットのサイズが 256 KB の場合のアライメントの計算例 (KB 単位) :
(63 * .5) / 256 = 0.123046875
(64 * .5) / 256 = 0.125
(128 * .5) / 256 = 0.25
(256 * .5) / 256 = 0.5
(512 * .5) / 256 = 1
上記の例は、512 セクタのオフセット (セクタあたり 512 バイト) でパーティションが作成されない限り、ストライプ ユニットのサイズが 256 KB の場合にパーティションの開始位置が境界に正しく整列しないことを示しています。

: アレイ グループのディスク数は、パーティションのアライメントに影響しません。パーティションのアライメントに影響する要因は、ストライプ ユニットのサイズと、パーティションの開始オフセットです。
関連情報
Diskpart.exe ツールの詳細を参照するには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:929491 - 最終更新日: 12/19/2007 04:05:00 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced KB929491
フィードバック
+ (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");