IPv6 または Windows のコンポーネントを無効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:929852
重要: インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) は、Windows Vista の必須の部分は、それ以降のバージョンの Windows です。IPv6 またはそのコンポーネントを無効にすることはお勧めしません。Windows コンポーネントの一部が機能しない可能性があります。さらに、IPv6 が無効の場合ないで正しく、DisabledComponentsレジストリ設定を0 xfffffffの値に設定は、システムの起動を 5 秒間延期されます。正しい値は、 0 xffで必要があります。詳細については、「IPv6 を無効にする方法マイクロソフトの推奨事項は何か」の質問を参照してください。 Microsoft Windows の IPv6: よく寄せられる質問.
自動的に無効にするか、IPv6 またはそのコンポーネントを再度有効にします。
実行する手順については、[ダウンロード] ボタンをクリックします。[実行] または [開いているファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスをオンにし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。

IPv6 を無効にします。 プレフィックス ポリシーで IPv6 上で IPv4 を使用します。すべての nontunnel インタ フェースの IPv6 を無効にします。 トンネルのすべてのインタ フェース上で IPv6 を無効にします。 (ループバック) を除く、nontunnel のインタ フェースの IPv6 トンネル インターフェイスの IPv6 を無効にします。

IPv6 を再度有効にします。 プレフィックス ポリシーでは ipv4 より IPv6 が望ましいNontunnel のすべてのインタ フェース上で IPv6 を再度有効にします。 トンネルのすべてのインタ フェース上で IPv6 を再度有効にします。 ノントンネル インターフェイスと IPv6 トンネル インターフェイスの IPv6 を再度有効にします。

ウィザードのメモ
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Easy Fix ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。
詳細
参照してください。 KB3014406 Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 で IPv6 を無効にした後、スタートアップの遅延が発生した場合
手動で無効にするか、IPv6 またはそのコンポーネントを再度有効にします。
IPv6 を無効にします。
DisabledComponentsレジストリ値を使用してホスト コンピューターで IPv6 を無効にできます。DisabledComponentsレジストリ値は、ホスト上のすべてのネットワーク インターフェイスに影響します。

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

特定の IPv6 コンポーネントを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックしての種類 regedit 検索の開始 ] ボックスをクリックregedit.exe で、プログラム リストです。
  2. ユーザー アカウント制御 ] ダイアログ ボックスで、[続行] をクリックします。
  3. レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを探してクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\
  4. ダブルクリックDisabledComponents を変更するのには、 DisabledComponents のエントリです。

    場合、 DisabledComponents のエントリでは、それを作成する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. を編集 ] メニューの [新規作成] をポイントし、 DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
    2. タイプ DisabledComponents、し、Enter キーを押します。
    3. DisabledComponentsをダブルクリックします。
  5. 目的の状態では、IPv6 プロトコルを構成する値のデータフィールドに入力する値は次のいずれかとし、[ OK] をクリックします。
    1. タイプ 0 すべての IPv6 コンポーネント (Windows の既定の設定) を再度有効にします。
    2. タイプ 0 xff IPv6 ループバック インターフェイス以外のすべての IPv6 コンポーネントを無効にするには。この値には、IPv6 上で IPv4 を使用するプレフィックス ポリシー テーブルのエントリを変更することで使用する Windows が構成されます。詳細については、 ソースおよび宛先アドレス選択.
    3. タイプ 0x20 プレフィックス ポリシー テーブルのエントリを変更することによって、IPv6 上で IPv4 を好む。
    4. タイプ 0x10 (LAN およびポイント ツー ポイント プロトコル [PPP] の両方のインターフェイス) すべての nontunnel インタ フェースの IPv6 を無効にします。
    5. タイプ 0x01 トンネルのすべてのインタ フェース上で IPv6 を無効にするには。サイト内自動トンネル アドレス プロトコル (ISATAP)、6to4、Teredo が含まれます。
    6. タイプ 0x11 IPv6 ループバック インターフェイス以外のすべての IPv6 インターフェイスを無効にするには。
DisabledComponentsレジストリ値を使用すると、IPv6 が無効になっているかどうかを確認します。これを行うには、Windows コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
reg query HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters /v DisabledComponents
これを行うと、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
エラー: システムでは、指定したレジストリ キーまたは値を検索できませんでした。
このエラー メッセージが表示されたら、 DisabledComponentsレジストリ値が設定されていません。DisabledComponents値を設定すると、接続のプロパティの設定を上書きします。


特定のネットワーク アダプターの IPv6 を無効にします。
ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、アダプターのバインドを解除して、これを行うことができます。
  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [ネットワークと共有センター] をクリックします。
  3. 、アクティブなネットワークを表示 ] 領域を選択し、 [ローカル エリア接続] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [ネットワーク] タブで、[インターネット プロトコル バージョン 6 (Tcp/ipv6) ] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

インターネット プロトコル バージョン 6 (Tcp/ipv6) ] チェック ボックスは、特定のネットワーク アダプターのみに影響し、選択したネットワーク アダプターの IPv6 のバインドが解除されます。ホストで IPv6 を無効にするのには、 DisabledComponentsレジストリ値を使用します。DisabledComponentsレジストリ値は、チェック ボックスの状態には影響しません。したがって、 DisabledComponentsのレジストリ キーは、IPv6 を無効に設定されている場合でもインターフェイスごとに、[ネットワーク] タブのチェック ボックスはチェックもできます。これは、予想される動作です。


プレフィックス ポリシーでは ipv4 より IPv6 が望ましい
  1. DisabledComponents の現在の値のデータを検索します。
  2. データをバイナリ データに変更します。32 ビットのバイナリ値があります。
  3. データの 6 番目のビットを検索し、0 に設定し、します。その他の任意のビットは変更されません。たとえば、現在のデータが 11111111111111111111111111111111 である場合は、新しいデータする必要があります 11111111111111111111111111011111。
  4. データをバイナリから 16 進数に変更します。
  5. 新しい値のデータと DisabledComponents の 16 進数の値を設定します。


Nontunnel のすべてのインタ フェース上で IPv6 を再度有効にします。
  1. DisabledComponents の現在の値のデータを検索します。
  2. データをバイナリ データに変更します。32 ビットのバイナリ値があります。
  3. データの 5 番目のビットを検索して、0 に設定します。その他の任意のビットは変更されません。たとえば、ソース データが 11111111111111111111111111111111 である場合は、新しいデータする必要があります 11111111111111111111111111101111年です。
  4. データをバイナリから 16 進数に変更します。
  5. 新しい値のデータと DisabledComponents の 16 進数の値を設定します。


トンネルのすべてのインタ フェース上で IPv6 を再度有効にします。
  1. DisabledComponents の現在の値のデータを検索します。
  2. データをバイナリ データに変更します。32 ビットのバイナリ値があります。
  3. データの最初のビットを検索して、0 に設定します。その他の任意のビットは変更されません。たとえば、ソース データが 11111111111111111111111111111111 である場合は、新しいデータする必要があります 11111111111111111111111111111110です。
  4. データをバイナリから 16 進数に変更します。
  5. 新しい値のデータと DisabledComponents の 16 進数の値を設定します。


IPv6 ループバック インターフェイス以外のすべての IPv6 インターフェイスを再度有効にします。
  1. DisabledComponents の現在の値のデータを検索します。
  2. データをバイナリ データに変更します。32 ビットのバイナリ値があります。
  3. データの最初のビットと、データの 5 番目のビットを検索し、両方に設定 0.その他の任意のビットを触れないでください。たとえば、現在のデータが 11111111111111111111111111111111 である場合は、新しいデータがあります 11111111111111111111111111101110
  4. データをバイナリから 16 進数に変更します。
  5. 新しい値のデータと DisabledComponents の 16 進数の値を設定します。
注:
  • 管理者は、グループ ポリシーの設定の手順 5 での設定を公開する .admx ファイルを作成する必要があります。
  • これらの変更を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。
  • 0x0 または 0x20 以外の値は、この変更は有効にした後にエラーが発生するルーティングとリモート アクセス サービスです。

6to4 トンネリング プロトコルの詳細
既定では、Windows 7 では、6to4 トンネリング プロトコルが有効になっている、Windows Vista、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2008 とのインターフェイスは、パブリック IPv4 アドレス (つまり、範囲 10.0.0.0/8、172.16.0.0/12、または 192.168.0.0/16 に含まれていない IPv4 アドレス) を割り当てられています。6to4 トンネリングが割り当てられている、このような各アドレスのインターフェイスに 6to4 IPv6 アドレスを自動的に割り当てられます、6to4 は、割り当てられた DNS サーバーの IPv6 アドレスを動的に登録されます。この動作が望ましくない場合は、影響を受けるホスト上での IPv6 トンネル インターフェイスを無効にすることをお勧めします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:929852 - 最終更新日: 09/18/2016 02:37:00 - リビジョン: 28.0

Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 for Embedded Systems, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 10, Windows 10 Enterprise, released in July 2015, Windows 10 Pro, released in July 2015, Windows 10 Version 1511, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Starter

  • kbnetwork kbregistry kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbfixme kbmsifixme kbconsumer kbquadranttechsupp kbmt KB929852 KbMtja
フィードバック