現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP ベースのコンピュータで JScript スクリプトを使用する Web ページを表示すると、Internet Explorer 6 でメモリ リークが発生する

現象
Microsoft Windows XP ベースのコンピュータで Microsoft Internet Explorer 6 を使用して、JScript スクリプト コードを使用する Web ページを表示すると、Internet Explorer でメモリ リークが発生します。他の Web ページに移動しても、リークされたメモリは解放されません。
原因
この問題は、Web ページ上で実行される JScript スクリプト コードで循環参照が作成されることが原因で発生します。また、この問題は Web ページ上で実行される JScript スクリプト コードで Closure が使用された場合にも発生することがあります。
解決方法

セキュリティ更新プログラムの情報

この問題を解決するには、Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。インストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムに関する技術情報の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
: この更新プログラムは、セキュリティ更新プログラム 933566 (MS07-033) 以降に含まれています。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
933566 [MS07-033] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
関連情報
Web ページを表示するときに発生するメモリ リークの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
830555 HTML ページで DOM オブジェクトへの循環参照によりメモリ リークが発生する

Internet Explorer のメモリ リーク パターンの詳細については、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:929874 - 最終更新日: 05/18/2011 15:23:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Internet Explorer 6.0
  • kbwinxppresp3fix kbwinxpsp3fix kbfix kbbug kbqfe KB929874
フィードバック