いくつかアプリケーションを特定のドライブ文字のシーケンスに失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:930995
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft SoftGrid Sequencer によるシーケンスは一部のプログラムの操作を行いますを特定のドライブ文字シーケンスされません。 マイクロソフトのプログラムとサードパーティ製のプログラムはこの問題で受けます。
原因
この問題はシーケンス処理の解析と大文字と小文字を区別するレジストリ キー、% SFT_MNT % 変数を使用して特定のドライブ文字の情報を交換できる予期しない動作のために発生する可能性があります。
回避策
この問題を回避するには、いずれか、次の方法の使用します。

方法 1

問題の原因となっているドライブ文字を他のドライブの文字にシーケンスするアプリケーションを構成します。

方法 2

この問題原因となっているドライブ文字のシーケンスにアプリケーションを構成します。 ただし、移動、パッケージのルート ディレクトリを 1 つのディレクトリ レベル、ディレクトリの現在のレベルより深い。

たとえば、この問題が発生、パッケージのルート ディレクトリがドライブ O: 次のパスを持つ場合
O:\msoffice.v1
代わりに、次パスに、パッケージのルート ディレクトリを移動します。
"O:\SoftGrid\msoffice.v1
ディレクトリを移動すると後、でも"msoffice.v1"、パッケージのルート ディレクトリとして選択するとします。
メモ この変更は、O:\SoftGrid\msoffice.v1 のハード コーディングされたパスを使用するファイルの順序を保存する前に、O:\msoffice.v1 のパスを使用に変更されます手動で必要です。 これらのファイルは、このような拡張子.cfg、.config、および.ini を含めます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:930995 - 最終更新日: 01/15/2015 08:37:55 - リビジョン: 2.0

Microsoft SoftGrid for Terminal Services, Microsoft SoftGrid for Windows Desktops

  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB930995 KbMtja
フィードバック