Windows Vista をインストールするのには、CDFS ベースのイメージ ファイルを使用してコンピューターを起動できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:931708
現象
Windows Vista のインストールを開始するのには、コンパクト ディスク ファイル システム CDFS ベースの Windows プレインストール環境 (Windows PE) イメージを作成します。ただし、このイメージを使用してコンピューターを起動しようとすると、コンピューターは起動しません。そのため、Windows Vista をインストールするのにはこのイメージを使用できません。

イメージ ファイルを作成するのには、ツール以外のツールは、次のいずれかを使用する場合この問題が発生します。
  • OSCDimg.exe
  • CDimage.exe
原因
この問題が発生するため、ETFSBOOT。COM プログラムには、国際標準化機構 (ISO) 9660 仕様に従ってファイルのバージョンを処理しません。

メモ ETFSBOOT。COM プログラム CD のブートセクターを作成します。

ISO 9660 仕様ファイル レコードの名前の後にファイルのバージョンが、ファイル名に含める必要があることを指示します。また、仕様、ファイル名とファイルのバージョンは、セミコロンで区切る必要があることを指示します。たとえば、次のファイルのレコードは有効です。
ファイル名です。 1
Windows PE のファイル システム ドライバー ファイルのバージョンは、オプションとして処理します。ただし、ETFSBOOT。COM プログラム ファイルのバージョンを使用する場合は、Setupldr.bin/Bootmgr ファイルが見つかりません。

メモ CDimage.exe プログラムはファイルのレコードにファイル名にファイルのバージョンを追加しません。

したがって、CDF のイメージファイルを作成するのには、CDimage.exe または OSCDimg.exe 以外のプログラムを使用すると、コンピューターがイメージから起動しません。
回避策
この問題を回避するには、イメージ ファイルを作成するのには、ユニバーサル ディスク ファイル システム (UDF) を使用します。UDF ファイルのレコードにファイル名と一緒にファイル バージョンを使用しません。

メモ CDFS ベース イメージを作成すると、ファイルのバージョンを指定しません。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
CD イメージを作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

Savybės

Straipsnio ID: 931708 – Paskutinė peržiūra: 08/09/2011 13:33:00 – Peržiūra: 3.0

  • kbtshoot kbbug kbprb kbpending kbdeployment kbexpertiseinter kbmt KB931708 KbMtja
Atsiliepimai