Excel 2003 またはそれ以前のバージョンで作成したファイルを Excel 2007 または Excel 2010 で開き テキスト ボックス内を編集しようとするとカーソルが反対に移動する

現象
Microsoft Office Excel 2003 またはそれ以前のバージョンで作成した Excel ファイルにテキスト ボックスが含まれる場合、そのファイルを Excel 2007 または Excel 2010 で開き、テキスト ボックス内を編集するためにキーボードのカーソル キーでカーソルを移動すると、入力したキーと反対方向にカーソルが移動します。この現象は、Excel 2007 または Excel 2010 で新規に作成したファイルでは発生しません。
解決方法
この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を実行してください。

方法 1 : 更新プログラム、または最新の Service Pack を適用する

更新プログラムを適用するには、以下のサポート技術情報を参照してください。

935516 Excel 2007 更新プログラム (2007 年 4 月 8 日) について
また、この更新プログラムは Office 2007 Service Pack 1 または 最新の Service Pack にも含まれています。

最新の Service Pack を入手するには、以下のサポート技術情報を参照してください。
949585 2007 Office スイートの最新の Service Pack を入手する方法

方法 2 :
文字列の方向を変更する

テキスト ボックスの内部属性として文字の方向が [右から左] に設定されていると、更新プログラムを適用しても回避できません。現象が発生するテキスト ボックスで文字列の方向を変更してください。

Excel 2003 の場合 :
  1. テキストボックスの枠線の上で右クリックし、[テキストボックスの書式設定] をクリックします。
  2. [テキストボックスの書式設定] の [配置] タブで [文字の方向] を [左から右] に設定します。
  3. ファイルを上書き保存します。
Excel 2007 または Excel 2010 の場合 :

ここでは Excel 2007 の手順について説明します。
  1. Excel 2007 を起動します。
  2. Office ボタン をクリックして [Excel のオプション] をクリックします。
  3. 左側のペインで [基本設定] をクリックし、右側のウィンドウで [言語設定] ボタンをクリックします。
  4. [Microsoft Office 2007 言語設定] の [編集言語] タブで、[選択可能な編集言語] から右から左に記述する言語をクリックします。例えば [アラビア語 (エジプト)] をクリックし、[追加] ボタンをクリックします。
  5. [有効となっている編集言語] の一覧に [アラビア語 (エジプト)] が追加されていることを確認します。
  6. [Microsoft Office 2007 言語設定] を [OK] ボタンをクリックして閉じます。
  7. [Excel のオプション] を [OK] ボタンをクリックして閉じます。
  8. 現象が発生するファイルを開きます。
  9. [ホーム] タブの [配置] グループに [文字列の方向] ボタンが追加されます。
  10. 問題が発生する図形をクリックし、[文字列の方向] ボタン右側の下向き矢印をクリックして、[右から左] に設定されている場合は [左から右] に変更します。

    右から左に記述する言語については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    右から左に記述する言語に関連した機能
    http://office.microsoft.com/ja-jp/help/HA010351021.aspx
プロパティ

文書番号:932099 - 最終更新日: 10/17/2016 16:12:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010

  • kbharmony kbbug kbexpertisebeginner kbtshoot KB932099
フィードバック