現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office IME で漢字変換候補が出ないため漢字変換できない場合の対処方法

はじめに
Microsoft Office 2007 または Microsoft Office 2010 をインストールしているコンピューターで、既定の日本語入力システム (IME) に Microsoft Office IME を使用して文字を入力する際、変換候補の一覧にひらがなやカタカナのみが表示されて、漢字の変換候補が出ないため、漢字変換できない場合があります。この資料では、この問題を回避する方法を説明します。

: この資料では、「Office IME の変換候補一覧に漢字を含む候補が表示されないため、漢字変換できない」問題の回避策について説明しています。文字入力に関するその他の問題については、初心者でもわかる! 「文字入力や変換ができない」をズバリ解決を参照してください。

この問題を回避するには、 下記の回避策を順に実行してください。

回避策 1 : Office IME プロパティの設定を既定値に戻す
回避策 2 : Office IME の学習情報を消去する
回避策 3 : Office IME のユーザー辞書を再構築する
回避策 4 : Office IME の設定が保存されているファイルをすべて削除する

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。
Office IME で漢字変換候補が出ないため漢字変換できない時の回避策

回避策 1 : Office IME プロパティの設定を既定値に戻す

  1. 言語バーの [ツール] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。

    言語バーの [ツール] をクリックし、[プロパティ] をクリック

  2. [Microsoft Office IME 2007 のプロパティ] または [Microsoft Office IME 2010 のプロパティ] ダイアログ ボックスで [その他] タブをクリックし、[プロパティの設定を既定値に戻す] ボタンをクリックします。

    Microsoft Office IME 2007 のプロパティ
    IME 2007 のプロパティで、[その他] タブをクリックし [プロパティの設定を既定値に戻す] をクリック

    Microsoft Office IME 2010 のプロパティ
    IME 2010 のプロパティで、[その他] タブをクリックし [プロパティの設定を既定値に戻す] をクリック
  3. 次のメッセージが表示されたら、[はい] ボタンをクリックします。

    (Office IME 2007 の場合)
    この機能を実行すると Microsoft IME の設定がすべて標準状態に戻ります。実行しますか?

    (Office IME 2010 の場合)
    この機能を実行すると Microsoft IME 2010 の設定がすべて標準状態に戻ります。実行しますか?
  4. 次のメッセージが表示されたら、[はい] ボタンをクリックします。

    この操作はキャンセルできません。実行しますか?
  5. Office IME で文字を入力し、変換候補一覧に漢字を含む候補が現れるかどうかを確認します。

    問題が解決しない場合は、回避策 2 を実行してください。

回避策 2 : Office IME の学習情報を消去する

  1. Office IME ツール バーの [ツール] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。

    言語バーの [ツール] をクリックし、[プロパティ] をクリック

  2. [辞書/学習] タブをクリックし、[学習情報の消去] をクリックします。

    Microsoft Office IME 2007 のプロパティ
    IME 2007 のプロパティで、[辞書/学習] タブをクリックし [学習情報の消去] をクリック

    Microsoft Office IME 2010 のプロパティ

  3. 次のメッセージが表示されたら、[はい] ボタンをクリックします。

    この機能を実行すると、今までの学習情報がすべて消去されます。実行しますか?
  4. [OK] をクリックして、[Microsoft Office IME 2007 のプロパティ] または [Microsoft Office IME 2010 のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  5. Office IME で文字を入力し、変換候補一覧に漢字を含む候補が現れるかどうかを確認します。

    問題が解決しない場合は、回避策 3 を実行してください。

回避策 3 : Office IME のユーザー辞書を再構築する

  1. 言語バーの [ツール] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。

    言語バーの [ツール] をクリックし、[プロパティ] をクリック

  2. プロパティのダイアログ ボックスで [辞書/学習] タブをクリックし、[参照] ボタンをクリックします。

    Microsoft Office IME 2007 のプロパティ
    IME 2007 のプロパティで、[辞書/学習] タブをクリックし [参照] をクリック

    Microsoft Office IME 2010 のプロパティ
    IME 2010 のプロパティで、[辞書/学習] タブをクリックし [参照] をクリック
  3. [ユーザー辞書の設定] ダイアログ ボックスの [ファイル名] で任意のファイル名を入力し、[開く] ボタンをクリックします。

    Office IME 2007 の場合
    ここでは例として、ファイル名に imjp12cu_NEW と入力します。
    IME 2007 の [ユーザー辞書の設定] の [ファイル名] に任意の名前を入力し、[開く] をクリック

    Office IME 2010 の場合
    ここでは例として、ファイル名に imjp14cu_NEW と入力します。
    IME 2010 の [ユーザー辞書の設定] の [ファイル名] に任意の名前を入力し、[開く] をクリック
  4. [OK] をクリックし、開いているダイアログ ボックスをすべて閉じます。
  5. Office IME で文字を入力し、変換候補一覧に漢字を含む候補が現れるかどうかを確認します。

    問題が解決しない場合は、回避策 4 を実行してください。

回避策 4 : Office IME の設定が保存されているファイルをすべて削除する

注 : この手順には、コンピューターの再起動が含まれます。この資料を印刷して手元に置いておくと便利です。
  1. IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリックします。

    IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリック

  2. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [全般] タブ画面で [追加] ボタンをクリックします。

    [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [全般] タブ画面で [追加] ボタンをクリック

  3. [入力言語の追加] ダイアログ ボックスで [日本語 (日本)] をクリックして、[キーボード] から [Microsoft IME] のチェック ボックスをオンにします。 次に [OK] をクリックします。

    [入力言語の追加] ダイアログ ボックスで [日本語 (日本)] をクリックして、[キーボード] にある [Microsoft IME] のチェック ボックスをオンにして [OK] をクリック

  4. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [既定の言語] ドロップダウン リストから [日本語 (日本) – Microsoft IME] をクリックして選択し、[OK] をクリックします。

    [テキスト サービスと入力言語] の [全般] タブ画面で [既定の言語] リストから [日本語 (日本) – Microsoft IME] を選択して [OK] をクリック

  5. コンピューターを再起動します。
  6. Office IME 2007 または Office IME 2010 の設定が保存されているファイルをすべて削除します。これにより、ユーザー辞書や学習情報がすべて削除されます。

    Windows Vista または Windows 7 上の Office IME 2007 の場合: 以下のフォルダー内のファイルをすべて削除します。
    • C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft\IME12\IMEJP\Cache
    • C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft\IME12\IMEJP\Dicts
    • C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft\IMJP12
    • C:\Users\UserName\AppData\LocalLow\Microsoft\IMJP12
    • C:\Users\UserName\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP12
    Windows Vista または Windows 7 上の Office IME 2010 の場合: 以下のフォルダー内のファイルをすべて削除します。
    • C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft\IME14\IMEJP\Cache
    • C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft\IME14\IMEJP\Dicts
    • C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft\IMJP14
    • C:\Users\UserName\AppData\LocalLow\Microsoft\IMJP14
    • C:\Users\UserName\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP14


    : 上記フォルダーは隠しフォルダー内に存在しているため、削除を行うには次の手順に従ってあらかじめ [フォルダ オプション] で [すべてのファイルとフォルダを表示する] オプションをオンに設定しておく必要があります。
    1. [スタート] ボタン をクリックし、[コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ]、[フォルダ オプション] の順にクリックします。
    2. [表示] タブの [詳細設定] で、[すべてのファイルとフォルダを表示する]、[OK] の順にクリックします。

      [フォルダ オプション] の [表示] タブ画面で [すべてのファイルとフォルダを表示する] を選択して [OK] をクリック (Windows Vista)



    Windows XP 上の Office IME 2007 場合 : 以下のフォルダ内のファイルをすべて削除します。
    • C:\Documents and Settings\UserName\Local Settings\Application Data\Microsoft\IME12\IMEJP\Cache
    • C:\Documents and Settings\UserName\Local Settings\Application Data\Microsoft\IME12\IMEJP\Dicts
    • C:\Documents and Settings\UserName\Application Data\Microsoft\IMJP12
    Windows XP 上の Office IME 2010 場合 : 以下のフォルダ内のファイルをすべて削除します。
    • C:\Documents and Settings\UserName\Local Settings\Application Data\Microsoft\IME14\IMEJP\Cache
    • C:\Documents and Settings\UserName\Local Settings\Application Data\Microsoft\IME14\IMEJP\Dicts
    • C:\Documents and Settings\UserName\Application Data\Microsoft\IMJP14


    : 上記フォルダーは隠しフォルダー内に存在しているため、削除を行うには次の手順に従ってあらかじめ [フォルダ オプション] で [すべてのファイルとフォルダを表示する] オプションをオンに設定しておく必要があります。
    1. [スタート] ボタン をクリックし、[コントロール パネル]、[デスクトップの表示とテーマ]、[フォルダ オプション] の順にクリックします。
    2. [表示] タブの [詳細設定] で、[すべてのファイルとフォルダを表示する]、[OK] の順にクリックします。

      [フォルダ オプション] の [表示] タブ画面で [すべてのファイルとフォルダを表示する] を選択して [OK] をクリック (Windows XP)

  7. IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリックします。

    IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリック

  8. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [全般] タブ画面で、[既定の言語] ドロップダウン リストからOffice IME 2007 をお使いの場合は、[日本語 (日本) – Microsoft Office IME 2007] クリックして選択、Office IME 2010 をお使いの場合は、、[日本語 (日本) – Microsoft Office IME 2010] クリックして選択し [OK] をクリックします。

    [テキスト サービスと入力言語] の [全般] タブ画面で [既定の言語] リストから [日本語 (日本) – Microsoft Office IME 2007] を選択して [OK] をクリック

  9. コンピューターを再起動します。
  10. Office IME で文字を入力し、変換候補一覧に漢字を含む候補が現れるかどうかを確認します。
プロパティ

文書番号:932102 - 最終更新日: 09/20/2016 10:22:00 - リビジョン: 14.0

Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Office Professional Plus 2007, Microsoft Office Standard 2007, Microsoft Office Ultimate 2007, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Office Home and Business 2010, Microsoft Office Home and Student 2010, Microsoft Office Input Method Editor 2010, Microsoft Office Personal 2010, Microsoft Office Standard 2010

  • kbharmony kbexpertisebeginner kbfix kbbug kbtshoot kbinput kboffice2007postrtmfix kbhowto KB932102
フィードバック