現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

既定の日本語入力システムを Office IME から Microsoft IME に切り替える方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
Microsoft Windows および Microsoft Office 製品には、それぞれバージョンの異なる日本語入力システム (IME) が付属しています。Windows 7、Windows Vista または Microsoft Windows XP に Microsoft Office 2007 や Microsoft Office 2010 がインストールされている場合、既定の日本語入力システムには Windows 付属の Microsoft IME ではなく、Office 付属の Office IME 2007 か Ofifce IME 2010 が設定されます。

現在設定されている日本語入力システムの種類が分からない場合には、日本語入力システムの種類を確認するを参照してください。

この資料では、Windows 7、Windows Vista または Windows XP の既定の IME の、Microsoft Office IME から Microsoft IME への切り替え方法について説明しています。切り替え方法は Windows 7, Windows Vista と Windows XP とでは異なりますので、お使いの製品を確認の上、以下のいずれかを実施してください。また、文字の入力や変換に関する問題の解決方法については、次のマイクロソフト サポート情報を参照してください。


2569050 初心者でもわかる! 「文字入力や変換ができない」をズバリ解決


日本語入力システムの種類を確認する
日本語入力システムの種類を確認するには、言語バーに表示されるアイコンを確認します。

Microsoft Office IME 2007 または Microsoft Office IME 2010 が設定されている場合
言語バーに表示される Office IME 2007 のアイコン


Microsoft IME が設定されている場合
言語バーに表示される Microsoft IME のアイコン

Windows 7、Windows Vista での Microsoft IME への切り替え
Windows 7、Windows Vista 付属の Microsoft IME への切り替えは、次の手順で操作します。
  1. IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリックします。

    IME 言語バーの上で右クリックして [設定] をクリック

  2. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [追加] ボタンをクリックします。

    [テキスト サービスと入力言語] の [全般] タブ画面で [追加] をクリック

  3. [入力言語の追加] ダイアログ ボックスで [日本語 (日本)] をクリックして、[キーボード] から [Microsoft IME] のチェック ボックスをオンにします。 次に [OK] をクリックします。

    [入力言語の追加] 画面で [日本語 (日本)] - [Microsoft IME] をチェックし [OK] をクリック

  4. [既定の言語] ドロップダウンリストから [日本語 (日本) – Microsoft IME] をクリックし、[OK] をクリックします。

    [入力言語の追加] – [全般] タブ画面の [既定の言語] で [日本語 (日本) - Microsoft IME] を選択し [OK] をクリック

  5. コンピューターを再起動します。
  6. 言語バーが Windows 7、Windows Vista 付属の Microsoft IME に変更されていることを確認します。

    [Microsoft IME] に変更された言語バー
Windows XP での Microsoft IME への切り替え
Windows XP 付属の Microsoft IME への切り替えは、次の手順で操作します。 
  1. IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリックします。
  2. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [設定] タブで [追加] をクリックします。
  3. [入力言語の追加] ダイアログ ボックスで、[入力言語] ドロップダウンリストから [日本語] をクリックします。
  4. [キーボードレイアウト/入力システム] チェック ボックスをオンにして、ドロップダウンリストから [Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1] または [Microsoft Natural Input 2002 ver. 8.1] をクリックします。
  5. コンピューターを再起動します。
  6. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [設定] タブで [既定の言語] ドロップダウンリストから [日本語 – Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1] または [日本語 – Microsoft Natural Input 2002 ver. 8.1] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
  8. コンピューターを再起動します。
  9. 言語バーが Windows XP 付属の Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1 または Microsoft Natural Input 2002 ver. 8.1 に変更されていることを確認します。

    [Microsoft IME] に変更された言語バー
関連情報
文字の入力や変換に関する問題の解決方法については、次のマイクロソフト サポート情報を参照してください。


2569050 初心者でもわかる! 「文字入力や変換ができない」をズバリ解決


プロパティ

文書番号:932104 - 最終更新日: 02/22/2012 05:10:00 - リビジョン: 6.1

Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Office Professional Plus 2007, Microsoft Office Standard 2007, Microsoft Office Ultimate 2007, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Microsoft Office Home and Business 2010, Microsoft Office Home and Student 2010, Microsoft Office Input Method Editor 2010, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Office Academic 2010, Microsoft Office Professional Plus 2010, Microsoft Office Standard 2010

  • kbharmony kbexpertisebeginner kbhowto KB932104
フィードバック
html>