ユーザーが同意または Exchange Server 2007 で、リソース要求を拒否するのに転送されたメッセージを開くしようとエラー メッセージ:「空き/予約済み情報を開くことができません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:932207
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のシナリオを考えます:
  • Microsoft Exchange Server 2007 を実行しているコンピューターで室メールボックスの代理人としてユーザー (ユーザー 1) のアカウントを作成するとします。 アカウントはユーザー 1 は電子メール機能を有効になっています。
  • 別のユーザー (ユーザー 2) リソースとして室メールボックスに関連する会議出席依頼を作成します。
  • リソースが承認を要求するユーザー 1 が 2 のユーザーから転送される電子メール メッセージを受信自分のメールボックスにログオンします。
ユーザー 1 同意またはリソース要求を拒否に転送される電子メール メッセージを開きますしようとしました、ユーザー 1 が、次のエラー メッセージが表示されます。
空き/予約済み情報を開くことはできません。 このフォルダーにサブフォルダーを作成する権限がありません。
解決方法
この問題を解決をするには Exchange Server 2007 用更新プログラムのロールアップ 3 をインストールします。 Exchange Server 2007 用更新プログラムのロールアップ 3 の詳細については、次の Exchange のヘルプ トピックを参照してください。 Exchange Service Pack をインストールまたは更新プログラムのロールアップする方法の詳細については、次の Exchange のヘルプ トピックを参照してください。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:932207 - 最終更新日: 01/15/2015 08:39:50 - リビジョン: 1.5

Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB932207 KbMtja
フィードバック