[FIX] 開くかが含まれている XPS ビューアーを使用して、保護された XPS ドキュメントを作成するとエラー メッセージが表示されるがします。NET Framework 3.0:"アクセス許可の有効期限が切れているためこのドキュメントを開くことはできません"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:932471
現象
開くか、Microsoft では、含まれている XPS ビューアーを使用して、保護された XML 用紙仕様 (XPS) ドキュメントを作成するときにします。NET Framework 3.0 は、次のエラー メッセージが表示されます。
アクセス許可の有効期限が切れているためこのドキュメントを開くことができません。
メモ XPS ビューアーは、Microsoft のコンポーネントです。NET Framework 3.0。します。NET Framework 3.0 は、Windows Vista に含まれます。
原因
XPS ビューアーを作成するのには、RMS で保護された XPS ドキュメントを開くには Microsoft Windows の権限の管理サービス (RMS) の機能を使用します。RMS の構成情報を格納するのに XML マニフェスト ファイルを使用します。

マニフェスト ファイルの XPS ビューアー RMS 機能の不適切な有効期限を設定するため、「現象」に記載されている問題が発生します。システムの日付が、マニフェスト ファイルの設定、有効期限日和も後の場合は、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。たとえば、マニフェスト ファイルの有効期限 2006 年 12 月 31 日に設定して、システムの日付が 2006 年 12 月 31 日よりも後である場合この問題が発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

修正プログラムが含まれる、します。NET Framework 3.5 とは。NET Framework 3.5 Service Pack 1この問題を解決するには、最新バージョンをインストールをします。NET Framework の Windows Update を使用しています。または、次のマイクロソフト Web サイトから最新のサービス パックをダウンロードします。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
RM の XPS の権利管理の RMS XPS ビューアー ドキュメントのアクセス許可の期限が切れてください。

警告: この記事は自動翻訳されています

Savybės

Straipsnio ID: 932471 – Paskutinė peržiūra: 08/09/2011 12:58:00 – Peržiūra: 4.0

  • kbqfe kbpubtypekc kbhotfixserver kbvistasp1fix kbmt KB932471 KbMtja
Atsiliepimai