現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Vista のインストール後にコンピュータを以前の Windows インストールに復元する方法

概要
この資料では、コンピュータ上に以前の Windows インストールを手動で復元して、現在の Windows Vista インストールを置き換える方法について説明します。

この操作には、コマンド プロンプトを使用する必要があります。コマンド プロンプトで特定のコマンドを入力して、フォルダ名の変更や、異なるバージョンの Windows 間でフォルダの移動を行う必要があります。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。

この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。
Windows Vista のインストール後にコンピュータを以前の Windows インストールに復元する手順

手順 1 : Windows.OLD フォルダが存在するかどうか、および Windows がインストールされているハード ディスク上に十分な空き領域があるかどうかを確認する

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[コンピュータ] をクリックします。
  2. [表示] メニューの [詳細] をクリックします。
  3. [ハード ディスク ドライブ] の下の [ローカル ディスク (C:)] の行で、[空き領域] 列を参照して使用可能な領域のサイズを確認します。
  4. [ハード ディスク ドライブ] の下の [ローカル ディスク (C:)] をダブルクリックし、Windows.OLD フォルダが存在するかどうかを確認します。

    重要 : Windows.OLD フォルダが存在しない場合は、この資料の手順を使用して以前の Windows インストールをコンピュータに復元することはできません。
  5. [Windows.OLD] フォルダにマウス ポインタを合わせます。
  6. 数秒後にフォルダのサイズが検出されます。
Windows.OLD フォルダのサイズが手順 2. のローカル ディスクで使用可能な空き領域よりも小さいことを確認します。

: Windows.OLD フォルダのサイズが、ローカル ディスクで使用可能な空き領域の 2 倍以上である場合は、Windows インストールを復元できないことがあります。

手順 2 : Windows 回復環境を起動する

  1. Windows Vista のインストール ディスクを DVD ドライブに挿入し、コンピュータを再起動します。
  2. インストール ディスクからコンピュータを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。
  3. [Windows のインストール] ダイアログ ボックスで、言語、時刻、通貨、キーボードまたは入力方式、およびキーボードの種類を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [Windows のインストール] ダイアログ ボックスで、[コンピュータを修復する] をクリックします。
  5. [システム回復オプション] ダイアログ ボックスで、修復する Windows Vista オペレーティング システムのバージョンをクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [システム回復オプション] ダイアログ ボックスで、[コマンド プロンプト] をクリックします。
コマンド プロンプト ウィンドウが開き、コマンド プロンプトが表示されます。このコマンド プロンプトに、以下の手順で説明するコマンドを入力します。

手順 3 : Windows Vista のフォルダ名を変更する

: 以下の手順で、コマンド プロンプトに 1 つまたは複数のコマンドを入力し、Enter キーを押すと、次のメッセージが表示されることがあります。
指定されたファイルが見つかりません。
このメッセージが表示された場合は、次の手順に進み、その手順のコマンドを入力します。

コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
  1. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    c:
  2. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren Windows Windows.Vista
  3. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren "Program Files" "Program Files.Vista"
  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren "Users" "Users.Vista"
  5. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren "Documents and Settings" "Documents and Settings.Vista"

手順 4 : Windows.OLD フォルダの内容をコピーまたは移動する

コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
  1. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    move /y c:\windows.old\windows c:\
  2. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    move /y "c:\windows.old\program files" c:\ "
状況に応じて次のいずれかのコマンドをコマンド プロンプトで入力します。

以前の Windows インストールが Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP、または Microsoft Windows 2000 の場合
  • 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    move /y "c:\windows.old\documents and settings" c:\
以前の Windows インストールが Windows Vista の別のバージョンの場合
  • 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    move /y c:\windows.old\users c:\

手順 5 : 以前の Windows インストールのブート セクタを復元する

状況に応じて次のいずれかのコマンドをコマンド プロンプトで入力します。

: 以下のコマンドで、D: は DVD ドライブを表します。使用しているコンピュータの DVD ドライブが E: などの別の文字で表されている場合は、その文字をコマンドで使用します。
  • 以前の Windows インストールが Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP、または Microsoft Windows 2000 の場合

    次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    D:\boot\bootsect /nt52 c:
  • 以前の Windows インストールが Windows Vista の別のバージョンの場合

    次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    D:\boot\bootsect /nt60 c:

手順 6 : 以前の Windows インストールが Windows XP または Windows 2000 である場合に、Windows インストールの Boot.ini ファイルを復元する

: 以下の手順は、以前の Windows インストールが Windows XP または Windows 2000 の場合にのみ実行してください。

コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
  1. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    c:
  2. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    attrib boot.ini.saved -s -h -r
  3. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren "boot.ini.saved" "boot.ini"
  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    attrib boot.ini +s +h +r

手順 7 : コマンド プロンプト ウィンドウを閉じ、[再起動] をクリックする

  1. コマンド プロンプトに次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    exit
  2. [再起動] をクリックします。
以前の Windows インストールが起動します。
プロパティ

文書番号:933168 - 最終更新日: 07/09/2011 01:48:00 - リビジョン: 4.2

Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition

  • kbexpertiseinter kbceip kbhowto kbinfo KB933168
フィードバック