現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

マイクロソフトは、レジストリの ProgramFilesDir 値を変更することによって、プログラム ファイル フォルダーの場所を変更することをサポートしていません

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

933700
はじめに
レジストリのProgramFilesDir値を変更することによって、プログラム ファイル フォルダーの場所を変更することはサポートしていません。プログラム ファイルのフォルダーの場所を変更する場合は、いくつかのソフトウェア更新プログラムまたは一部のマイクロソフトのプログラムに問題があります。
詳細
レジストリの ProgramFilesDir 値は、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
プログラム ファイルのフォルダーの場所を変更する、ProgramFilesDir レジストリ エントリを使用することができます。さらに、新しいプログラム ファイル フォルダーをポイントするレジストリ内のすべての参照を変更する場合があります。また、元のプログラム ファイル フォルダーの内容を新しい場所に移動する可能性があります。ただし、プログラム ファイルのフォルダーの既定の場所に変更はありませんテストします。したがって、私たちをお勧めしたりしないサポート、Program Files フォルダーの既定の場所を変更するには、ProgramFilesDir レジストリ値を変更する.

設定すると、ProgramFilesDir のレジストリ値を既定の場所以外の場所を使用するには、マイクロソフトの修正プログラム、更新プログラム、およびセキュリティ更新プログラムは更新されませんは既定の場所にあるファイル。したがって、システムが不安定になるし、マイクロソフトのプログラムとソフトウェア更新プログラムで、予期しない問題が発生する可能性があります。たとえば、次の問題のいずれかが発生するあります。
  • マイクロソフトの修正プログラム、更新プログラム、およびセキュリティ更新プログラムが正しくインストールされていない可能性があります。
  • Microsoft Internet Explorer または Microsoft Windows Media Player の新しいバージョンが正しくインストールされていない可能性があります。
さらに、Internet Explorer フォルダー内のファイルを保護する、Microsoft Windows のファイル保護機能では、Program Files フォルダーの既定の場所を変更することはサポートされません。

注: <b>Internet Explorer のインストール先フォルダーは、Program Files フォルダーにあります。

プログラム ファイルのフォルダーの場所を変更する場合は、Windows の安定性に影響を与える可能性がありますが、予期しない問題があります。これらのファイルの場所と、Windows ファイル保護によって保護されているバイナリ ファイルの一覧が、Internet Explorer でコーディングされます。Internet Explorer でこれらの場所は変更できません。

次のプログラムは、Internet Explorer のインストール フォルダーの場所を決定するのに、標準の Windows Api を使用します。
  • Windows Internet Explorer 7 のインストール プログラムです。
  • Windows の更新プログラムです。
  • Windows Internet Explorer 7 の更新プログラムです。
これらの Windows Api は、バック グラウンドのレジストリ設定を更新するには、Internet Explorer ファイルを検索するに依存します。

注: <b>Internet Explorer 7 を開発するときに、Windows Internet Explorer 7 のインストール フォルダーの場所を決定する標準的な方法を使用することにしました。Windows Internet Explorer 7 の安定性を強化するために決定されました。決定もしよう Windows Internet Explorer 7 の保守およびその他のプログラムとの互換性に関して発生する可能性のある問題のリスクを軽減できます。

プログラム ファイル フォルダーの既定の場所を使用するには、ProgramFilesDir レジストリ値を変更する手順

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


既定の場所にプログラム ファイルのフォルダーの場所を変更して、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
  3. 詳細ペインで、 ProgramFilesDirのレジストリ値を右クリックし、[変更] をクリックしてください
  4. 値のデータ] ボックスで、プログラム ファイル フォルダーの既定の場所を入力、[ OK] をクリックしてください

    注: <b>プログラム ファイルのフォルダーの既定の場所は システム ドライブ\Program ファイル。たとえば、Windows がドライブ C にインストールされて、入力します。 C:\Program Files値のデータ] ボックスにします。
  5. レジストリ エディタを終了します。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:933700 - 最終更新日: 04/17/2015 13:18:00 - リビジョン: 4.0

  • Windows Internet Explorer 7
  • Microsoft Internet Explorer 6.0
  • Microsoft Internet Explorer 5.0
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • kbinfo kbtshoot kbprb kbmt KB933700 KbMtja
フィードバック
om/ms.js">