Works 8 で作業中にエラー メッセージ "Microsoft Works 8 は動作を停止しました" が表示される

現象
Microsoft Works 8.5 で作業中に、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Works 8 は動作を停止しました
このエラーは、次のいずれかの作業を行っているときに発生する場合があります。
  • Microsoft Works 8 表計算またはデータベースのファイルを印刷している
  • Microsoft Works 8 表計算またはデータベースのファイルを開いている
  • Microsoft Works 8 表計算またはデータベースのファイルをプレビューしている
  • Microsoft Works 8 表計算またはデータベースのファイルを書式設定している
Works 8.5 より前のバージョンの Works を使用している場合は、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
メモリが不足しています
ただし、Works はクラッシュしません。
解決方法
マイクロソフトでは、Works 8.5 に関してこの問題を修正する更新プログラムをリリースしました。Works 8.5 より前のバージョンでは、この資料の「回避策」に記載されている手順を実行することで、この問題を回避できます。使用中のコンピュータにインストールされている Works のバージョンが不明な場合は、次の手順を実行してバージョンを特定できます。
  1. 次のいずれかの Works プログラムを起動します。
    • Works ワープロ
    • Works 表計算
    • Works データベース
    • Works カレンダー
  2. [ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。
  3. [バージョン情報] ダイアログ ボックスに、使用している Works のバージョンが表示されます。
この更新プログラムは、Windows Vista または Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピュータのみに対応しています。この更新プログラムを Windows XP SP2 より前のバージョンの Windows にインストールすることはできません。この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
回避策
この問題を回避するには、プリンタの製造元に問い合わせて、使用しているプリンタ用の更新されたプリンタ ドライバがあるかどうかを確認する必要があります。更新されたプリンタ ドライバが提供されている場合は、ダウンロードしてインストールする必要があります。その後、再度印刷します。これで正常に印刷される場合は、これ以降の手順を実行する必要はありません。

更新されたプリンタ ドライバがない場合や、使用しているプリンタ用の最新のプリンタ ドライバをインストールした後も問題が引き続き発生する場合は、そのプリンタに使用できるエミュレーション プリンタ ドライバがあるかどうか、プリンタの製造元に問い合わせてください。エミュレーション プリンタ ドライバとは、別のプリンタ ドライバの機能を模倣するドライバのことです。たとえば、HP DeskJet プリンタを使用している場合に、HP DeskJet 550C プリンタ用のドライバをインストールすると、この問題を解決できることがあります。製造元が推奨するエミュレーション プリンタ ドライバをインストールするには、以下の手順を実行します。推奨できるエミュレーション プリンタ ドライバがない場合は、以下の手順を実行して標準プリンタ ドライバをインストールします。必ず、使用している Windows のバージョンに適した手順を実行してください。

: 標準プリンタ ドライバやエミュレーション プリンタ ドライバを使用すると、プリンタの一部の機能が使用できなくなる場合があります。たとえば、標準プリンタ ドライバを使用した場合、グラフィックは印刷できません。

Windows Vista

Windows Vista に別のプリンタ ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスにプリンタと入力し、[プログラム] の一覧の [プリンタ] をクリックします。
  2. ページの左側の上方で [プリンタのインストール] をクリックします。
  3. [プリンタの追加] ウィンドウで、[ローカル プリンタを追加します] をクリックします。
  4. [既存のポートを使用] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [製造元] ボックスの一覧で、使用しているプリンタの製造元 ([HP] など) をクリックし、[プリンタ] ボックスの一覧で、製造元が推奨した別のプリンタ ([HP DeskJet 500C] など) をクリックします。製造元から代わりのプリンタ ドライバを推奨されなかった場合は、[製造元] ボックスの一覧で [Generic] をクリックし、[プリンタ] ボックスの一覧で [Generic / Text Only] をクリックします。

    : 標準プリンタ ドライバやエミュレーション プリンタ ドライバを使用すると、プリンタの一部の機能が使用できなくなる場合があります。たとえば、標準プリンタ ドライバを使用した場合、グラフィックは印刷できません。
  6. [どのバージョンのドライバを使用しますか?] と表示された場合は、[現在インストールされているドライバを使う (推奨)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. [通常使うプリンタに設定する] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  8. プリンタの一覧で、新しいプリンタをダブルクリックします。
  9. [プリンタ] メニューの [プロパティ] をクリックします。
  10. [ポート] タブで、使用しているプリンタに適したポートのチェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。たとえば、使用しているコンピュータにプリンタが接続されている場合は、[LPT1] を選択できます。LTP1 は、ほとんどのコンピュータでローカル プリンタとの通信に使用されるポートです。

Windows XP

Windows XP に別のプリンタ ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. [プリンタのタスク] の下の [プリンタのインストール] をクリックします。
  3. プリンタの追加ウィザードの最初のページで、[次へ] をクリックします。
  4. [このコンピュータに接続されているローカル プリンタ] をクリックし、[プラグ アンド プレイ対応プリンタを自動的に検出してインストールする] チェック ボックスをオフにし、[次へ] をクリックします。
  5. 適切なポートをクリックし、[次へ] をクリックします。たとえば、使用しているコンピュータにプリンタが接続されている場合は、[LPT1] を選択できます。LTP1 は、ほとんどのコンピュータでローカル プリンタとの通信に使用されるポートです。
  6. [製造元] ボックスの一覧で、製造元が推奨した別のプリンタをクリックするか、[Generic] をクリックします。

    : Generic / Text Only ドライバやエミュレーション プリンタ ドライバを使用すると、一部の機能が使用できなくなる場合があります。たとえば、標準プリンタ ドライバを使用した場合、グラフィックは印刷できません。
  7. Windows で通常使うプリンタに設定するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [はい] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. テスト ページを印刷するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [いいえ] をクリックし、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
詳細
Works 8.5 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:933828 - 最終更新日: 11/21/2007 07:40:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft Works 8

  • kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertisebeginner kbresolve KB933828
フィードバック