Internet Explorer 7 で web サイトを参照すると以前のバージョンと比べて日本語フォント レイアウトが異なる

現象
Windows Internet Explorer 7 で web サイトを参照した場合、Microsoft Internet Explorer 6 で参照する場合と比べて表示レイアウトが異なることがあります。特に日本語表示に使用する代替フォント文字のピッチは、1px から 2px 程度広く表示される場合があります。
原因
Internet Explorer 7 では、コンテンツ内に sans-serif などの日本語対応していない文字が指定されている場合、日本語表示に使用する既定の代替フォントを変更しています。

たとえば、Internet Explorer 6 では規定の代替フォントとして MS P ゴシック を使用していましたが、Internet Explorer 7 では MS UI Gothic を使用します。この規定の代替フォントの違いのため、表示レイアウトが異なる現象が起こる場合があります。
回避策
この現象を回避するには、コンテンツを作成する際に使用するフォント指定に MS P ゴシック を明示的に指定します。

例 :FONT-FAMILY : 'MS P ゴシック', sans-serif
: 'MS P ゴシック' を記述する場合、MS P の部分は全角の英字で入力します。 
Savybės

Straipsnio ID: 934462 – Paskutinė peržiūra: 11/21/2007 01:41:51 – Peržiūra: 1.2

Windows Internet Explorer 7

  • kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot kbbug KB934462
Atsiliepimai