現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

BUG: SaveAs コマンドと共に execCommand 関数を使用するスクリプトを Internet Explorer 7 で、Windows Vista ベースのコンピューターに保存されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:934817
現象
次のシナリオを検討してください。Windows Vista ベースのコンピューターで Windows Internet Explorer 7 を使用します。使用して、スクリプトを実行して、 execCommand 機能は、 名前を付けて保存 コマンドです。このシナリオでは、スクリプト、Web ページをハード_ディスクに保存されません。さらに、スクリプト ファイルを保存しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
コンピューターのセキュリティには、このファイルは、インターネット一時ファイル フォルダーに保存されました。

このフォルダーを開きますか?
クリックすると、 [はい]、次のフォルダーを開きます。
C:\Users\user_profile\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary インターネット ・ Files\Virtualized
保存した Web ページは、このフォルダーには表示されません。
原因
Windows Vista ベースのコンピューターで Internet Explorer 7 で保護モード機能は、有効にするとこの問題が発生します。各セキュリティ ゾーンの保護モードの機能が適用されます。既定では、Internet Explorer 7 の保護モードの機能を有効にしません、 信頼済みサイト ゾーンです。
回避策
この問題を回避するには、スクリプトを使用して保存する、Web ページの URL を含める必要があります、 信頼済みゾーン Internet Explorer 7 の一覧です。その後、そのゾーンに対する保護モード機能を無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer 7 をクリックします。 インターネット オプション で、 ツール メニューです。
  2. クリックして、 セキュリティ タブの選択 信頼済みサイト、し サイト.
  3. 下にあります。 この Web サイトをゾーンに追加します。 保存したいの URL を入力します。
  4. クリックしてください。 追加をクリックして 閉じる、し [OK].
  5. で、 セキュリティ タブで、クリックしてをオフにするのには、 (Internet Explorer を再起動する必要があります) の保護モードを有効にします。 チェック ボックスします。
  6. Internet Explorer 7 を再起動します。
さらに、この問題を回避するには、ファイルを手動で保存することができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer 7 を開き、ALT キーを押しします。
  2. で、 ファイル メニューをクリックして として保存します。.
  3. Web ページを保存し、クリックする場所を選択します。 保存.
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
ie7 ie7.0 InternetExplorer7 7.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:934817 - 最終更新日: 08/09/2011 12:22:00 - リビジョン: 3.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB934817 KbMtja
フィードバック
ndChild(m);