現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2007 または Outlook 2010 では、POP3 サーバーから電子メール メッセージをダウンロードするのには予想よりはるかに時間がかかります

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:935400
問題の説明
Microsoft Office Outlook 2007年または Microsoft Office Outlook 2010年では、POP3 サーバーから電子メール メッセージをダウンロードしようとするときは、予想以上に長くかかります。などの 1 メガバイト (MB) メッセージをダウンロードするとダウンロード処理は 1 時間に限りかかる場合があります。

さらに、インターネット サービス プロバイダー (ISP) の SMTP サーバーを使用して電子メール メッセージを送信すると、接続タイムアウト可能性があります。この問題が発生した場合、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
タスク 'メインの送信と受信' エラー (0x800CCC0F) を報告する: ' サーバーへの接続が中断されました。この問題が解決しない場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダー (ISP) に連絡します '。
この問題は、ルーターなど、ネットワークのハードウェア デバイスは、TCP ウィンドウ ・ スケーリングをサポートしていない場合に発生します。TCP ウィンドウ ・ スケーリングとは、新しい Windows Vista 機能です。

この資料では、問題を解決できます。この問題を修正することがあるするには、「Fix it で解決する"セクションです。自分がこの問題を解決するとはではなく場合に、「手動で解決する"セクションです。
Fix it で解決する
自動的にこの問題を解決するには、この問題の修正のリンクをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスでの実行] をクリックし、このウィザードの手順を実行します。



注:
  • このウィザードは英語のみで使用できます。ただし、この自動修正プログラムは、他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • この問題がないコンピューター上で自動修正プログラムをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、問題のあるコンピューターで実行することもできます。
現在では、「この問題は解決しましたですか?」セクション。
手動で解決する
TCP ウィンドウ ・ スケーリングをサポートしていないネットワーク ハードウェア デバイスでこの問題が発生するかどうかを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてを開始 [スタート] ボタンシリアルキーでは、をクリックし、[アクセサリ] をクリックします。
  2. コマンド プロンプト、し、管理者として実行するを右クリックします。

    ユーザー アクセス制御のアクセス許可 ない状態のパスワードまたは確認を求められた場合パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで次のコマンド、および thenpress ENTER を入力します。
    netsh インターフェイスの tcp の設定 globalautotuninglevel = 無効
  4. コマンド プロンプトウィンドウを閉じます。
  5. コンピューターを再起動します。
  6. Outlook を起動します。これがの値を保持する場合は、問題を解決すると、 autoTuningLevel パラメーター無効になっているか、TCP ウィンドウ ・ スケーリングをサポートしていないハードウェアを特定します。設定することも、 autoTuningLevel その他の値は、「関連情報」セクションで説明したようにパラメーターです。
現在では、「この問題は解決しましたですか?」セクション。
この問題は解決しました
問題が解決したかどうかを確認します。問題を修正すると場合に、この資料でが完了したら。問題が修正されていない場合することができます。 サポートにお問い合わせください。.
詳細情報
AutoTuningLevelパラメーターの現在の構成を表示するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてを開始 [スタート] ボタンシリアルキーでは、をクリックし、[アクセサリ] をクリックします。
  2. コマンド プロンプト、し、管理者として実行するを右クリックします。

    ユーザー アクセス制御のアクセス許可 ない状態のパスワードまたは確認を求められた場合パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで次のコマンド、および thenpress ENTER を入力します。
    netsh インターフェイスの tcp showglobal
    AutoTuningLevelパラメーターの値は、受信ウィンドウ自動チューニング レベルとして表示されます。
次の一覧には、 autoTuningLevelパラメーターのすべての可能な値が含まれています。
  • 無効になっています。
    受信ウィンドウを既定値に設定します。
  • 実用
    受信ウィンドウ既定値を超えて拡張することができますは、非常に控えめです。
  • 制限
    受信ウィンドウ既定値を超えて拡張することができますが、一部のシナリオでは、このような成長を制限します。
  • 通常
    Mostscenarios に対応するために拡張する受信ウィンドウを使用できます。
  • 実験
    Extremescenarios に対応するために拡張する受信ウィンドウを使用できます。

    注: <b>実験値 commonscenarios でのパフォーマンスが低下する可能性があります。この値は、研究目的でのみ使用する必要があります。
TCP 受信ウィンドウ サイズは、最大同時接続の受信側でバッファーに格納できるバイト数で受信したデータ量。送信元のホストは、受信確認の待機前に送信するデータの量と、受信側のホストからの更新を「受信ウィンドウ」のことができます。

Windows Vista での TCP/IP スタックは調整自体を Windows の以前のバージョンよりも既定ウィンドウ サイズの拡大を使用してほとんどの環境で使用します。受信ウィンドウのサイズをハード コーディングされた既定値を使用する代わりに、TCP は、一括データ転送中に使用するフルサイズ TCP セグメントの割合を大きくにはウィンドウのサイズを自動的に調整します。これにより、大量のデータ セットが送信されるときに送信されるセグメントの数を制限できます。

Windows Vista の自動調整を有効にすると、ウィンドウ自動チューニングの受信機能は、帯域幅遅延積を測定することで最適な真の受信ウィンドウ サイズおよびアプリケーション取得比率を継続的に決定します。最大値を調整受信ウィンドウ自動チューニングし、変化するネットワーク条件に基づいてウィンドウのサイズが表示されます。

受信ウィンドウ自動チューニングは、次世代の TCP/IP スタックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Windows TCP の実装の機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 TCP の詳細については、受信ウィンドウ サイズとウィンドウ スケーリングについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。RFC 1323 の詳細については、次のインターネット エンジニア リング タスク フォースの Web サイトを参照してください。 Microsoft は、適切なテクニカル サポートを見つけやすいようにサード・パーティの連絡先情報を提供しています。この連絡先情報は予告なく変更する可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。
fixit 修正 OL2007

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:935400 - 最終更新日: 10/04/2015 05:17:00 - リビジョン: 19.0

Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Outlook 2010

  • kbfixme kbmsifixme kbtshoot kbexpertisebeginner kbprb kbmt KB935400 KbMtja
フィードバック
m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">