現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows コンピューター用のバックアップ ツールとして ImageX.exe ツールを使用できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:935467
はじめに
ImageX.exe ツールは、バックアップのツールとして Windows コンピューターを使用できない理由が理由を説明します。ImageX.exe ツールは、Windows 自動インストール キット (WAIK) の一部として提供されています。
詳細
ImageX.exe ツールは、Windows プレインストール環境 (Windows PE) から Sysprep (Sysprep.exe) を実行して、オペレーティング システムのインストール イメージをキャプチャするために使用できます。別のコンピューター上のオペレーティング システム インストール イメージを展開できます。

ImageX.exe ツールのコンピューターのバックアップ イメージを作成するためのメカニズムがあることに見えますが、いくつかの問題は、サポートされたバックアップ メカニズムとして ImageX.exe ツールを使用して防ぐためです。

以下がバックアップ メカニズムとして imagex.exe を使用する場合の問題です。

  • 拡張属性は失われます。
  • スパース ファイルにキャプチャして適用しています。これらを適用した後ただし、スパース ファイル no 長いスパースでは
  • シンボリック リンクとジャンクション自動的に 1 つのインスタンスの Storage(SIS) などの一部のシナリオでは、再解析ポイントは NTFS ファイル id を格納するためにリード間違った場所を指しているでしたでした更新されます。

Microsoft recomends Windows バックアップ、Windows Server バックアップでは、または具体的には、バックアップの目的その他のツールを使用して完全なシステム イメージ バックアップを作成します。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:935467 - 最終更新日: 07/23/2013 00:56:00 - リビジョン: 2.0

Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Starter, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbhowto kbmt KB935467 KbMtja
フィードバック
0&did=1&t=">