現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows Server Update Services 3.0 インストール パッケージが利用可能です。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:935524
はじめに
この資料はリリース-Web (RTW) バージョンの Windows Server の更新サービス (WSUS) 3.0 について説明します。WSUS 3.0 は、この製品の以前のバージョンをアップグレードします。以下のオペレーティング システムでは、RTW のバージョンの WSUS 3.0 をインストールできます。
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 またはそれ以降の service pack
  • Microsoft Windows XP のサービス パックの 2
  • Windows Vista
詳細
WSUS 3.0 は、複数の管理者を簡単に更新プログラムを展開し、組織全体に更新プログラムを管理するための新機能を提供します。この更新プログラムは、WSUS 3.0 の RTW に以下のバージョンの WSUS を実行しているコンピューターをアップグレードできます。
  • WSUS 2.0
  • WSUS 2.0 の Service Pack 1 (SP1)
  • WSUS 3.0 RC
WSUS 3.0 をインストールする前に、コンピューターが最小システム要件を満たしていることを確認します。また、WSUS 3.0 のリリース ノートを確認します。リリース ・ ノートを参照するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

システム要件

WSUS 3.0 サーバー ソフトウェアの前提条件
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 またはそれ以降の service pack
  • WSUS 2.0 を WSUS 2.0 Service Pack 1、または WSUS 3.0 RC
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 またはそれ以降のバージョン
  • [マイクロソフト]。NET Framework 2.0
  • Microsoft 管理コンソール 3.0
  • Microsoft のレポート ビューアー
  • 省略可能。 Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 を使用

    メモ 互換性のあるバージョンの SQL Server がインストールされていない場合は、WSUS 3.0 は Windows 内部データベースをインストールします。
WSUS 3.0 管理コンソール ソフトウェアの前提条件
  • Windows Vista、Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 以降のサービス パック
  • WSUS 3.0 RC
  • [マイクロソフト]。NET Framework 2.0
  • Microsoft 管理コンソール 3.0
  • Microsoft のレポート ビューアー
Microsoft Windows Small Business Server 2003 (SBS 2003 R2 を実行しているコンピューターに WSUS 3.0 にアップグレードする場合は、「インストールする Microsoft Windows Server Update サービス 3.0 を Windows Small Business Server 2003」ホワイト ペーパーを参照してください。このホワイト ペーパーを入手するのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。

情報を更新します。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードWindows Server Update Services 3.0 パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

WSUS 3.0 管理コンソールの [管理ツール] を起動するためのキーを検索できます。Windows XP SP2 および Windows Vista では、コントロール パネルの [管理ツール] です。

重要な構成の問題

認証を必要とするプロキシ サーバーを使用する場合は、WSUS サーバーの構成ウィザードでプロキシ サーバー パスワードを上書きする必要があります。これを行わない場合は、更新プログラムが WSUS サーバーを同期できません。セットアップ プロセスの最後に自動的に構成ウィザードを起動するため、WSUS 3.0 にアップグレードした後この問題同期エラーが発生することができます。アップグレード後の構成ウィザードをキャンセルするか、ウィザードの実行時に正しいプロキシ パスワードを再入力に、この問題を回避できます。これが発生した後にこの問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. WSUS 3.0 コンソール ツリーをクリックします。 オプション.
  2. 詳細ペインをクリックします。 更新元とプロキシ サーバー.
  3. で、 更新元とプロキシ サーバー ダイアログ ボックスをクリックして、 プロキシ サーバー タブします。
  4. プロキシ パスワードを再入力します。次に、設定を保存します。
Windows Server Update Services の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:935524 - 最終更新日: 08/09/2011 10:38:00 - リビジョン: 3.0

  • kbinfo kbdownload atdownload kbmt KB935524 KbMtja
フィードバック
xt/javascript" src="https://c.microsoft.com/ms.js"> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");