現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:935897
はじめに
報告された問題に対する修正プログラムを提供する Microsoft SQL Server チームの増分サービス モデル (ISM) があります。ISM の目的では、適切なタイミングで予測可能なスケジュールで高品質の修正プログラムを提供します。
詳細
SQL Server チームは、スケジュールに従った提供モデルには、現在の優先度中心の修正プログラム リリース モデルに移行します。スケジュールに従った提供モデルでは、お客様は、短い時間でそれぞれの最も重要な状況に対処する修正プログラムを受信できます。さらに、顧客は、さらにテストを受けているが、スケジュールごとにリリースされる修正プログラムを受信できます。したがって、SQL Server チームは、次の配信メカニズムを作成するが。

重大なオンデマンド (COD)

  • 問題は、この要求の特定の条件を満たす必要があります。効果的な回避策を重要なビジネス上の影響などがないことが含まれます。
  • 要求の条件を満たしている限り、サポート契約に関係なく、どなたでも、修正プログラムを要求できます。
  • 相互に合意した以前の修正プログラムがリリースされた日のお客様のニーズに基づきます。
  • この修正プログラムのビルドでは、1 つまたは複数の修正プログラムを含めることができます。

オンデマンド (OD)

  • 問題は、この要求の特定の条件を満たす必要があります。効果的な回避策を重要なビジネス上の影響などがないことが含まれます。
  • 要求の条件を満たしている限り、サポート契約に関係なく、どなたでも、修正プログラムを要求できます。
  • 相互に合意した以前の修正プログラムがリリースされた日のお客様のニーズに基づきます。
  • この修正プログラムのビルドでは、1 つまたは複数の修正プログラムを含めることができます。

累積的な更新プログラム (CU)

  • 更新プログラムは、サポート契約に関係なく、どなたでも要求できます。
  • 更新プログラムは、2 か月おきに解放されます。
  • 更新プログラムには次のものが含まれています。
    • すべて前重要なオンデマンドの修正プログラムの日付にします。
    • 修正プログラムの承認基準を満たす上の問題が修正されます。回避策の可用性、顧客の影響、再現性、変更する必要があるコードの複雑さと、これらの条件が含まれます。

一般配布リリース (GDR)

  • GDR では、広範な顧客への影響、セキュリティに影響を持っている、または両方を持つという問題が修正されます。GDR が決定され、必要に応じて、適切な場合に、Microsoft によって発行されました。Gdr は最小限に維持されます。
  • GDR は、顧客が要求できません。内部的には、Microsoft は、報告された修正プログラムとして分類され、GDR として配信するかどうかを決定します。
  • GDR はダウンロード センターからリリースされます。GDR は、マイクロソフトの更新プログラムを Windows Update、または両方からも解放されます。
既定では、すべての修正プログラムは、GDR リリース、CU リリース、COD リリースで処理されます。製品の修正プログラムの要求のボリュームが 1 か月、10 個など、特定のしきい値を下回ったときに SQL のチームが停止する CU は解放し、GDR リリース、OD リリース、および COD リリースの修正プログラムを提供します。SQL Server チームは、サポート コストと顧客の要求に基づいて決定します。

次の図は、典型的な製品の ISM サポート サイクルの概要を示します。オリジナル リリース版のサポート サイクルと、最初のサービス パックのサポート サイクルの両方が表示されます。このようなタイムラインは、製品のすべての将来のリリースにも適用されます。たとえば、Service Pack 1 および Service Pack 2 の間でタイムラインが適用されます。タイムラインは、サポート ・ マトリックスのすべての製品に適用されます。
図 1 - ISM サポート サイクルの概要
オリジナル リリース版と最初の service pack のリリースとの間の別の期間をさまざまな製品であることに注意します。Gdr および Cod が製品のサポート ライフ サイクル中に発生します。

ISM 以外のサービス モデルでは、メジャー リリースは、以前のリリースから最新のリリースの間で行われる間隔をカバーした後にロールアップをリリースします。などのプログラムのロールアップのリリースは、リリースを元のリリース バージョンおよび Service Pack 1 の間で発生するギャップをカバーします。ISM は、サービスのギャップを回避できますが、あるため、ISM によって修正プログラムのロールアップのリリースの必要があります。新規リリース後の最初の CU には、修正プログラムのロールアップと、追加の Qfe が含まれています。

修正プログラム パッケージは、service pack には置換されません。修正プログラム パッケージでは、オプションです。修正プログラム パッケージをインストールまたはいつでもアンインストールできます。さらに、修正プログラム パッケージは累積されます。したがって、最新の OD 修正プログラム パッケージまたは CU 修正プログラム パッケージには、すべての以前にリリースされた修正プログラムが含まれます。

SQL Server チームは、修正プログラムの必要性を減らすために SQL Server の品質を向上させる方法に焦点を当てているときにこの変更後のモデルをご紹介します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:935897 - 最終更新日: 04/19/2016 07:10:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Notification Services, Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Community Technology Preview, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2016 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2016 Standard

  • kbtshoot kbinfo kbmt KB935897 KbMtja
フィードバック
var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("