メールボックスを別の Exchange 2007 メールボックス ストアに操作、Exchange 2003 メールボックスからメールボックスを移動するときの応答を停止格納または、Exchange 2007 メールボックスからストアを移動します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:936300
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
または、Microsoft Exchange Server 2007 のメールボックス ストアを別の Exchange 2007 メールボックス ストアに、Microsoft Exchange Server 2003 のメールボックス ストアからメールボックスを移動すると、メールボックス移動操作が、Exchange 2007 で応答を停止サーバー。
原因
この問題は、Exschema.exe のヒープ破損可能性がありますを処理するために発生、デッドロックが発生する複数のスレッドが ExProps サブシステムを初期化しようとします。

Exschema.exe プロセスは、ストア プロセスにリモート プロシージャ コール (RPC) を初期化します。 ストアの ExoleDB の同期イベント トリガー処理、ストア プロセスが、Exschema.exe からの RPC 呼び出しを受信し処理します。 この間、メールボックスの移動操作が開始される場合、メールボックスの移動操作、ExoleDB 同期イベントを待機が終了します。 これにより、メールボックスの移動操作はブロックします。
解決方法
この問題を解決をするには Exchange Server 2007 用更新プログラムのロールアップ 4 をインストールします。 Exchange Server 2007 用更新プログラムのロールアップ 4 の詳細については、次の Exchange のヘルプ トピックを参照してください。 Exchange Service Pack をインストールまたは更新プログラムのロールアップする方法の詳細については、次の Exchange のヘルプ トピックを参照してください。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
ソフトウェア更新の用語についてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
Exchange Server ソフトウェア更新プログラムの名前付けスキーマの詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
817903Exchange Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:936300 - 最終更新日: 01/15/2015 17:10:19 - リビジョン: 1.6

Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB936300 KbMtja
フィードバック