[FIX、BizTalk Server 2006 のパフォーマンスの問題が発生してスロットルのメッセージは、パフォーマンス ログ ファイルに記録されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

936536
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
BizTalk Server 2006 を使用すると、頻繁にパフォーマンスの問題が発生します。 たとえば、シングル サインオン (SSO) のタイムアウト エラー メッセージが表示されます。 さらに、BizTalk Server 2006 管理コンソールが応答を停止します。 サイズを決定するのには、次の SQL ステートメントを使用するかどうかは、<biztalkhostname></biztalkhostname>Q_Suspended テーブル、テーブルの複数の行が含まれていることを検索します。
Select count (*) from <BizTalkHostName>Q_Suspended
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。 <biztalkhostname></biztalkhostname>顧客のホスト名のプレース ホルダーです。

さらに、いくつかの調整メッセージ データベースのサイズをパフォーマンス ログ ファイルに記録されます。
原因
この問題は、キャッシュ サービスのインスタンスのゾンビのメッセージが作成されるために発生します。 は、bts_UpdateMsgbox_BizTalkHostNameストアド プロシージャの呼び出しは、挿入します。これらのゾンビのメッセージを保留キューに移動するのには、[ステートメント] をクリックします。 次に、ストアド プロシージャの実行時間が遅い多くの他の BizTalk Server に関連した SQL スクリプトをブロックします。

BizTalk Server 2006 のメカニズムに基づくと、大きな中断されたメッセージのキャッシュ サービス インスタンス、データベース内の調整の問題を作成します。 この問題は、ピーク負荷の値が、データベース サイズの値を調整して、既定より大きい場合に発生します。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。仕様では、ユーザーの取得や中断されたメッセージに、BizTalk の MMC を終了することはできません。
解決方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。 ただし、この資料に記載されている問題のみを解決するものです。 この問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。 したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、次回 BizTalk Server は、この修正プログラムが含まれている 2006 を待つことをお勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、マイクロソフト カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。 マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。特殊なケースでは、Microsoft Support 担当者は、特定の更新プログラムで問題が解決されると判断した場合に通常サポート コールの発生にかかる料金がキャンセル可能性があります。 特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。

前提条件

BizTalk Server 2006 の修正プログラムを適用するのにはインストールされている必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、次のコンポーネントを再起動する必要があります。
  • 関連するすべての SQL Server では、BizTalk Server 2006 のジョブ。
  • すべての BizTalk ホスト インスタンスの BizTalk Server 2006 で。
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) サービス。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で表示されます (UTC)。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンタブで、Date and Timeアイテム コントロールのパネル。
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
2453.sql該当なし2322007 年 5 月 08 日13: 37該当なし
Biztalkcustomactiondata.xml該当なし7902007 年 5 月 08 日13: 47該当なし
Msgbox_application_logic.sql該当なし505,5622007 年 5 月 08 日21: 39該当なし
Msgboxschema.sql該当なし97,6382007 年 5 月 08 日21: 39該当なし
修正プログラムをインストールした後、2453.sql スクリプトと、Msgbox_application_logic.sql スクリプト、ゾンビのメッセージのキャッシュ サービスのインスタンスを削除します。
状況
マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:936536 - 最終更新日: 12/10/2015 05:52:38 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft BizTalk Server 2006 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbtsmessaging kbbiztalk2006presp1fix kbexpertiseinter kbhotfixserver kbqfe kbmt KB936536 KbMtja
フィードバック