現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 展開サービス (WDS) および Windows Server 2012 で Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 のログを有効にする方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:936625
重要: この資料には、レジストリの変更方法が記載されています。変更を加える前に、必ずレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合に備え、レジストリを復元する方法も必ず確認しておいてください。レジストリをバックアップ、復元、および変更する方法の詳細については、以下の資料番号をクリックして、該当するマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
はじめに
この資料で Windows 展開サービス (WDS) に Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows Server 2008 でログを有効にする方法について説明します。さらに、この資料は、Windows 展開サービスでデータを収集する方法について説明します。

この情報を使用して、Windows 展開サービスで発生する可能性があります問題を解決することができます。
詳細
警告レジストリ エディター、または別の方法を使用してレジストリを不適切に変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。こうした問題により、オペレーティング システムの再インストールが必要になる場合があります。マイクロソフトはこれらの問題の解決を保証できません。自己責任においてレジストリを変更してください。

概要

各 Windows 展開サービスのコンポーネントを有効にすることができるためのメカニズムのログとトレースがあります。トラブルシューティングの結果を分析することができます。ログと Windows 展開サービスのコンポーネントに対してトレースを有効にするのには、次のセクションで情報を使用します。

Windows 展開サービス サーバーの全般的な状態

サーバーの一般的な健康情報を生成するのには、次のコマンドを入力します。
Wdsutil を使用/get-server/show:all/詳細
このコマンドは、サーバーの一般的な健康情報をアプリケーション ログとシステム ログに記録するが発生します。

Windows 展開サービス サーバー コンポーネント

健康情報については、Windows 展開サービス サーバー コンポーネントを生成するのには、次のコマンドを入力します。
Wdsutil を使用/get-server/show:all/詳細
このコマンドは、Windows 展開サービスの情報をアプリケーション ログとシステム ログに記録するが発生します。

トレース ログ

Windows Server 2012
Windows Server 2012 のトレース情報を取得するのには、次の操作を行います。
  1. (Eventvwr) のイベント ビューアーを開く
  2. Windows Logs\Applications とサービス Logs\Microsoft\Windows\Deployment サービス診断を参照します。
  3. [チャネル] を右クリックし、ログを有効にする] を選択
Windows Server 2003、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 の
トレースの詳細については、Windows Server 2003、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 を取得するのには、Windows 展開サービス サーバー コンポーネントでトレースを有効にする必要があります。これを行うには、次のレジストリ エントリを設定します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\WDSServer


名前: EnableFileTracing
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1
次に、1 つまたは複数、次のレジストリ キーの値に 0 を設定してログに記録する、コンポーネントを構成します。
  • Windows 展開サービスの動的ドライバーがサービス (Windows Server 2008 R2 のみ) の準備
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSDDPS\TraceDisabled
  • Windows 展開サービスのマルチキャスト
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSMC\TraceDisabled
  • Windows 展開サービス PXE
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSPXE\TraceDisabled
  • Windows 展開サービス TFTP
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSTFTP\TraceDisabled
  • Windows 展開サービスの (Windows Server 2008 R2 のみ) のイメージング
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSIMAGE\TraceDisabled
Windows Server 2008 R2 を実行する WDS サーバーは、次の追加のトレースをサポートします。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSTFTP\TraceFlags
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSMC\TraceFlags

どのような含まれているを制御するのには、次の値には、これらのレジストリ キーを設定できます。
  • 7F0000:この値には、パケットのトレースは、トレースのプロトコルが含まれます。
  • 3F0000:この値はパケット トレースを除外します。
  • 3E0000: : パケット トレースし、トレースのプロトコル値を除外します。既定では、この値が使用されます。
メモ トレースの処理は、パフォーマンスに影響する場合があります。したがって、ログを生成する必要はありませんする場合トレース機能を無効にすることをお勧めします。

このレジストリ エントリを設定すると、次のファイルは、Windows 展開サービス サーバー コンポーネントのトレース情報が記録されます。
%windir%\Tracing\wdsserver.log

Windows 展開サービス管理コンポーネント

管理コンポーネントの正常性に関する情報を生成するのには、次のコマンドを入力します。
Wdsutil を使用/get-server/show:all/詳細
このコマンドは、アプリケーション ログとシステム ログに記録する Windows 展開サービス コンポーネントの状態情報が発生します。

トレース ログ

トレース情報を取得するのには、Windows 展開サービス管理コンポーネントで、Windows 展開サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) のコンポーネントでのトレースを有効にする必要があります。これを行うには、次のレジストリ エントリを設定します。
管理コンポーネント
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\WDSMGMT


名前: EnableFileTracing
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1
MMC のコンポーネント
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\WDSMMC


名前: EnableFileTracing
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1
これらのレジストリ エントリを設定すると、次のファイルは、Windows 展開サービス管理コンポーネントのトレース情報が記録されます。
%windir%\Tracing\wdsmgmt.log
また、Windows 展開サービス MMC コンポーネントのトレース情報は、次のファイルに記録されます。
%windir%\Tracing\wdsmmc.log
メモ MMC は、Windows 展開サービス MMC コンポーネントと、WDSUTIL コンポーネントに、同じ API レイヤーを共有しますが、処理と機能も追加します。エラーが発生した場合は、WDSUTIL を使用して、問題を再現するために頻繁にも有効です。WDSUTIL は、エラーが mmc スナップインまたは、エラーが、一般的な管理 API エラーかどうかにローカルであるかどうかを判断することができます。多くの場合、トレースを有効にすると、WDSUTIL コンポーネントより詳細なエラー出力を提供します。可能であれば、追加情報を取得するのには、次のオプションを使用します。
  • /詳細
  • /詳細
  • /progress

Windows 展開サービスの従来型コンポーネント

従来の管理機能を実行すると、RISetup コンポーネントでトレースを有効にするのには、次のレジストリ エントリを設定します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\RISetup


名前: EnableFileTracing
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1
WDSCapture 操作でトレース ログを取得するのには、次の手順を実行します。
  1. キャプチャ Windows PE ブート イメージで起動します。
  2. キャプチャ ウィザードが起動したら、コマンド プロンプトを開くには、SHIFT キーを押しながら F10 キーを押します。
  3. WDSCapture コンポーネントでトレースを有効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. WDSCapture のコンポーネントでトレースを有効にするのには、次のレジストリ エントリを設定します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\WDSCapture


      名前: EnableFileTracing
      値の種類: REG_DWORD
      値のデータ: 1
  4. WDSCapture コンポーネントの 2 番目のインスタンスを起動します。その後、WDSCapture の 2 番目のインスタンスを使用して問題を再現します。

    メモ 元 WDSCapture のインスタンスを閉じないでください。元 WDSCapture のインスタンスを閉じると、Windows PE が再起動します。代わりに、WDSCapture のインスタンスの間で切り替えるには、ALT キーを押しながら TAB キーを押します。
次のトレース ログ ファイルが生成されます。
X:\Windows\Tracing\WDSCapture.log

Windows 展開サービスのクライアント コンポーネント

クライアントのログ記録機能を有効にするのには、WDS サーバーに、次のコマンドを実行します。
Wdsutil を使用/Set-Server/WDSClientLogging/有効: はい
その後、WDS サーバーでログに記録されるイベントを変更するのには、次のコマンドを実行します。
Wdsutil を使用/Set-Server/WDSClientLogging/LoggingLevel: {None|Errors|Warnings|情報。
メモ 各カテゴリには、上記のカテゴリからのすべてのイベントが含まれます。

ログ出力のレベルの定義を次に示します。
  • [なし] ログ出力のレベル、ログ機能を無効にします。既定では、このログ出力レベルが使用されます。
  • エラー ログ出力のレベルのエラーのみを記録します。
  • 警告 ログ出力のレベルは、警告とエラーを記録します。
  • 情報 エラー、警告、および情報イベントのログ出力レベルを記録します。このログ出力レベルが最大のログ出力のレベルです。
イベント ログを表示するのには、次の手順を実行します。
  1. サーバー マネージャーを開くしをクリックしてください 診断.
  2. クリックしてください。 イベント ビューアー.
  3. クリックしてください。 アプリケーションとサービス ログ.
  4. クリックしてください。 マイクロソフト[ Windowsプロパティ 展開サービス診断.
ツリー構造内のイベントのログは 管理者 ログにすべてのエラーが含まれていて、 運用 ログには、情報メッセージが含まれます。これらのログ内のいくつかのエラーが一覧表示されます、アーキテクチャの定義を次に示します。
  • 0 のアーキテクチャ x86 プロセッサ ・ アーキテクチャです。
  • 6 のアーキテクチャ ia-64 プロセッサのアーキテクチャです。
  • アーキテクチャ 9 x 64 プロセッサ アーキテクチャであります。

クライアント コンピューターのセットアップ ログ

障害が発生した場合は、セットアップ ログの場所によって異なります。

WDS クライアントのディスク構成ページを完了する前に Windows PE で、障害が発生した場合は、ログを参照してください、 X:\Windows\Panther フォルダーです。Shift キーを押しながら F10 コマンド プロンプトを開くに使用し、ディレクトリの場所を変更します。

WDS クライアントのディスク構成ページを完了した後 Windows PE で、障害が発生した場合は、ボリューム上にあるローカル ディスクにログを検索することができます、 $Windows.~BT\Sources\Panther フォルダーです。ローカルのハード_ディスクは通常ドライブです。 C.Shift キーを押しながら F10 コマンド プロンプトを開くに使用し、ディレクトリの場所を変更します。

イメージを適用すると、最初のブート時に、障害が発生した場合は、ログには記載することができます、 \Windows\Panther ローカル ディスクのボリュームのフォルダーです。ローカルのハード_ディスクは通常ドライブです。 C.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:936625 - 最終更新日: 06/22/2013 23:30:00 - リビジョン: 6.1

Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter

  • kbregistry kbhowto kbinfo kbmt KB936625 KbMtja
フィードバック
/html>