現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックの更新プログラムで修正される問題

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
マイクロソフトは Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックの更新プログラムをリリースしました。この資料では、更新プログラムに関する以下の項目について説明します。
  • この更新プログラムで修正される問題
  • レジストリの変更が必要かどうか
はじめに
Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックの更新プログラムにより、以下の一般的な問題が修正されます。
  • Microsoft Office Word 2007 文書を以前のバージョンの Word で編集した場合、文書を保存すると文書内のさまざまなアイテムで完全な機能が損なわれることがあります。このような文書内のアイテムには、数式、SmartArt、グラフなどがあります。この文書を Word 2007 で開くと、文書内のこれらのアイテムが有効にならず、編集できません。
  • 以前のバージョンの Word で文書を開くと、Word 2007 の新しい配置機能を使用するアイテムが正しく配置されないことがあります。
Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックを使用する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
924074 2007 Office プログラムで作成したファイルを以前のバージョンの Excel、PowerPoint、または Word で開く、または保存する方法
詳細

互換機能パックを更新する方法

方法 1 : 更新済みの互換機能パックをダウンロードしてインストールする

オリジナル版の互換機能パックをまだインストールしていない場合は、インストールします。Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックをインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
923505 Microsoft Office 互換機能パックをインストールして、2007 Office プログラムで作成したファイルを以前のバージョンの Excel、PowerPoint、および Word で開いたり保存したりできるようにする方法

方法 2 : 2007 年 6 月 19 日より前に互換機能パックをインストールしていた場合

この場合、古いバージョンの互換機能パックがインストールされています。古いバージョンの互換機能パックに更新プログラムをインストールする必要があります。インストールするには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • Microsoft Update Web サイトを使用して更新プログラムをインストールします。これを行うには、実行している Windows のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

    Windows Vista
    1. 次の Microsoft Update Web サイトにアクセスします。Microsoft Update によりコンピュータがスキャンされ、Microsoft Windows および他のマイクロソフトのプログラムが最新の状態になっているかどうかが確認されます。
    2. Windows またはコンピュータ上のその他のマイクロソフトのプログラムが最新の状態でない場合、および互換機能パックの更新プログラムがインストールされていない場合は、最新の更新プログラムをインストールするように促すメッセージが表示されます。[更新プログラムのインストール] をクリックします。

      ユーザー アカウント制御の許可管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    Windows XP
    1. 次の Microsoft Update Web サイトにアクセスします。
    2. [高速] をクリックします。Microsoft Update によりコンピュータがスキャンされ、Windows および他のマイクロソフトのプログラムが最新の状態になっているかどうかが確認されます。
    3. Windows またはコンピュータ上のその他のマイクロソフトのプログラムが最新の状態でない場合、および互換機能パックの更新プログラムがインストールされていない場合は、最新の更新プログラムをインストールするように促すメッセージが表示されます。[今すぐダウンロードしてインストールする] をクリックします。
  • 2007 Microsoft Office システム用の更新プログラムをダウンロードして、更新プログラムをインストールします。他のコンピュータに互換機能パックをインストールする場合や、ネットワーク経由で互換機能パックを展開する場合には、互換機能パックの更新プログラムをダウンロードすることができます。この更新プログラムをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。インストール手順および展開方法も入手できます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    934393 2007 Office システム用の更新プログラム (2007 年 5 月 8 日) について
    : Microsoft Update Web サイトにアクセスして、すべての Office スイート用の入手可能な更新プログラムを入手することをお勧めします。

この更新プログラムで修正される問題の一覧

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
  • 東アジア言語のオペレーティング システム上で文書を変換できない
    東アジア言語のオペレーティング システムが実行されているコンピュータでコンバータを使用した場合に、フォーム フィールドが含まれている文書を正常に開くことや保存することができません。
  • 変換に関する警告メッセージ
    以前のバージョンの Word を使用して 2007 Office OpenXML ドキュメントを開くたびに、コンバータでドキュメントが変更された後、次のメッセージが表示されます。
    Because this file was created in a newer version of Word, it has been converted to a format that you can work with.
    このメッセージは、[Do Not Show Conversion Message On Open] 2007 Office ポリシー設定を使用するか、レジストリ キー NoShowCnvMsg を設定することで表示を抑制できます。メッセージが表示されないようにするには、このレジストリ キーの値として 1 を設定します。メッセージが表示されるようにするには、このレジストリ キーの値として 2 を設定します。レジストリ キー NoShowCnvMsg を設定するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、regedit と入力してから、[OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER/Software/Microsoft/Office/12.0/Word/Options
    3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    4. NoShowCnvMsg と入力してから、Enter キーを押します。
    5. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
    6. 1 と入力し、[OK] をクリックします。
    7. レジストリ エディタを終了します。
  • Word コンバータにより、インターネット一時ファイルに .tmp ファイルが残される
    Word 2003 文書を Word 2007 形式で保存すると、インターネット一時ファイルの保存場所に一時ファイルが残されます。互換機能パックの更新プログラムをインストールすると、ファイルの変換後に一時ファイルが削除されます。
  • Word 2003 形式の文書を Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、文書内のヘッダーの位置が下がる
    Word 2003 を使用して、ヘッダーが含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、文書内のヘッダーの位置が著しく下がります。
  • グラフィックが余白から本文に移動する
    Word 2003 を使用して、余白に配置されたグラフィックがある Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、グラフィックの位置が文書の本文に移動します。
  • テキスト ボックスの縦横比が変換中に変更される
    Word 2003 を使用して、文字列の上に配置されたテキスト ボックスがある Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、テキスト ボックスの縦横比が変換中に変更されます。
  • 文書にグラフが含まれているとエラー メッセージ "ファイルを開くときにエラーが発生しました" が表示される
    Word 2003 を使用して、グラフが多数含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開くと、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    ファイルを開くときにエラーが発生しました。

    このエラー メッセージは、マクロおよびマクロ用のキーボード ショートカットが含まれている Word 2003 文書を、マクロなしの DOCX 形式で保存した場合にも表示されることがあります。この場合、キーボード ショートカットが指定されているマクロが存在していません。
  • テキスト ボックスの線が欠ける
    Word 2003 を使用して、枠線のあるテキスト ボックスが含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、線の一部が欠けます。
  • テキスト ボックスの配置が変換中に変更される
    Word 2003 を使用して、文字列の上に配置されるテキスト ボックスが含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、テキスト ボックスの配置が変換中に変更されます。
  • Word 2003 から Word 2007 OpenXML 形式で保存すると SmartArt オブジェクトが画像になる
    Word 2003 を使用して、SmartArt オブジェクトが含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのドキュメントを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、そのドキュメントを Word 2007 で開いたときに SmartArt オブジェクトが画像になります。
  • Word 2003 で文書を開いて保存した後、Word 2007 ではその文書を下書き表示でしか表示できない
    Word 2003 を使用して Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのドキュメントを Word 2007 OpenXML 形式で保存した場合に、そのドキュメントが破損しているように見える場合があります。たとえば、グラフィックまたはテキストが失われていることや、テキストが適切に折り返されていない場合があります。そのドキュメントを Word 2007 で開くと、下書き表示でしか表示できません。
  • Word 2003 で文書を開いて保存した後、下余白に配置されたグラフィックが下に移動する
    Word 2003 を使用して、下余白に配置されたグラフィックがある Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのドキュメントを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、変換中にページ内のグラフィックの位置が下に移動します。
  • コメントが付加された数式より後のドキュメントの内容が一部削除される
    Word 2003 を使用して、コメントの付加された数式が含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、数式より後のドキュメントの内容が一部または全部失われることがあります。
  • Word 2007 文書を Word 2003 で表示した後、文書内の一部のコメントが失われる
    Word 2003 を使用して、コメントの付加されたオブジェクトがある Word 2007 OpenXML ドキュメントを開くと、一部のコメントが失われることがあります。
  • 文書内のテキストのフォントが Times New Roman から Arial に変更される
    Word 2003 を使用して、Times New Roman のフォントを使用して書式が設定された目次が含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを開き、そのファイルを Word 2007 OpenXML 形式で保存すると、ドキュメント内のテキストのフォントが Arial に変更されます。
  • 文書を Word 2003 で開いた後、Word 2007 で開き直すと、Word 2007 のいくつかの機能が損なわれる
    次の場合を例に挙げて説明します。
    • 以下のオブジェクトが 1 つ以上含まれている Word 2007 OpenXML ドキュメントを作成します。
      • SmartArt
      • OfficeArt 2.0
      • 数式
      • グラフ
    • このドキュメントを Word 2003 で開き、Word 2007 OpenXML 形式で保存します。
    • このドキュメントを Word 2007 で開きます。
    この場合に、ドキュメント内のオブジェクトが、オブジェクトのままではなく画像になります。また、書式設定で相対的に配置や位置、サイズが指定されているオブジェクトの相対的な配置設定が失われます。
プロパティ

文書番号:936695 - 最終更新日: 09/05/2007 01:44:04 - リビジョン: 2.1

Compatibility Pack for Microsoft Office 2007 File Formats, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office PowerPoint 2007, Microsoft Office Word 2007, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office PowerPoint 2003, Microsoft Office Word 2003, Microsoft Excel 2002 Standard Edition, Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition, Microsoft Word 2002

  • kbupdate kbformat kbexpertisebeginner atdownload kbinfo KB936695
フィードバック
.appendChild(m);