現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

マージ レプリケーション エージェントは SQL Server 2005 での接続を再試行するとメモリ リークが発生する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:936891
# をバグ: 50001170 (SQL 修正プログラム)
# をバグ: 507984 (SQLBUDT)
現象
マージ レプリケーション エージェント Microsoft SQL Server 2005年での接続を再試行すると、メモリ リークが発生します。この問題は、マージ レプリケーション エージェントが継続的に実行されている場合に発生します。
原因
この問題は、マージ レプリケーション エージェントが接続を再試行すると、ロジックが正しくないために発生します。マージ レプリケーション エージェントが接続を再試行すると、新しいスレッドが作成されます。ただし、これらのスレッドが正しく破棄されません。これは、メモリ リークが発生します。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • マージ レプリケーション エージェントをスケジュールどおりに実行します。
  • マージ レプリケーション エージェントを継続的に実行する必要がある場合は、マージ レプリケーション エージェントでの接続障害が発生した場合に発生、SQL Server エージェント警告を作成します。SQL Server エージェント ジョブを実行する警告を構成できます。SQL Server エージェントのジョブを停止し、接続障害が発生した場合、マージ レプリケーション エージェントのジョブを再開するように構成できます。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この問題が発生すると、マージ レプリケーション エージェント タスク マネージャーでは、スレッド数の増加がわかります。増加の割合はレプリケーション マージ エージェントは指定したポーリング間隔によって異なります。
ハンドル リークが発生メモリ リークが発生スレッド リーク ハンドル カウント スレッド カウント ハングをマージします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:936891 - 最終更新日: 07/19/2011 12:22:00 - リビジョン: 3.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005repl kbmt KB936891 KbMtja
フィードバック