Office 2007 で指定したフォントが以前のバージョンの Office で開くと異なるフォントに変更される

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Office Word 2007 または Microsoft Office PowerPoint 2007 などの Office 2007 アプリケーションで作成したファイルを以前のバージョンの Office で開いた場合、または以前のバージョンの Office で作成したファイルを Office 2007 で開いた場合、特定の記号に設定していたフォントが他のフォントへ変更されることがあります。

現象 1 : Word に入力した半角ハイフンのフォントが Times New Roman に変更される

Word 2007 で半角ハイフン (-) を含む文書を作成し、docx 形式で保存した後 Word 2000 で開くと、半角ハイフンのフォントが Century から Times New Roman に変更されています。この現象は、半角ハイフンの前に全角文字が入力されている場合に発生します。なお、Word 2007 で作成したファイルを doc 形式で保存した場合、この問題は発生しません。

現象 2 : Word で [脚注参照] のフォントが Times New Roman に変更される

Word 2007 で脚注を含む文書を作成し、docx 形式で保存した後 Word 2000 で開くと、ページの最後に表示される [脚注参照] のフォントが Century から Times New Roman に変更されています。また、以前のバージョンの Word で作成したファイルを Word 2007 で開いて docx 形式で保存し直した場合も、この問題が発生します。
  • 半角ハイフンおよび [脚注参照] のフォントに Century 以外のフォントを指定した場合には、問題ありません。
  • Word 2007 で作成したファイルを doc 形式で保存した場合は、問題ありません。

現象 3 : PowerPoint でタブのフォントが MS P ゴシック に変更される

以前のバージョンの PowerPoint で本文にタブを含むファイルを作成し、PowerPoint 2007 で開くと、フォント ボックスに表示されるタブのフォント名が Times New Roman から MS P ゴシック に変更されます。この現象は、タブの前に全角文字が入力された場合に発生します。

現象 4 : PowerPoint でクォーテーションが英数字用のフォントで表示される

PowerPoint 2007 で全角ダブル クォーテーションまたは全角シングル クォーテーションを含むファイルを作成し、以前のバージョンの PowerPoint で開くと、ダブル クォーテーションまたはシングル クォーテーションのフォントが日本語用のフォントから英数字用のフォントに変更されます。変更後のフォントは、ファイル作成時に [フォント] ダイアログにて [英数字用のフォント] に設定されているフォントが適用されます。フォント設定を変更せずに作成した場合は、既定の英数字用フォントに変更されます。

既定の英数字用のフォントは、PowerPoint のバージョンによって異なります。
  • PowerPoint 2007 : Calibri
  • PowerPoint 2003 : Arial
  • PowerPoint 2002 : Arial
  • PowerPoint 2000 : Times New Roman
回避策
ファイルを開いた際にフォントが変更されている場合、ファイルを開いた環境で再度フォントを設定し直します。フォントを設定し直すことができない場合は、入力されている文字を削除し、再度入力を行います。

Word 2000 でフォントを半角ハイフンのフォントを変更する方法

半角ハイフンを選択し、ツール バーの [フォント] ボックスより任意のフォントを指定します。

Word 2000 で [脚注参照] の表示フォントを変更する方法

次の手順で [脚注参照] の表示フォントを変更します。
  1. [書式] メニューの [スタイル] をクリックします。
  2. [文字/段落スタイルの設定] ダイアログ ボックスの [スタイル名] の一覧より "脚注参照" をクリックします。
  3. [文字/段落スタイルの設定] ダイアログ ボックス右下の [変更] ボタンをクリックします。
  4. [スタイルの変更] ダイアログ ボックスにて [書式] ボタンから [フォント] を選択します。
  5. [フォント] ダイアログ ボックスにて [英数字用のフォント] リストから [Century] をクリックします。
  6. [OK] をクリックし、ダイアログ ボックスを閉じます。

PowerPoint 2007 でタブのフォントを変更する方法

PowerPoint 2007 で開いた際に変更されたタブのフォントを MS P ゴシック以外のフォントに設定することはできません。ファイルの本文に含まれるタブを削除し、再度タブを挿入します。

PowerPoint 2003、PowerPoint 2002、PowerPoint 2000 でクォーテーションのフォントを変更する方法

PowerPoint 2007 で保存したことによって変更されたダブル クォーテーションまたはシングル クォーテーションのフォントを他のフォントに設定し直すことはできません。ファイルの本文に含まれるダブル クォーテーションまたはシングル クォーテーションを削除し、再度入力し直します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:937785 - 最終更新日: 05/25/2007 01:32:43 - リビジョン: 1.2

Microsoft Office Word 2007, Microsoft Word 2000, Microsoft Office PowerPoint 2007, Microsoft Office PowerPoint 2003, Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition, Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition

  • kbharmony kbtshoot kbexpertiseinter kbappcompatibility kbfont KB937785
フィードバック