現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

トランザクションまたは Microsoft Dynamics GP で出勤を見越計上するタイミングを保存するときにエラー メッセージ:「発生期間内の日付のトランザクションを入力ことはできません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:937821
現象
いずれかが表示されるトランザクションまたは出勤を見越計上するタイミングを保存するとき、次のエラー メッセージ。
発生期間内の日付のトランザクションを入力することはできません。

発生期間内ではない日の出勤を見越計上することはできません。
このエラー メッセージが表示されたら、出勤、現在のトランザクションまたは現在出勤見越し計上を完了できません。
原因
1 つの場合にこの問題が発生または複数の次の条件に該当する Microsoft Dynamics GP の見越計上期間のセットアップ] ウィンドウで。
  • 計上の時期の 1 年に日付が表示されません。
  • 重複する日付は、計上の時期の 1 年に存在します。
  • 計上の時期の年が完全に設定されていません。
  • 十分な年が設定されています。
  • トランザクションでは、日を設定されていません。
  • 従業員には、発生期間が設定されていないことを次の計上日があります。
  • 計上の時期] のコードは使用頻度の低い社員の人事部の中です。
解決方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 次の方法のいずれかを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0、およびそれ以降のバージョン:] をクリックしてMicrosoft Dynamics GPツール] をポイントし、設定] をポイントし、人事管理] をポイントし、出勤、] をポイントし、見越計上期間] をクリックします。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、をクリックします。 ツールを指す セットアップを指す 人事管理を指す 出勤、] をクリックし、 見越計上期間.
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションのツール設定] をポイントし、人事管理] をポイントし、出勤支払期間] をクリックします。
  2. 見越計上期間や支払期間の次の 3 年間が設定されていることを確認します。
    • 前年度
    • 現在の年
    • 翌年
  3. 日付が、計上の時期] のセットアップから欠落しているないことを確認します。これを行うには、それぞれの見越計上期間] をクリックし、12 月 31 日で、全体の年のすべての日付が含まれていることを確認 (30)。たとえば、semimonthly の設定を使用する場合する必要がありますも revew 毎週および隔週の設定も。システムを上から順に、読み取りを必ず設定するすべての人に、1 つを使用している期間の設定にします。期間と各年の間にオーバー ラップまたは、各設定では、日付がスキップされていないかどうかを確認します。
    • 週単位の設定
    • 隔週のセットアップ
    • Semimonthly セットアップ
    また、期間または数年の間にギャップが存在していないことを確認します。
  4. 日付が存在しないこと、見越計上期間内で複数回、または、支払期間内に含まれていることを確認します。
  5. すべての見越計上期間や支払期間があること設定情報を入力すると、ピリオドを使用しない場合でもことを確認します。などの場合は bimonthly のスケジュールでは、すべての見越計上期間や支払期間が完了したら、まだある毎週の見越計上期間や支払期間の情報を設定します。
  6. エラーがトランザクションである場合は、確認の日付、出勤トランザクションの入力ボックスが正しいことで、出勤トランザクションの入力ウィンドウです。また、見越計上期間または使用する支払期間内にこれらの日付が入ることを確認します。
  7. エラーが計上されている場合、計上の出勤を] ボックスに日付が正しいこと出勤の見越計上] ウィンドウでを確認します。
  8. エラーが計上されている場合、このスクリプトを実行 SQL Server Management Studio のすべての従業員が次の発生日を見越計上期間または見越計上期間を設定している最初の日付より前に、の期間を設定した年の最後の日を超える企業データベースと照合: (の場合が見つかると、すべてのレコード変更次の発生日の有効な日付を、従業員の出勤のメンテナンス ウィンドウで。)
select * from TATM1030 where NEXTACCRUALDATE_I > 'YYYY-MM-DD' and INACTIVE = 0 and TIMETYPE_I = 4--Fill in the YYYY-MM-DD placeholder with the last day of the year that you have accrual periods set up for to see if any employees have a Next Accrual Date dated in the future. 

select * from TATM1030 where NEXTACCRUALDATE_I < 'YYYY-MM-DD' and INACTIVE = 0 and TIMETYPE_I = 4--Fill in the YYYY-MM-DD placeholder with the first day of the year that you have accrual periods set up for to see if any employees have a Next Accrual Date dated in the past.   



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:937821 - 最終更新日: 04/06/2016 01:31:00 - リビジョン: 0.4

Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kberrmsg kbexpertisebeginner kbtshoot kbmbsmigrate kbprb kbexpertiseinter kbmt KB937821 KbMtja
フィードバック