現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

システム センター Essentials 2007 のインストールが設定のレポートの部分に失敗し、次の情報が記録されます:「指定されたドメインが存在しないかに接続できません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:937831
現象
Microsoft システム センター Essentials 2007 (Essentials 2007) をインストールするときは、インストール プロセスはセットアップの レポートの作成 段階失敗します。

この問題が発生すると、次の情報が %TEMP%\SCEReporting n.log ファイルに記録します。

メモ このファイル名に n 数を表します。
PROPERTY CHANGE: Adding UnableToGetUserNameFromManagementServerActionAccount property. Its value is 'SetPropertiesToManagementServerActionAndSDKAccountCA error: Microsoft.EnterpriseManagement.Common.UnauthorizedAccessMonitoringException : The specified domain does not exist or cannot be contacted.'.PROPERTY CHANGE: Adding UnableToGetUserNameFromManagementServerSDKAccount property. Its value is 'SetPropertiesToManagementServerActionAndSDKAccountCA error: Microsoft.EnterpriseManagement.Common.UnauthorizedAccessMonitoringException : The specified domain does not exist or cannot be contacted.'.SetPropertiesToManagementServerActionAndSDKAccountCA error: Microsoft.EnterpriseManagement.Common.UnauthorizedAccessMonitoringException : The specified domain does not exist or cannot be contacted.'.
原因
この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • Essentials 2007 をインストールしようコンピューターがドメインの完全修飾ドメイン名 (FQDN) と一致しないドメイン サフィックスです。 たとえば、コンピューターに department.contoso.com のドメイン サフィックス。 ただし、ドメイン、contoso.com と呼びます。
  • Essentials 2007 をインストールしようコンピューターに NetBIOS ドメイン名をドメインの FQDN の最初の部分と一致しません。 たとえば、NetBIOS ドメイン名は CONTOSO XYZ です。 ただし、ドメイン、contoso xyz.com ではなく contoso.com と呼びます。
解決方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションは表示されない場合、修正プログラムを入手するにはマイクロソフト カスタマーサービス & サポート要求を送信します。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

前提条件

前提条件は必要ありませんこの修正プログラムを適用します。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラム置き換えに関する情報

修正この修正プログラムはプログラム置き換えられることもほかありません。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [ 日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
x86 ベースのバージョン x、Essentials 2007
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.dll6.0.5000.22,166,7842007 年月 21 日20: 26該当なし
microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.sdkbin.dll6.0.5000.22,166,7842007 年月 21 日20: 27該当なし
x64 ベース バージョン x、Essentials 2007
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.dll6.0.5000.22,166,7842007 年月 21 日20: 19該当なし
microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.sdkbin.dll6.0.5000.22,166,7842007 年月 21 日20: 19該当なし

修正プログラムのインストールに関する情報

この修正プログラムを適用し、Essentials 2007 の対話型インストールを実行する次の手順に従います。
  1. ローカル コンピューター上のフォルダーに修正プログラム パッケージをコピーしてネットワーク上の共有場所します。
  2. Essentials 2007 をインストールするコンピューターで SCE07-RTM-KB937831-X86-AMD64-ENU.msi プログラムを実行します。 このプログラムには、コマンド プロンプトで実行することができますか、プログラムを実行する SCE07-RTM-KB937831-X86-AMD64-ENU.msi ファイルをダブルクリックすることができます。

    Windows インストーラーでは、Setup.exe.config ファイル %TEMP% フォルダーにコピーされます。 次に、セットアップ プログラムを %TEMP%\TempQFE フォルダーに、次のファイルをコピーします。
    • SystemCenterOpsMgr07-RTM-KB936481-X86-AMD64-ENU.MSI
    • Qfelist.xml
    • SCE 2007 修正プログラムの補足的な notice.rtf
    • QFEHandler.dll
  3. コンピューターに Essentials 2007 をインストールする Essentials 2007 の SetupSCE.exe を起動します。
この修正プログラムを適用し、Essentials 2007 のサイレント インストールを実行する次の手順に従います。
  1. 書き込み可能な場所には、Essentials 2007 のインストール メディアからファイルをコピーします。 たとえば、ローカル コンピューター上のフォルダーにファイルにコピーします。
  2. ローカル コンピューター上のフォルダーに修正プログラム パッケージをコピーしてネットワーク上の共有場所します。
  3. Essentials 2007 をインストールするコンピューターで SCE07-RTM-KB937831-X86-AMD64-ENU.msi プログラムを実行します。 このプログラムには、コマンド プロンプトで実行することができますか、プログラムを実行する SCE07-RTM-KB937831-X86-AMD64-ENU.msi ファイルをダブルクリックすることができます。

    Windows インストーラーでは、Setup.exe.config ファイル %TEMP% フォルダーにコピーされます。 次に、セットアップ プログラムを %TEMP%\TempQFE フォルダーに、次のファイルをコピーします。
    • SystemCenterOpsMgr07-RTM-KB936481-X86-AMD64-ENU.MSI
    • Qfelist.xml
    • SCE 2007 修正プログラムの補足的な notice.rtf
    • QFEHandler.dll
  4. %TEMP%\TempQFE フォルダーで、QFEHandler.dll ファイルをコピーします。 次を手順 1 で、Essentials 2007 のメディア ファイルをコピーした場所に次のフォルダーのいずれかのファイルを貼り付けます。
    • Setup\i386
    • Setup\AMD64
    メモ フォルダーにインストールする必要のある Essentials 2007 のバージョンに適した、QFEHandler.dll ファイルを貼り付けます。
  5. セットアップ プログラムと適切なコマンド ライン オプションを使用してには、Essentials 2007 のサイレント インストールを開始します。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
ソフトウェアの更新に使用される用語の詳細についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:937831 - 最終更新日: 11/15/2007 14:45:00 - リビジョン: 1.2

Microsoft System Center Essentials 2007

  • kbtshoot kbbug kbfix kbqfe kbprb kbpubtypekc kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB937831 KbMtja
フィードバック
type="text/JavaScript" async=""> var varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("