FIX SQL Server 2005 Compact Edition サブスクリプションを再び同期しようとするとエラー メッセージ:「が存在しないので共通生成ウォーターマークこのレプリカで無効です」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:938050
# をバグ: 50001335 (SQL 修正プログラム)
現象
次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server 2005年パブリケーションへの Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition (SQL Server のコンパクト エディション) サブスクリプションを同期します。同期中に、サブスクライバーを切断します。このシナリオでは、SQL Server の Compact Edition サブスクリプションを再び同期しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
System.Data.SqlServerCe.SqlCeError: SQL Server の競合回避モジュールへの呼び出しに失敗しました。再同期しようとしてください。

2 つのレプリカのレプリケーション メタデータの不一致が検出されたため、マージ プロセスいくつかの変更は非収束の原因に失われることに失敗しました。保有期間を内または一方のレプリカの保有期間よりも古いバックアップに復元するための同期がいないサブスクライバーが原因または = 3 ダウンロード専用のアーティクルと partition_options でアーティクルに対してより積極的なクリーンアップを実行すると、パブリッシャーのためできませんでした。(ソース: MSSQL_REPL、エラー番号: MSSQL_REPL-2147199363)

共通生成ウォーターマークは、存在しないまたはが反映されていない変更のメタデータをクリーンアップされている場合がありますのでこのレプリカで無効です。(ソース: MSSQLServer、エラー番号: 21800)
この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • .Out ファイルを仮想ディレクトリから SQL Server のコンパクト エディションを処理するとき、データベースから切断します。

    メモ 仮想ディレクトリはインターネット インフォメーション サービス (IIS) を実行しているサーバーであります。
  • は、 パーティションのオプション パブリッシュされたアーティクルのプロパティを設定する、 3 値です。
  • SQL Server 2005 のパブリケーションの動的フィルタ リング機能を使用します。
  • は、 ExchangeType レプリケーション マージ エージェントのプロパティを設定する、 双方向 値への ダウンロード 値です。
原因
この問題は、マージ レプリケーションのメタデータがサブスクライバーからパブリッシャーでマージ レプリケーション メタデータの違いがあるのでに発生します。SQL Server の Compact Edition サブスクリプションを再び同期化するときに、マージ レプリケーション プロセスの違いを検出します。したがって、エラー メッセージが表示されます。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題を解決するには、SQL Server 2005 Service Pack 2 をインストールします。次に、SQL Server 2005 Service Pack 2 の (ビルド 3175) 累積的な更新プログラム パッケージ 2 をインストールします。この問題は SQL Server 2005 Service Pack 2 の (ビルド 3175) 2 の累積的な更新プログラム パッケージで解決されます。

SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
SQL Server 2005 Service Pack 2 の (ビルド 3175) の累積的な修正プログラム パッケージ 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
936305SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 には
回避策
この問題を回避するには、設定、 パーティションのオプション プロパティには、 1 値への 2 値です。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
詳細については、 パーティションのオプション プロパティは、"フィルタ リングのオプションを設定するには」セクションで、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:938050 - 最終更新日: 07/19/2011 11:46:00 - リビジョン: 3.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbmt KB938050 KbMtja
フィードバック