現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

修正プログラムは、Forefront クライアント セキュリティのクライアントとのいくつかの問題を解決するのには

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:938054
現象
Microsoft Forefront Client Security を使用すると、次の現象が発生します。

現象 1

マイクロソフトの Windows 2000 Service Pack 4 を実行しているコンピューターでマルウェア対策ユーザー インターフェイスは管理者以外のアカウントを使用してコンピューターにログオンするときに開くことができません。

現象 2

通知領域で、Forefront クライアント セキュリティのアイコンは、問題が発生したことを示すためにオレンジ色になります。問題を表示するには、Forefront Client Security クライアントを開くと、クライアントの更新プログラムが、Forefront クライアント セキュリティのクライアントに対応と誤って報告します。製品の更新は利用できません。

注: このシナリオで、新しい製品の更新の通知は、新しい定義の更新の通知とは異なります。

現象 3

FAT32 ボリュームに既に存在している Microsoft Office Word 文書を保存するときに、ファイルが予期せずが消えます。これはウイルス対策リアルタイム保護 (RTP) が有効な場合にのみ発生します。

現象 4

Microsoft Forefront Client Security のマルウェア対策サービスが予期せずに停止しました。次に、このサービスは自動的に復元されません。この現象は、署名や、エンジンの更新が有効な場合に発生します。
原因

原因 1

現象 1 は、Windows 2000 に固有のアクセス許可の問題のため発生します。Windows 2000 で管理者以外のユーザーは、 RegisterGPNotification関数へのアクセスが拒否されます。この関数は、ポリシーの変更を監視するために使用されます。

原因 2

現象 2 は、アップグレードの成功後に期待どおりレジストリ値がリセットされないために発生します。Forefront クライアント セキュリティ エージェントの現在の状態を確認するのには、Forefront クライアント セキュリティのクライアント、次のレジストリ エントリを検索します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Forefront\Client Security\1.0\AM\ProductUpdateAvailable
注: 0 の値は、新しい更新プログラムが必要でないことを示します。1 の値は、新しい更新プログラムが必要であることを示します。

ただし、Forefront クライアント セキュリティのクライアント更新プログラム パッケージ リセットしませんでしたこのレジストリ値を 0 に最後のアップグレード後にします。

原因 3

現象 3 は、次の理由のいずれかが発生します。
  • 一時バックアップ ファイルにアクセスできない場合は、ファイルを削除する word ことがあります。
  • I/O マネージャー ファイルが FAT32 のファイルにアクセスするときに、オブジェクト マネージャー セキュリティ中に開いているアクションを拒否する場合は、ボリュームのチェックを正しく終了しません。

原因 4

現象 4 は、Microsoft Forefront Client Security のマルウェア対策サービスの登録を 2 回、障害発生後に自動的に開始するサービス コントロール マネージャー (SCM) であるために発生します。場合は、無効な署名によってサービスが繰り返し停止すると、SCM は 2 つだけの再起動の試行、サービスを再起動するは続行されません。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。
メモ この修正プログラムは、Microsoft update または Windows Server Update Services を使用します。別の方法を使用して、ファイルの配置を取得するには、以下の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft 更新プログラム カタログの Web サイトを参照してください。
  2. タイプ 938054検索ボックス、および [検索] をクリックします。
  3. この修正プログラムをバスケットに追加する追加をクリックします。
  4. 近くの上部にある検索バー、ビュー バスケットリンクをクリックします。
  5. 見つけてし、[ダウンロード] ボタンをクリックします。
  6. 参照] をクリックして、修正プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  7. [続行] をクリックし、同意します。この修正プログラムのダウンロードが開始されます。

必要条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
X64 ベースのバージョンの forefront クライアント セキュリティ
ファイル名ファイル サイズバージョン日付時刻
AMHelp.chm65,2162007 年 3 月 8 日1時 43分: 26 AM
Mpasbase.vdm572,7201.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
MpAsDesc.dll53,1361.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 24分: 14 AM
Mpasdlta.vdm9,0081.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
Mpavbase.vdm204,6241.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
Mpavdlta.vdm9,0401.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
MpAvRtm.dll154,5121.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 12 AM
MpClient.dll549,2641.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 18 AM
MpCmdRun.exe494,9921.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 18 AM
MpEngine.dll3,758,9841.1.2701.02007 年 7 月 4 日1時 18分: 14 AM
Mpevmsg.dll27,0241.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 23分: 32 AM
Mpfilter.cat10,6722007 年 7 月 7 日12時 09分: 12 AM
Mpfilter.inf2,9412007 年 3 月 8 日1:44:42
Mpfilter.sys89,4881.5.1941.02007 年 7 月 7 日12時 09分: 12 AM
MpOAv.dll121,2321.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 08 AM
MpRtMon.dll1,184,6561.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 22 AM
MpSigDwn.dll183,1841.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 12 AM
MpSoftEx.dll795,0241.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 22 AM
MpSvc.dll|MpSvc.dll406,9281.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 18 AM
MpUtil.dll250,2561.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 14 AM
MSASCui.exe1,640,3361.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 24 AM
MsMpCom.dll309,1361.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 18 AM
MsMpEng.exe|MsMpEng.exe18,3201.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 08 AM
MsMpLics.dll12,6881.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 12分: 02 AM
MsMpRes.dll767,8881.5.1941.02007 年 8 月 2 日1時 24分: 48
X86 ベースのバージョンの forefront クライアント セキュリティ
ファイル名ファイル サイズバージョン日付時刻
AMHelp.chm65,2162007 年 3 月 8 日1時 43分: 26 AM
Mpasbase.vdm572,7201.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
MpAsDesc.dll52,6241.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 52分: 44 PM
Mpasdlta.vdm9,0081.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
Mpavbase.vdm204,6241.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
Mpavdlta.vdm9,0401.0.0.02007 年 3 月 8 日1時 44分: 44
MpAvRtm.dll128,9121.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 44
MpClient.dll369,5521.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 54 PM
MpCmdRun.exe341,9041.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 52 PM
MpEngine.dll2,783,6241.1.2701.02007 年 7 月 3 日1時 18分: 18 AM
Mpevmsg.dll27,0241.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 51分: 40 PM
Mpfilter.cat10,6722007 年 7 月 7 日12時 09分: 12 AM
Mpfilter.inf2,9412007 年 3 月 8 日1:44:42
Mpfilter.sys70,9281.5.1941.02007 年 7 月 7 日12時 09分: 12 AM
MpOAv.dll95,6321.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 42 PM
MpRtMon.dll734,6081.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 56 PM
MpSigDwn.dll133,5201.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 46 PM
MpSoftEx.dll521,6161.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 56 PM
MpSvc.dll299,9201.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 52 PM
MpUtil.dll180,6241.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 46 PM
MSASCui.exe1,037,2001.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 58 PM
MsMpCom.dll225,1681.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 50 PM
MsMpEng.exe18,8321.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 38 PM
MsMpLics.dll12,6881.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 19分: 30 PM
MsMpRes.dll769,9361.5.1941.02007 年 8 月 1 日11時 53分: 50 PM
回避策

回避策 1

現象 1 を回避するには、管理者アカウントを使用して Windows 2000 ベースのコンピューターにログオンします。

回避策 2

現象 2 を解決するには、次の手順を実行します。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Forefront\Client Security\1.0\AM
  3. AMレジストリ サブキーを右クリックし、[アクセス許可] をクリックします。
  4. 詳細をクリックします。
  5. [所有者] タブで、[他のユーザーまたはグループをクリックします。
  6. [ユーザー、コンピューター、またはグループ] ダイアログ ボックスで、 Administratorsグループに追加し、[ OK] をクリックします。
  7. セキュリティの詳細設定のダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  8. アクセス許可のダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  9. 手順 2 で見つけたするAMレジストリ サブキーの下、 ProductUpdateAvailableのレジストリ エントリを右クリックし、[変更] をクリックします。
  10. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。 0と入力し、[OK] をクリックします。
  11. レジストリ エディタを終了します。
注: <b>Forefront Client Security クライアントの次回の更新が利用可能な更新プログラムは、 ProductUpdateAvailableレジストリ エントリを 0 にリセットするためにこの問題が消えます。現在の解像度はすぐに状態を解決するのには、ユーザーのことです。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
FCS

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:938054 - 最終更新日: 05/23/2015 11:20:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Forefront Client Security

  • kbautohotfix kbbug kbfix kbqfe kbHotfixServer kbexpertiseinter kbprb fep2010swept kbmt KB938054 KbMtja
フィードバック