SQL Server 2005 Service Pack 2 をインストールした後にクリーンアップ タスク データベース メンテナンス プランのレポートが削除されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:938085
# をバグ: 50001017 (SQL 修正プログラム)
現象
Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) をインストールした後、SQL Server 2005 では、クリーンアップ タスクを使用します。ただし、クリーンアップ タスクでデータベース メンテナンス プラン レポートは削除されません。さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。
エラー: 2006年-12-06 16:52:39.92 コード: 0xC002F210 ソース: メンテナンス クリーンアップ タスク 1 実行 SQL タスクの説明: クエリを実行する"EXECUTE master.dbo.xp_delete_file 1, N'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\LOG\sdtest.txt'"、次のエラーで失敗しました:"xp_delete_file 実行エラーの拡張ストアド プロシージャ: ファイルではありません、保守計画のレポート ファイルを指定します。"。考えられるエラーの理由: 問題のクエリ、"ResultSet"プロパティが正しく設定されていない、パラメーターが正しく設定されていないまたはが正しく確立されていない接続を使用します。最後のエラー警告: 2006年-12-06 16:52:39.92 コード: 0x80019002.パッケージ実行の fa.ステップは失敗しました。
原因
レポートの最初の行に、次のテキストが含まれているためこの問題が発生します。
新しいコンポーネント出力
は、 xp_delete_file システム ストアド プロシージャは、レポート データベース メンテナンス プラン レポートかどうかを確認するには、レポートの 1 行目を調べます。レポートの最初の行の「新しいコンポーネント出力、」場合は、 xp_delete_file システム ストアド プロシージャは、データベース メンテナンス プラン レポートとして、レポートを認識できません。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題を解決するには、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ 2 を取得します。累積的な更新プログラム パッケージ 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
936305SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 には
回避策
この問題を回避するには、レポートの 1 行目が「新しいコンポーネント出力」の場合、レポートの最初の行を削除します。これを行うと、次回のクリーンアップ タスクを使用するレポートが削除されます。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:938085 - 最終更新日: 08/09/2011 12:59:00 - リビジョン: 6.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005tool kbmt KB938085 KbMtja
フィードバック