Visio 2003 Service Pack 3 または Visio 2007 Service Pack 2 のインストール後に CAD ファイルを無効にする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。 また、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
はじめに
この資料は、Microsoft Office Visio 2003 Service Pack 3 (SP3) または Microsoft Office Visio 2007 Service Pack 2 (SP2) のインストール後に CAD の .dwg ファイルを無効にする方法について説明します。
詳細
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。 マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。 レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

Visio 2003 SP3 または Microsoft Office Visio 2007 SP2 のインストール後に、Visio 2003 または Visio 2007 で .dwg ファイルの使用を無効にすることができます。Visio 2003 または Visio 2007 で .dwg ファイルを無効にすると、Visio ファイルのセキュリティを向上させることができます。

.dwg ファイルを無効にした場合、次の現象が発生します。
  • [開く] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックスの一覧に [AutoCAD 図面 (*.dwg; *.dxf)] が表示されない。
  • [挿入] メニューの [CAD 図面] が無効になる。
  • CAD オブジェクトを含む Visio ファイルを開くと、CAD オブジェクトが空のコンテナとして表示され、CAD オブジェクト上の ActiveX コントロールが無効になる。
  • [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックスの一覧に [AutoCAD 図面 (*.dwg)] が表示されない。
  • [ツール] メニューの [アドオン]、[Visio エキストラ] を順にポイントすると [CAD 図面の変換] が無効になっている。
  • [ツール] メニューの [アドオン]、[Visio エキストラ] を順にポイントすると [CAD ライブラリの変換] が無効になっている。
.dwg ファイルを無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. Visio を終了します。
  2. レジストリ エディタを起動します。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。
    • Windows Vista の場合は、[スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに regedit と入力して、Enter キーを押します。

      ユーザー アカウント制御の許可管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    • Microsoft Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    • Visio 2003 :
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Visio\Application
    • Visio 2007 :
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Visio\Application
  4. 手順 3. で指定されているキーをクリックした後、[編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  5. DisableDWG と入力し、Enter キーを押します。
  6. [DisableDWG] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスに 1 と入力し、[OK] をクリックします。
  8. [ファイル] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックして、レジストリ エディタを終了します。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
visio2003 visio2k3 visio11 vso2003 vso2k3 vso11 block visio2007 visio2k7 visio12 vso2007 vso2k7
プロパティ

文書番号:938803 - 最終更新日: 01/16/2015 02:24:21 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office Visio 2003 Service Pack 3
  • 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 2
  • kbnosurvey kbarchive kbregistry kbupdateissue kbexpertiseinter kbhowto KB938803
フィードバック