Office 2003 Service Pack 3 のインストール後、Word 2003 の高速保存機能が機能しなくなる

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) をインストールすると、Microsoft Office Word 2003 での文書の操作時に、高速保存機能が機能しなくなります。
原因
この現象は、Office 2003 SP3 をインストールすると高速保存機能が無効になることが原因で発生します。

Word 2003 の [保存オプション] に [高速保存] チェック ボックスは表示されますが、このオプションの機能は無効になっています。

[保存オプション] を参照するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[保存] タブをクリックします。
詳細
高速保存機能では、文書に対して加えられた変更のみを保存することにより、文書の保存が高速化されます。また、高速保存機能を有効にして保存した文書には、文書を電子的に配布する際に、他のユーザーとの共有に問題のある内容が含まれる場合があります。この情報をメタデータと呼びます。メタデータは、Office ファイルの編集、参照、保存、および取得の向上のために、さまざまな用途に使用されます。

高速保存機能の仕様のため、文書の保存後も、文書から削除されたテキストやコメントが文書内に残っている場合があります。このため、Word 2003 文書のセキュリティを強化するために、Office 2003 SP3 の高速保存機能は無効になっています。

メタデータの詳細および Word 文書でメタデータを最小限に抑える方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
825576 Word 2003 でメタデータを最小限に抑える方法
最新の Office 2003 Service Pack を入手する方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
870924 最新の Office 2003 Service Pack を入手する方法
word2003 word2k3 word11 wd2003 wd2k3 wd11
プロパティ

文書番号:938808 - 最終更新日: 02/20/2008 07:45:00 - リビジョン: 1.2

Microsoft Office 2003 Service Pack 3, Microsoft Office Word 2003

  • kbtshoot kbprb kbpubtypekc kbsavefile kbupdateissue kbexpertisebeginner KB938808
フィードバック